ナノブロックにはまっています

20160410_nanoblock_03

 子供の頃からブロック遊びや工作などは大好きで、数年に一度、俺的レゴブームが来る。最近ではもっぱらテクニックシリーズとかマインドストームだが。
 今回も来た。が、ブロックはブロックでもレゴではない。今更ながらのナノブロックだ。

 娘がミニシリーズを集めていて、見せてもらったことはあるけれど、自分で購入・組み立てるのは初めて、という意味では、今回ナノブロックを初めて触る事になる。
 先日、何とはなしにヨドバシカメラAkibaへ行った時に、ガンプラのついでに見て回ったら、ナノブロックの情景シリーズというのがあり、そのうち「1LDKの家」と「日本家屋」を購入してきた。
 組んでみたら、いやぁ、こりゃ楽しい。

20160410_nanoblock_01

20160410_nanoblock_02

 俺は昔からレゴ派で、子供たちにもレゴを買ってあげていた。主に見た目や結合強度の不満からダイヤブロックは敬遠していたのだが、ナノブロックのサイズだと、ダイヤブロックの結合強度は丁度良いかもしれない。レゴの精度・強度でしっかりと繋がってしまうと間違えた時や分解したい時にバラすのは困難だろう。

 ナノブロックは、1個のサイズが親商品ともいえるダイヤブロックの半分。
 これなら、単純にいって体積はレゴ(ダイヤブロックとほぼ同サイズ)の1/8ってことで、場所もとらず。

 お約束のザクなどを組んで遊ぶ。まだ(家のキット2つ以外は)スタンダードカラーセット1箱しか持っていないので、ジオンMS4機の頭しか作れない(笑)。

20160410_nanoblock_04

 もっと単純化してSDタイプの全身くらいは作れそうだね。
 今後しばらく、余暇はナノブロックと戯れよう。あと、いなり。

▼Amazon

ナノブロック ナノイド 1LDKの家 NBI_003


ナノブロック ナノイド 日本家屋 NBI_001


ナノブロック スタンダードカラーセット NB-023

レゴ「落水荘」

 過日の「はやぶさ」に続いてのレゴ。21005「落水荘」を購入。
 日本未発売で、組立て説明書も英語なんだけど、冒頭のフランク・ロイド・ライトや落水荘に感する解説が記述されている数ページを除き、組立て説明の部分は、他のレゴ同様、言語に依存せず。

レゴ落水荘
レゴ落水荘
レゴ落水荘
レゴ落水荘

 ブロックの数は多いけども、問題なく組み上がる。
 レゴのデザイナーって、凄いよね。絶妙な加減で簡略化して、こうしてブロックで再現しちゃうんだもんな。

レゴ落水荘
レゴ落水荘

 欲を言えば、建物と周囲の岩肌のブロックを違う色にして欲しかったけれども、それは過分な望みか。
 しかし、凄いな。このアーキテクチャーシリーズ、全部集めたくなってきた(やばいやばい)。

レゴ「はやぶさ」

 レゴ No.21101「はやぶさ」を買った。

レゴ クーソー はやぶさ 21101

 これ、CUUSOO(クーソー)っていう、レゴファンがアイデア(スケッチ、試作モデルなど)を考案・公開して、それへの賛同者投票が国内で千件以上(現在はグローバル展開になり1万件以上に改定)になると、レゴ本社で商品化を検討するというプロジェクトの成果商品で、日本発では「しんかい6500」に続く商品。
 それにしても、これ、よく出来てるわ。この製品専用ブロックはなく、全て既存のブロックってのも好感が持てる。川口教授のミニフィグもついてるし(笑)。
レゴはやぶさ

 はやぶさ本体は普通の箱状だが、ある程度の耐久性を確保するために中にも適度にブロックが格子状に組まれて詰まっているし、支柱もしっかりしている。
 この商品自体は可動はしないけど、手持ちのパーツを使って可動にしてみるのも面白そう。

 レゴブロックを買ったのは何年ぶりだろう。以前マインドストームにはまっていて、その初代やスター・ウォーズとのタイアップであるR2-D2が組めるバージョンとかを買っていた時以来だから、6年以上前だな。
 マインドストーム以来、久々に大物レゴ——実売4千円ちょっとなので、実際にはそれほどのものではないけど——やっぱりレゴは楽しいね。
 飾るのにあきたら分解して他のブロックと一緒に放り込んでおけるのがレゴの利点でもある。

 そういえば、レゴ建築シリーズの落水荘ファンズワース邸が再販されてる。そっちも欲しい。

 またレゴ熱が再燃しそうだ(笑)。

ライトの建築をレゴで再現

 フランク・ロイド・ライトの建築をブロックで再現–レゴがセットを発売(2009.05.25 CNET Japan)

