カイレポ2の感想

 劇場版の、いわゆる「新訳Zガンダム」のサイドストーリーの完結編。

機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー カイ・シデンのレポートより (2)
機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー カイ・シデンのレポートより (2) 富野 由悠季 ことぶき つかさ

角川書店 2007-01-26
売り上げランキング : 759
おすすめ平均star

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 この巻は、いくつかの悩みを抱えている(引きずっている)カイがミライに会いに来た所から始まる。
 そして、解決の糸口を見つけたというか、踏ん切りをつける。
 ラストは、映画と同様、セイラと会って、まぁ、それについて補足みたいな感じで完結するわけだが。

「新訳Z」に添っているので、シャアのダカール演説とかディジェとか、アニメ本編でバッサリカットされた部分を、うまいこと補完している。それは「カットされた部分はTV版で補完」という安易な事ではなく、かといって大胆すぎるアレンジでもなく、まさに「新訳Z」らしい解釈がなされていた。
 もちろん、このコミックの主役はカイであるので、それらにカイが絡んでいく訳だが、なんか、違和感なさすぎなんだよね。大袈裟かもしれないけど「劇場版Zにこういうシーンがあったなぁ」と一瞬思い込んでしまうくらい違和感がない。言葉を変えれば、説得力がある新解釈なんだよね。

 カバーの装丁。レイアウトは1巻と同じなんだけど、そのカバーイラスト、1巻のカイは厳しい表情なんだけども、2巻のカイは、微かに微笑んでいる。これは、とりあえずグリプス戦役が終結し、カイの中の戦争もひとまず決着がついたということを表現しているのだろう。

 でも、「ジオンを徹底的に叩く」彼の仕事は、まだ終わっていない。

 MS戦闘シーンが全く描かれないガンダム漫画。しかし、カイ・シデンの魅力で、熱い物語が展開される。傑作だよな!

 ぜひ、続編を描いてほしいなぁ。もし続いたら、きっと「逆シャア」に繋がるんだろうな(笑)。

 カイ・シデン、もはや軟弱者じゃないぜ! 素敵過ぎる!

報酬で買物

 アマゾンアソシエイトの報酬チケットが届いたので、それを足しにして、先日買物をした。

 気になってた、リボルテック「014 イングラム2号機」と、コミック「デイアフタートゥモロー(2巻)」、それとついでにサプライ品のDVD-RとSDカード。

続きを読む

[オフ会]2005東京新年会レポ(まとめ)

 5回に分けて、俺なりにオフ会の記録を綴ってみました。
 ちょっとこだわった部分がひとつだけあるんです。いつ誰が合流したかは書いたけど、いわゆるお別れシーンは書いてません。
 また毎日ブログで会えるから、別れじゃないし……っていうとキザですが、本当は、やっぱり寂しいのは嫌いなだけです。

 発起人として、いろいろやったつもりでしたが、不慣れなため、皆さんに頼りきりでした。勉強になりました。
 お陰様で、とても楽しかったです。

 ネット歴は15年以上。無数のオフ会に参加してますが、(半日ずつとはいえ)延べ3日間というのは初めてです。

 折に触れて感じることですが、ブログは、かつての草の根ネットに似ていると思うのです。
 各自のブログは「シグ」、ブロガーは「シスオペ兼シグオペ」。どちらかというとシグオペ的役割の方が大きいかな。
 そして、近隣の草の根同士で、共同企画とか、データFD(フロッピーディスクなんですよ(笑))配付とかを始めて、それが徐々に広がるの。
 この辺、説明すると長くなるので、解らない人には、ごめんなさい。おっさんの思い出話だと思って流してください。

 ちょっとは形態がかわっちまっったかも知れないけど、その本質はなんら変ってない。
 ましてや、そういうお付き合いをさせてもらっているみなさんと、直に会って、騒いで……。

 すみません、次の言葉、今回の東京オフを象徴する言葉として、丸ごと引用させていただきます。

やばいことに、昨日集まった連中が頭ん中で、旧知の知人にカテゴライズされているようです。

 みなさん、ありがとうございました。機会があったら、また集まりましょう!

[オフ会]2005東京新年会レポ(5)

 オフ会3日目。

 起床して、出かける支度をする。
 オフ会最終日。横浜でランチだ。
 昨日までと違い、今日は俺の勢力圏外(笑)に集合なので、余裕をみて出発。
 すしバーさん・マンガーさんがお薦めの横浜駅の駅ビル内にある「ハングリータイガー」で、ハンバーグを堪能する。

 店の入り口脇でハンバーグを丸めている所を、ウィンドウ越しに見物できるんだけど、それを見ていて、なんか丸っこい(厚みのある)形だなぁ、と思っていた。
 それを、テーブルに運ばれてきて納得した。鉄板が置かれると、その場でナイフを入れられたハンバーグは二つになる。この片辺が、普通の厚さ。そこにソースをかけてくれる。ジュージューとはねるので、ナプキンを広げて、さえぎる。
 つなぎを一切使っていない、牛100%だそうだ。旨い!
 ボリュームもあり、腹一杯になった。

 すしバーさんの羽田出発まで少し時間があるので、秋葉原へ行こうということになった。
 電気店ではない。探しているのは、メイドカフェ。くろおびさんとgenさんがいるので、まぁそういう話題はでるだろうと思っていたが。
 秋葉原ならどうせ帰り道だし、興味はあるし、あまり濃い所でなければ行きたかったので、一緒に行った。
 最初の店は混んでいたので、別の所を探す。
 見通しのいい路地(?)を入った所に、あったので、そこに入った。
 でも、ここ、大きなウィンドウがあって、外から店内を一望できるし、普通の喫茶店だった。お姉さんも、衣装もメイドっぽくなかったなぁ。
 いや、「お帰りなさい、ご主人様」とか言われる所は苦手なので、内心助かったが(笑)。

