こんな所に隠れていやがった

 先日、カップヌードルガンプラの1/380ザクに部分塗装を施そうと思ったら、面相筆が見つからず、爪楊枝で代用し作業したわけだが。
 面相筆が入ったプラモデル道具箱その1が見つかったよ。和室の角に、プチプチにくるんだまま置いてあった。
 ちなみに、プラモデル道具箱その2は、引越し直後に荷解きした。でもこっちは基本作業用で、ニッパ、カッター,デザインナイフ、サンドペーパー、棒平ヤスリ、接着剤、何本かのガンダムマーカー程度しか入ってない。
 道具箱その2だけでも引越し後の半年間不自由してなかったのだから、いかに素組しかしてなかったかだよね。いや、そもそも、あまりガンプラ組んでないけど。
 ちょこちょこ買ってはいるので、積みプラは着実に増えている。


iPhone用のTodoアプリ

 iPhoneにはToDoアプリが標準搭載されていない。カレンダーはMacのiCalと同期されるのに、なぜそのiCalのToDo項目の同期がサポートされていないのか、不思議だ。
 ってことで、ToDoは別途アプリを見繕ってインストールする必要があるのだが、今まで、無料のものを何本も試したが、どれも一長一短。そんな中で、昨日から試用しているTouchTodoが、かなり気に入った。
 Googleカレンダーと同期がとれるので、GoogleカレンダーとiCalの同期ツールを併用すれば、間接的にiPhoneとMacとでToDo項目の同期も可能。
 ただし、TouchTodoから転送されたデータはGoogleカレンダー上では、「”TouchTodo:”が頭についた終日属性の予定」として扱われる。それがスケジュールに混ざって表示されるのはちょっと鬱陶しい(笑)。今のところ俺はGoogleカレンダーはまったく使っていないので、TouchTodoとの同期専用に使える。

 追記(2008.12.19)

 先日見つけた時は無料だったけど、期間限定の無料だったんだね。現時点では230円です。
 230円出してでも買って使うかとなると、微妙。同価格帯なら、もっと優れたTodoアプリがありそう。


DVDで「ミクロの決死圏」」を観た

 4月にVHSテープ約400本を廃棄処分したのだが、その廃棄仕分け作業中に、映画「ミクロの決死圏」のテープを何本も発掘した。
 テレビで放送されるたびに、大量の所有品から探すのが困難で(笑)その時々にとにかく録画保存していたんだろうな。

 ビデオデッキなんかない子供時代から、放送されるたびにテレビの前にかじりついて見入っていたのを思い出す。

 嫁さんも大好きな作品で、テレビ放送を録画したテープを数本持っていたらしい。たぶん、ついこの間まで、我が家には「ミクロの決死圏」のテープが10本くらいあったんじゃなかろうか。色々な意味であやしい(笑)。

 数日前に、嫁さんとそんな事を話していると「二人してそんなに好きなのに、なんでDVD買わないんだろうね」という事になった。
 そのとおりだよな。
 ってことで、早速購入。廉価版が出てるんだね。

ミクロの決死圏
ミクロの決死圏 スティーブン・ボイド アイザック・アシモフ リチャード・フライシャー

おすすめ平均 star
star何度見ても飽きない面白さ、いつまでも新しく色褪せない60年代SF映画の名作です。

Amazonで詳しく見るby G-Tools

 届いたDVDを、夫婦で観た。
 言わずと知れた古典SF。40年前の特撮。体内の幻想的な描写は、サルバドール・ダリがデザインしたことで有名。まさに原題の「FANTASTIC VOYAGE」のとおり。
 体内に入ったメンバーを異物と認識して襲ってくる抗体や白血球など、やっぱり何度見ても面白い。

 俺が生まれた年の作品ってこともあって、やっぱり好きだな「ミクロの決死圏」。