iTunesカード 20%OFF

 現在(9/7まで)、ファミリーマートでiTunesカードを買う時にTカード(TSUTAYAのレタル会員カード)を提示すると20%OFFになるキャンペーンをやっている。(→ファミマの告知サイト
 家の近所にはファミマが3店舗あるが、3店舗中2店舗でiTunesカードを扱っていて、店舗によって対応、というか店員の質が違う。
 最初行った店ではレジにおばちゃんひとりだったので嫌な予感がしたんだよね。案の定、まず、話が通じない。「アイスのカード?」「いや、アイチューンズカード。アップルの、インターネットで音楽が買えるカード」なんてやりとりの末、「あぁ!」って感じでカウンター下の引き出しをガサガサやって出してきた。1500円が1枚しかなくて、とりあえずそれを購入。予想通り、1500円でレジ打ちやがった。2割引になると聞いて来たのだがと言うと、品出し中の別の店員(若い女性)を呼んで来た。その女性が俺のTSUTAYAカードを差して、無事20%OFFに。疲れた。
 別の店では、iTunesカードを注文したらすぐに「Tカードをお持ちでしたら、ただ今20%引きになります」と言ってくれて、すんなりと気持ちよく買えた。ここは3000円も1500円もまだ在庫豊富だったし。
 ってことで、計4500円分のiTunesカードを3600円で購入。

 よし、これで、iMandalArt を買うか。

熱いぜ!

 先日。買物やなんやらで秋葉原を歩き回ったのだが、途中あまりにも暑いのとダムが痛くなってきたので、涼を求めてコンビニに寄った。
 クリスタルガイザーとガリガリ君を持ってレジに行くと、店員が「ただいま、おでんが20%引きですが、いかがですか?」と。
 一瞬、言っている意味がよく解らなかったよ。
 なんでこんな真夏におでんなんか売っているんだ!
 まぁ百歩ゆずって真夏におでんを売っている事自体はいい。俺も、先月、おでん缶を見つけて買ってしまったしな(それは家で食べた)。しかし、状況を考えて欲しい。汗だくでミネラルウォーターとアイスを購入しようとしている客におでんをすすめるなんてのは、一歩間違えれば逆鱗に触れるような行為だぞ。
 俺は、もちろん、丁重にお断り申し上げた。

昼/モブログ

 びといんです。
 昼休みにコンビニに飯を買いに行きました。
 レジ係の女の子に「お箸は温めますか?」と聞かれました。
 意味がわからんとです。
 しかも、俺が買ったのはサンドイッチです。
 びといんです。
 びといんです…。
 びといんです……。

ザクなら買う俺(笑)

 少佐の2902熱光学迷彩・電脳アジト(後期生産型):赤い彗星メタリック に、ねこぱんち。
 集めるつもりはないんだけどね、専門店でMFSP2のザクを見つけたので、即買い! 出たばかりなので、安い。260円だった。
 しかも、06Jじゃん! って事で満足してレジを済ませ、良く見たら、F2じゃん。いや、それはいいんだけども。
 なんだか塗装がヘボいぞ。所々はげている。出来は確実に最初のシリーズより低下しているね。(内輪ネタだけど)ハニワ路線まっしぐらかもな。

Tag(s) [ガンダム]

酷評受ける「ガンダム ボトルキャップ」の悲劇

 なんか、見てはいけないものを見てしまったのかも……。
 今日、仮面ライダーのボトルキャップを目当てに、家の近所のセブンイレブンに行ったんだけど……。
 同時期にキャンペーン中の、ペプシのガンダム・ボトルキャップが……。
 レジ前の棚だったので、ケータイで急いで撮ったため見にくいけど、分かるだろうか。
 オマケのフィギュアが袋から取り出されて、ペプシのボトルの上にくっつけられて並んでる!指名買いができる!
 でも、ほとんど、カミーユとヒイロばかり。例の「白いハニワ」もあったけど。いやぁ、こいつら、初めて実物を見たけど、造形はともかく、塗装が悪すぎ。ガンダムは形状が複雑だから、という言い訳がなんとか通用するかもしれないけど、それにしても雑すぎる。
 しかし、いくら評判悪くて売れないからって、こうやって中身露出して売ってしまうのも、どうかと思うけど……。
 まぁ、所詮150円のドリンクにつくオマケではあるけど、前回のより、確実に質が低下してるよ。馬鹿にしすぎ。何もしらんイチゲンさんのガキしか買わんぞ。そしてガキが大量にペプシ買うか?(苦笑)ガンダムなら売れる、とか思うなよ!

