尻切れ

 NHK教育テレビで連続アニメの一挙放送をやっていたので、BDレコーダーで予約録画してたのよ。それを観たら、エンディングの終わりが少し切れてしまってた。
 いや、以前からこの現象は知っていたんだけどね。録画が重なると後の番組が録られる。ここがクセモノなんだよな。
 予約録画はちょうどの時間ではなく5〜6秒前から録画が始まる。スタンバイを入れると10秒くらい前から。タイムテーブル上では重なっていなくても、例えば予約Aが01:00〜02:00、予約Bが02:00〜03:00など、すぐくっついている場合、予約Bは02:00の5秒程度前から録画される。予約Aの最後は予約Bのスタンバイも含めて10秒程度切れてしまう。
 民放ならCMが入るので気になる事は少ないが、NHKで特にシリーズ物の一挙放送だと隙間なく続けて放送されるので、この尻切れ現象が発生する。
 レコーダーの親切機能もアダになる場合があるんだな。
 個人的には、NHKも番宣かアイキャッチを入れて欲しいと思う。

元旦のルパン三世

 ファミリー劇場、『ルパン三世 PART III』全50話を元日から一挙放送 (2008.11.20 マイコミジャーナル)

CS放送ファミリー劇場は、2009年1月1日の午前10時から1月2日の午前11時にかけての25時間で、不朽の名作として名高いTVシリーズ「ルパン三世」の第3弾となる『ルパン三世 PART III』の全50話を一挙放送する。

 ふむ。アニマックスはガンダム、ファミ劇はルパンか。ピンクのジャケットを始めとしたポップな色彩はちょっとアレだけど、俺に、このパートIIIのキャラクタデザインは好きなんだ。

元旦のガンダム

 総計21時間半! 元日に「ガンダム」全43話一挙放送 (2008.11.19 msn/産経ニュース)

 CSのアニメ専門チャンネル「アニマックス」を運営するアニマックスブロードキャスト・ジャパンは2009年1月1日午前0時から午後9時30分にかけ、アニメ「機動戦士ガンダム」全43話を一挙に放送する。同社によると、同アニメの全話一挙放送は史上初。

 今回はファーストTV版一挙放送か。それは凄いな。劇場版一挙放送は無いのかな。何度も見ているんだけど、つい見ちゃうんだよな、ガンダムは。

AFRO SAMURAI(アフロサムライ) を観た

 すしバーさんが、今秋に劇場公開されるのを「すげー見たい」と言っていた、AFRO SAMURAI(アフロサムライ)
 アフロサムライって、確か、今年の5月にWOWOWで連続アニメでやっていたような気がするが……と思ってたら、やっぱり、元は30分*5話完結のミニシリーズとして製作されてて、ゴールデンウィークに放送されてたらしい。
 その時は、あまり興味が湧かずスルーしたのだが、すしバーさんの琴線に触れたとなると、面白いのかも知れない。俺も気になる。
 頃良く、昨日、WOWOWでまた一挙放送されたので、録画して観た。たぶん、これを2時間に再編集したのが、日本では劇場公開されるのだろう。

 アニメ製作はGONZO。なので、クオリティーの高さは問題なし。
 原作は日本の漫画らしいが、アメリカ作品の逆輸入というような形なので、英語で字幕。しかし、サムライといっても無国籍設定なので、不思議に違和感なし。
 ストーリーは単純。父を殺した相手に復讐するために自分も(強くなるためと仇を探すために)殺戮の日々を送る主人公アフロ。言ってしまえばそれだけ。
 アフロの相棒・ニンジャニンジャの事とか、意外な展開は少しはあるけども。
 斬り合いのシーンは、手持ちカメラで撮影した実写映像のような「揺れ」を加えたスピーディーな画面で、ちょっと疲れてしまうけども、迫力あり。
 英語なんだけど、時々「かたじけない」とか日本語のセリフが出てくるのも、いい味だしてるね。
 しかし、単純なストーリーを凄まじい映像で観るというのは、快感を得られると思う。

 まぁ、いかにもアメリカ人好みの作品ではあったが、面白かった。ただ、金出して劇場で見たらどうかなぁというのはあるな。

 視聴規制はないけど、惨殺シーンばかりなので、時と場合によっては家族で見るというのは向かない。

のんびりな正月休み

おでん缶
 家族もみな寝た、正月休みの深夜。大晦日から元旦にかけて、CATVのファミリー劇場で一挙放送されたウルトラQの編集&DVDへのダビングを施しながら、まったりと酒を飲んでいる。
 小腹が空いたので、取って置きのおでん缶をつまみに。