 15時半、解散。
 以上で、オフの記録終わり。

[オフ会]2005東京新年会レポ(4)

 オフ会2日目の続き。

 怒濤の4時間耐久カラオケバトルの後、また万世橋交差点に戻り、いよいよメインの新年会。
 居酒屋「甘太郎」の「しゃぶしゃぶ食べ放題宴会コース+飲み放題」で食いまくる!
 なんどか書いているように、ここは、安い食べ放題のわりには旨い。我が家族でよく行って大満足なので、会場として選んだわけだが、今回は少し外れた。
 相変わらずしゃぶしゃぶは旨かった。しかし、一番奥の部屋だったせいか、注文したものが中々こない。店員が無愛想だったし。
 でも、まぁ、肉好き、よく食べる方(笑)が多かったようで、ここを選んで良かったとは思う。
 あ、それと、〆のうどんもあって、黙っていてもラストに出てくると思って少し待ってたんだけど、これも食べ放題メニューのひとつで、肉と同様に注文しないとダメだったらしい(逆に、注文すればいくらでもうどん食える(笑))。完全に俺のミスでした。ごめんなさい。

 甘太郎を出てエレベータからビルの外へ出た途端、逃走劇に遭遇。俺らの脇を走り抜けて傍のパチンコ屋に逃げ込むアキバ系男と、それを追う男。連れの女が男をなだめて一旦交差点を渡っていくが、また戻ってきた。 まぁよくある風景(?)だけど、あの男、乱闘になる勢いだったぞ。なだめている女がまず偉い。ああいう彼女は大切にすべきだね。
 アキバ系男の最大のミスは「日々ネタ探し」が性(サガ)のブロガーが13人も集まっている所に「あの男はどこかに行きましたか?」話しかけてきたことだ。
「パチンコ屋に逃げ込んで警察に通報した。逃げるが勝ちだよ」
「あいつ、追いかけて来て、自分で逃げて。自業自得だ」
 等々、目を泳がせながら、訳解らんこといってるし。(→関連レポ:byロバ子さん)

 閑話休題。
 甘太郎の次は、天狗で軽く続きを。
 二次会、三次会だとは言え、たいして飲み食いもせず、2時間いて、ひとり当り1500円。
 22時半頃、お開き。

 続く。

[オフ会]2005東京新年会レポ(3)

 オフ会2日目。

 12時に秋葉原駅に集合。昨日のメンバーに、くろおびさんが加わって、9人。
「肉の万世・本店ビル」の1Fにある喫茶店で、万カツサンドを食う。普通のカツサンドなんだが、やっぱり万世の肉だと旨い!
 その後、13時半から、カラオケ屋。4時間耐久カラオケバトル!


 この店は、各室が昭和時代風の内装になっていて、案内された部屋は、小学校教室風。黒板には上記の「今週の目標」が。
 みな、しっかりネタに走っていた魂の歌を歌ってた。誰が何を歌ったかを、マンガーさんが全部メモしていたので、近日中にそのリストが公開されると思うが、各人のカラーが出ていて、実に面白かったなぁ。
 歌っている途中で、ももさん、ももさんのお知り合いさん、genさんが到着。丁度カラオケが終わる時に、kenさんが到着。これで、参加メンバー全員13人が揃った。

 メイン会場の「しゃぶしゃぶ食べ放題」へ向かう。

 つづく。

[オフ会]2005東京新年会レポ(2)

 オフ会1日目のつづき。

 もんじゃ屋を出て、地下鉄で羽田空港へ向かう。
 月島のもんじゃ街は当然として、大江戸線内では、空いていたし沿線なので大丈夫だったが、浅草線に乗換えた途端に、周りの視線が気になった。
 もんじゃ臭い! しかも強烈。
 そりゃそうだよなぁ。7人のもんじゃ侍。
 っていうか、「蔵」の難点かもなぁ。他の店は、上着やバッグを座席の下にある箱にしまうか、袋を貸してくれるので、比較的臭いがつきにくいが、「蔵」は、そのままだ。不覚!

 で、羽田に着く。すしバーさんが乗る便の到着まで30分くらいあるので、構内のYahooBBカフェで軽くブログ更新。
 到着口で出迎えるのではなく、皆で隠れていて「釧路よりご到着のすしバー様……」と呼び出しアナウンスをかけてもらおうかと提案したのだが、却下された。
 すしバーさんが無事に到着。相変わらずの元気そうな顔。よしよし。

 途中の乗換駅すしバーさんをホテルへ案内し、一旦荷物を置いてもらい、今夜のオフ会場である神田へ。
 JR神田駅前の居酒屋へ入る。
 食い物が旨い。時間制限もなしということで、4時間くらい居た。
 普段ブログで交流ある方々の集まりなので、共通の話題も多く、会話がはずむ。
 オフ会の時は毎回思うことだが、初めて会ったという気がしない。いいね、ブログ。
 終盤、隣の席にきた客が、ひじょうにうるさい。結婚式の3次会ようで、かなりハイテンションで、(半個室状態に仕切られているのだが)、その会話だけで、かなりの背景やメンバー構成がつかめた。
 すしバーさんが細かくメモしていた。真剣な顔して、人物名と発言などを紙に書く。こうやって、日々のあのブログ記事になっていくんだなぁ。
「やまちゃん」だっけ? マンガーさんがトイレで遭遇した人。大丈夫だったんだろうか。

 とても楽しかった。
 さて、2日目は、13人全員が集結。より以上の盛り上がり必至だな!