親の役目って

 のほほん日和:バイトもやってみるもんだ へトラックバック。

 ちょっと違うけど、ちょうど今日、こんな事がありました。

 仕事の帰りに、ダイエーに寄って買い物をした。
 レジに並んでいる時、リュックにコツコツと何か当たる音がする。振り向くと、小学校低学年らしい男の子が叩いて遊んでた。俺のリュックを。
「何してるんだ!人のリュックに!」とちょっと大きい声を出すと、母親が「ごめんなさい」
 それで終わればまぁ良しとするが、その母親が、ありがちなバカ親なんだ。
「何やってるの。怒られるからそういう事やめなさい。おじさん怒ってるよ!」
 おいおい、ちょっと違うだろ。
 俺は、母親が謝ってくれた時点で許したんだから、後はあんたが「なぜ怒られたか」を教えなきゃいかんのだろ。
 確かに俺は怒ったよ。でも、怒られたのが問題なのではなく、他人のリュックに勝手に触ったのが問題なんだよ。
「そうだよ。怒ってるよ。お母さんにね!」と思わず言ってしまった。

 まぁ、その子は、俺の背負っているボビルビーが珍しかったのかもしれない。
 だから、この場面では「おじさんのリュック、かっこいいね。見せて?」とでも声を掛けてくれたら、喜んで自慢話でもしてやったのに。

 母親は、そそくさと逃げようとしたから、男の子に「君、人の物には勝手にさわるなよ。見せて欲しかったら、そう言えよ」とお節介ながら声かけてやった。

 俺は、自分の子供たちには、一緒に出かけた時には、まわりの人に不快感を与えないように、厳しく言い聞かせたなぁ。
 エスカレータ上や電車の中とかね。ただ「ダメ」じゃなく、「どう危険で、邪魔になり人に迷惑をかけるから、いけない事」と教えてきた。当たり前の事だけどね。
 親の役目なんて、実は、こんな簡単な事の積み重ねだけで良いのかも知れないね(子供にしてみれば、口うるさい親だなと思うのかも知れないけど(笑))。
「おじさんが怒ってるからやめなさい」みたいな言い方しかできない親から生まれた子供は不幸だと思う。

2003/03/09

京都旅行二日目。京都は午前中ずっと雪が降ったり止んだりだった。
旅館を出る時、「今日は雪が降って寒いから」と、使い捨てカイロを10個くらいくれた。ひじょうに嬉しかった。「はんなりとしたおもてなし」というキャッチフレーズだったが、あたたかい雰囲気の、良い宿だった。今まで何度かヤフーで宿をオンライン申込みした事があるが、どこもハズレはない。
で、今日の見学計画。まず四条河原町にあるブリキのおもちゃ館へ行くことにする。
が、近所まで行くが見つからないので電話で確認したら今日は休みらしい。残念。
しかし、駅まで戻る途中で発見…発見したが、店構えが期待していた物とかなり違う。どう見ても、町のおもちゃ屋の2階に店主のコレクションを陳列しているだけという感じ。看板は「博物館」だったけど(笑)。
休みなので実際に中に入ったわけじゃないので未確認。
雪が降っていたが、京都らしい所へ行こうということで、清水寺へ。
天気が悪いのに、結構観光客が多い。さすが、清水寺。
菩薩様の胎内めぐりに、初めて入る。中は真っ暗だが、子供たちも大喜び。こういうの、喜ぶよね、子供は。
本堂の舞台からの眺めは、雪くめっていたけど、それはそれで風情があった(と思い込むようにする)。

帰りに秋葉原で地下鉄に乗り換える前に、家族の了解を得て、ソフマップに寄り、スタイラスペンを購入。
3本セットで1479円。高い。それに3本もいらないし。旅の帰りで疲れていて面倒くさかったし、たまったポイントで買えるのでと思い、レジへ。
もう無くさないようにしよう。