 のんびりしとります。

年越しガンプラ2006-2007

 毎年の恒例イベント「年越しガンプラ」。
 いつもは大型キットを組むのだが、今回はどうしようか。

 ニコイチ製作中のがいくつもあるので、それをどうにかしようとも考えたが、保留(おい(笑))。
ラル専用旧ザク
 結局、これ。
 簡単にサクサクやってみる。

 CATVのファミリー劇場でウルトラQ一挙放送を見ながら、製作開始。

「旧」三部作はどうしたのだ

 WOWOW開局15周年記念企画として、シリーズ全6作他関連番組を26時間一挙放送している。
 そのうちの、いわゆる「旧三部作」。事前にプログラムガイドを確認したら、この3作はハイビジョン放送でないのは当然として、ワイドですらない。
 なので、淡い期待を込めて、スゴ録にタイマー録画したのよ。
 結論からいえば、期待は裏切られた訳だが(笑)。

「新たなる希望」なんてサブタイトルも、街を歩き回るジャバも、しばらく見ない間に数が増えたイオークも、どうでもいいんだ。
 そららを否定はしないよ。トリロジーDVD-BOXを持ってるしな(笑)。
 ただ、せっかくの開局15周年なんだから、放送フォーマットから予想して、もしかしたら、本当のオリジナル版を放送してくれるのか、と期待したのに。

 インタビュー映像をみると、ルーカスさんは、「特別版」をオリジナルと呼んでいるらしいので、もしかしたら、本当の初期公開版は、もはや放送許可が下りないのかも知れないね。

 ちなみに、「帝国の逆襲」ラストシーン、アナキンの幽霊役がヘイデン・クリステンセンさんが演じる映像に合成編集されているのは、わりと賛成派な俺。

「どろろ」実写映画化

 手塚漫画「どろろ」が妻夫木&コウ主演で実写映画化!(2005.11.17 SANSPO.COM)

「どろろ」実写化って、大丈夫か!?

 大幅アレンジされてるんだろうなぁ。原作のままじゃとてもじゃないけど今では公開映像としては作れなそうだし。
 一昨年に、WOWOWでアニメを一挙放送してたのを見たけど、「作品の歴史的価値と、製作者の意図を尊重し当時のままえ放送します」というテロップが放送前後に出たけど、それでも凄まじい内容だったなぁ。
 描写もやばいし、テーマも重くて、とても考えさせられる内容だった。

 っつーか、妻夫木聡さんと柴咲コウさんが主演ってーと、どうみても柴咲さんが百鬼丸役だと思うのは俺だけ?

 ねこぱんち!
なまこな日常:今風にインスパイア

うろ覚え似顔絵(3)(こうさぎ)

きょう晋作は、復活した?
betweenは、

 このシリーズ、のってきたぞ(笑)。
で、今回は自信あり。
アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の科学班・班長、真田士郎。
 まぁ、完全なうろ覚えじゃないけどね。
先月CATVでやってたTVシリーズ1作目一挙放送を録画

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「晋作」が書きました。

うろ覚え似顔絵(3)

 このシリーズ、のってきたぞ(笑)。で、今回は自信あり。アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の科学班・班長、真田士郎。
 まぁ、完全なうろ覚えじゃないけどね。先月CATVでやってたTVシリーズ1作目一挙放送を録画して見たし。しかし、スゴ録でタイマー録画して、DVD-Rに焼く前にCMカット編集をやってたんだけど、その途中でスゴ録がフリーズして、作業中の録画ファイル(1〜4話)が消えちゃったよ。しょっぱながこれだと、かなり凹むよね。
 閑話休題。真田さん、大好きなんだ。
 クールな科学者。かつて事故に逢い、四肢は義手義足。今参加しているネット内企画の中で、「事故によるトラウマ持ちの科学者役」をやってるので、より親近感がわく。
 ヤマトがどんな危機に陥っても「こんなこともあろうかと、あらかじめ用意しておいた物があるよ、古代!」と冷静に言ってのける、抜群の予知能力。かっちょいい! それに、真田さんの四肢はダイナマイトにもなっている。いざという時には神風だの回天だの鉄砲玉だのの比ではない特攻も辞さないという潔さ。
 いやぁ、漢だよね。
 でもさ、なんでアニメや戦隊ヒーローのクールな人のカラーって、たいてい「青」なんでしょ。