RG ガンダム

RGガンダム

 いつもガンプラを買うヨドバシアキバでは、入荷日翌日昼には既に完売。
 アマゾンでは在庫ありだったので、ちょっと高い(ヨドバシは30%引、アマゾンは15%引)けど、買ってしまったよ。土曜日に注文。プライム会員無料体験を行使していなかったので、この期に申し込んだ(1ヶ月以内に解除しないとな(笑))。で、12時に注文したのが18時過ぎには届いた。約6時間。さすが、当日お届け便は伊達じゃない!

 閑話休題。
 箱を空けると、まずパーツの多さと細かさに驚愕。1/144にMG(1/100)並のフルスペックを盛り込んでいるんだから当然で、もちろん事前情報として知っていたけど、現物を見ると、「バンダイ脅威のメカニズム」を感じずにはいられない。

 ざっと、組立て説明書を眺める。
「お!!」
 このキット、足先から頭まで、順番に上部へ組んでいくような説明になってるよ。やっとわかったか、バンダイめ!
 このブログでも時々書いているように、俺は従来キットでもほとんどの場合、MS本体は説明書通りではなく足から上へと組んでいく。最後に頭。
 頭を首パーツにはめ込む時の達成感。「ロールアウト!」って気分。「人形は顔が命」っていうしね(笑)。

 ってことで、組むのが楽しみナリ。


迫撃!トリプルドム


 1/144とはいえ、MS-09ドムが3機分入ったキット。箱のサイズは最近のMG並で、通常のHGUCの2倍以上。
 組立て説明書には、相変わらず細かい設定も記載されていて楽しい。
「黒い三連星」の正式名称って「突撃機動軍 第七師団第一MS大隊 司令部付特務小隊」っていうんだ。知らなかった。
 定価で比較すれば、単品のドム(リックドムとコンパチ)が1700円で、トリプルドムセットが4000円なので、お得。ただし、ジェットストリームアタック再現用のディスプレイスタンド等が付属している代わりにリックドム用パーツはついていない。
 ってことで、somedayさん、4セット購入しても、「コンスコン強襲」は再現できませんぜ(笑)
060119dom1.jpg
 マチルダさんの乗るミデアのコックピットを殴りつけた手首パーツも付属するのは嬉しい。
 が、ほとんど公式扱いのガンプラのパッケージでこれを「オルテガハンマー」と表記するのはどうよ?
 まぁ確かに多くの人がそう呼んでいるけどな(笑)。

 ちなみに「ほら、ドムが3機も入っているキットだよ。ジェットストリームアタックだぜ」と見せたら、こう返された。
「みんな同じ顔じゃん。わかった、三つ子? 三つ子と言えばトンキチ、チンペイ、カンタ!」
 はいはい。

1/144 HGUC MS-09 ドム 黒い三連星トリプル・ドムセット

1/144 HGUC MS-09 ドム 黒い三連星トリプル・ドムセット
バンダイ
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1/144 HGUC MS-09 ドム/MS-09R リック・ドム

1/144 HGUC MS-09 ドム/MS-09R リック・ドム
バンダイ
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Tag(s) [ガンダム]


釧路旅行記1

 釧路空港に到着し、飛行機を降りると、予想以上に涼しいと感じた。
 比較的暑い日だというが、それでも東京より10度以上低い。そのうえ、湿度が低い。

 待合せ場所の喫煙所に行くと、中にニコニコしているおっさんが一人。すしバーさんだ! 一人しかいないので、すぐ判る(笑)。
「はい、歓迎のプレゼントです」
 何やら缶詰めをひとつ、いただく。
 熊カレー……く、くま!?
「熊が好きっていってたから」
 そりゃ、確かに言ったけど。熊肉を食うのが好きという意味じゃなく……。まぁ、いいや。ありがとうございます。
 先制攻撃をくらった気分(笑)。

 この初日は、まず、六花亭パーラーで軽く食事。
 その後、阿寒湖付近の山花温泉リフレで、しばしくつろぐ。

 移動中に教わったんだけど、最近の牧場では、干草を発酵させるのにサイロではなく、ビニール(?)の袋に詰めて積んでおくのだそう。
 初めて見るそれに、子供たちも興味津々。車の中から発見するたびに「あった!今度は青い袋!」などと喜ぶ。どういう訳か、色々な色があるんだね。黒が一番多かったけど。

 夜は、回転寿司。回転寿司といっても、すごく旨いの!
 腹いっぱい食べて、ひとり2000円くらいだったよ。
 東京では、まず回転では食えない味だね。いや、普通の寿司屋で、このくらいの食ったらいくらくらいのだろう。間違いなく「並」とかじゃないぞ。

 帰り道、コンビニに寄ってもらい、朝食等を買い込んでから(安い素泊まりパック旅行なので)、ホテルへ戻る。
 比較的のんびりゆったりした、釧路の1日目。
 (すしバーさんには、ずっと運転して案内してもらいました。どうもありがとう)