クリエ→リナザウ、データ移行の経過

 CLIE PEG-NX60から、リナザウZaurus SL-C1000へのデータ移行についての経過報告のようなもの。

 んー、VirtualPCで連携するのは、やめた。なんかWinXPだと異様に重たいし、Win98はザウルス用のリンクソフトが動かないし。
 っていうか、そもそも、CLIEでもMacとはあまり連携してなかった。バックアップをとっていればいいや。
 カードリーダーでSDカードはマウントできるので、エクセルやテキストなどの汎用的ファイルは、それでやりとりする。

 って方針にして、先人の知恵を拝借して、なんとかMac環境下でCLIEのデータを転送すべく、ネットで情報を集める。

 まず、MacOS X版のPalmDesktopで、CLIEの全データを読み込み、そのデータフォルダを待避(永久保存)。さらに、CLIE上でbackupを実行。そのメモリースティックをカードリーダーでMacにマウントし、ディスクイメージで保存(永久保存)。
 その後、iSyncでアドレスブックとiCalに、CLIEのアドレスと予定表のデータ読み込む。
 ZMacSyncというMac→SLザウルス転送ソフトをダウンロードしてくる。
 同梱のMac用 USB接続ドライバをインストールすると、おぉ!SambaでMacからザウルスに接続できる!
 この状態で、とりあえずアドレスだけをZaurusへ転送。成功。しかし、220件のデータを送るのに5分もかかった。
 さらに今度はiCalのデータをZaurusuに送るように指定する。1700件あるので、どのくらい時間がかかるのだろう、と覚悟してとりかかったが、案の定45分を要した。

 ここまでは時間がかかったけど、あとはどうにかなる。
 CLIEのメモ帳で蓄積したものは、PalmDesktopでテキスト書き出しをして、ザウルスのSDカードへ放り込んだ。
 今後、grepやsedを試してみる。

 なんとかここまでできて、よかった。
 次は宅内無線LANに参加させる作業。


物欲品、ザウルスSL-C1000

 先月、シャープPDAザウルスの新機種SL-C1000が発売されたんだね。
 簡単に言えばSL-C3000からHDDを省いたモデルらしい。C3000はHDD内蔵ということで高くてとても買う気が起きなかったが、このC1000はすごく欲しいぞ。
 C860みたいにMacと(先人の知恵による裏技的方法ではあるが)データシンクロできるんだろうか。
 エクセルとデータ互換性が高いHancomMobileSheetって表計算も魅力的だ。

ザウルス SL-C1000

シャープ 2003-12-24
売り上げランキング : 365
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


びと辞宛「序」

 人類たるもの、ほぼ例外なく知識吸収に対して貪欲であろう。それが本人の意識的か無意識かには関わらずである。たとえば単純に生きるために必要たる−−すなわち本能の部類に属する−−行動だとしても、すでにその時点において、「生きるために」として知識吸収を行っているのである。「知識は身を助ける」と先人はおっしゃった。それも全く然りである。
 が、しかし、その裏には無益として捨て去られる物、さらには、その存在すら気づかれず埋もれてしまう物も多い。すなわち、意味のない、知識にならぬ知識。そうしたものにも目を向けようではないか。別に博識面するつもりはないし、そもそも、そんなに大それたものではない。一度脳を通過させていただくだけでも良い。そんな気持ちで我々は、「訳の分からない辞典」を第一の方針として、この「びと辞苑」を編集した。読まれた諸兄が、ひとこと「くだらない」とつぶやいていただければ本望である。
 最後に、次の名言を引用して、序言とさせていただく。
「倉庫にはたいてい、いつか使うかも知れないと言う便利な道具に混じって、どうしようもないガラクタもたくさん置いてある。しかしほとんどの人は便利な道具を使う機会よりもガラクタで遊ぶことの方が多いのではなかろうか。そして、ガラクタでも決して無用ではない。「脳」という名の倉庫も同じようなものだ」(18世紀の言語学者兼心理学者、アイザック・アズナブール)


画像に写真風の枠をつける

 記事に貼り付ける画像に、写真風の枠を付けてみた。
 こんな感じ。

 この方が、いかにも写真ぽくて、落ち着く。
 まぁ、最近の写真(実物)はフチなしが多いから、そう思うのは俺以上の世代なのかもしれないけど(笑)。

 閑話休題。
 今回の作業にあたって、雑誌のCSS特集などを読みあさり、ぐぐって先人の知恵を拝借して、いろいろパクった勉強した。

 CSSで、本文の img 要素に表現割当をしたので、全画像(記事本文中のもの)が、この枠付きになってしまう。
 だって、よくわからないんだもん。一生懸命パクった勉強したんだけど(笑)。

 追記(2004.08.03)
 貼り付ける画像毎に、写真風枠の有無を選択できるようなCSSに修正した。
 この記事以前の画像には、枠は表示されていない。
 なお、この記事に添付してある画像ファイルは、上記修正後にも、記事の主旨を再現するために、「枠あり」に設定する記事修正を施した。