 レゴの「Architecture」というシリーズから、フランク・ロイド・ライトが設計した「グッゲンハイム美術館」と「落水荘」が発売されるらしい。ちゃんとフランク・ロイド・ライト財団が監修しているようだ。
 といっても、デンマーク本国での話。
 落水荘、好きなんだよね。写真でブロックの大きさから見ると20センチあるかないかで小さいようだけど、ライトの建築物を部屋に飾っておけるってのは魅力的。水路部分がちゃんと透明ブロックで再現されているよ。
 日本でも発売しないかなぁ。日本からも注文できるのだろうか。いくらくらいするんだろ。

レゴの落水荘

レゴ マインドストームNXT

 一時期、レゴにハマった時期があった。10年くらい前かな。当時幼稚園児だった娘に買い与えたのが切っ掛けで、俺自身も比較的上級者向けのテクニックシリーズというのに興味を持ち、ブロックを買い集め、ロボットだの建設機械だのを自作して楽しんでいた。
 そんな時に、動作をプログラミング可能なロボットを組めるマインドストームってシリーズが登場し、飛びついた。当初は日本未発売だったので、並行輸入業者経由で入手。もちろん英語版だが、レゴならではの非言語依存の説明書と、プログラミングの簡単さで、ほとんど問題にならず、子供たちと一緒に楽しんだ。
 それが7〜8年前。
 その後、日本語版も発売され、バージョン2も登場したが、それらは購入しなかった。

 そんなマインドストームに、久々に新バージョンがでるとアナウンスされたのが、今年正月。
 心待ちにしてたが、10ヶ月も過ぎたので、うっかり忘れてしまっていたよ。
 ってことで、思い出したので、アマゾンで検索。

レゴ マインドストーム NXT レゴ マインドストーム NXT

レゴ 2006-10-15
売り上げランキング : 856
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 売っていたので、即購入!

 いやぁ、ロボットブームという事もあり、ほとんど本国と同時期と言っていい、日本語版のリリース。8年前とは違うね。もちろん、ファンとして、ひじょうに喜ばしい。

 早く届かないかなぁ。

このレゴを組んだら食べるよ

 実はレゴ好きである。
 特に、旧technic(テクニック)シリーズと、その流れとも言える、MINDSTORMS(マインドストーム)シリーズ。
 マインドストームとは、マイコン搭載の制御ブロックをコアにして、レゴブロックで組んだロボットを電池で動かすというもので、PCでプログラミングもできる。
 今でこそ、日本語版ver.2なんてのが大きなおもちゃ屋なら入手できるが、俺は、7年くらい前に、ver.1の英語版やら別売りだったMac用のプログラミングキットを並行輸入で手に入れたクチ。
 自分で作ったロボットが歩くのって、ワクワクするよ!
 のちに、R2-D2のも買った(現在絶版)。
 そのマインドストームの新作セットが夏に発売されるらしい。
 MINDSTORMS NXT

 また日本語版は待たされるんだろうなぁ。久々に並行輸入しちゃおうかな。レゴブロックの組立て説明図は文字表記はほとんどなくて世界共通だし、マインドストーム初心者じゃないから、すぐ理解できると思うんだ。

 おまけ。
 レゴブロックの組立てシミュレータも公開されてるよ。興味のある人は、ダウンロードしてみて。
  LEGO DIGITAL DESIGNER

↓こちらは現行商品
レゴ マインドストーム 基本セット 2.0 3804

レゴ マインドストーム 基本セット 2.0 3804
レゴ
売り上げランキング : 1,352

おすすめ平均 star
star誰でもロボットがつくれる

Amazonで詳しく見る by G-Tools

12月の月間検索単語集計

 12月の検索単語、行ってみよう!
 上位30位。

1位 ボール 481
2位 MG 265
3位 最終回 213
4位 MGボール 204
5位 ペーパークラフト 167
6位 ガンダム 165
7位 新選組 156
8位 ガンプラ 143
9位 マンガ肉 104
10位 新選組! 101
11位 リッピング 101
12位 MGボール 83
13位 MG 81
14位 フィッシング詐欺 49
15位 ライダーマン 45
16位 レゴ 45
17位 コリラックマ 43
18位 メムテックジャパン 42
19位 ジョゼと虎と魚たち 42
20位 CCCD 41
21位 mg 40
22位 仮面ライダー 39
22位 中村獅童 39
23位 ブログ 38
24位 感想 36
25位 エンブレム 36
26位 ポケットの中の戦争 35
27位 食べ放題 35
28位 ドラえもん 35
29位 山南 35
30位 firefox 34

「ボール」が(予想通りの)4ヶ月連続トップ(しかもヒット数が伸びてるし)。おめでとう。もう、殿堂入りさせてもいいくらいの堂々たる風格を備えたといっても過言ではないね。
 ちなみに、俺は、相変わらず「MGボールVer.Ka」は買ってないけど。
 常連の「マンガ肉」「リッピング」「ジョゼと虎と魚たち」等に並んで、「新選組」関係が目立つ。その効果か、「中村獅童」が復活。
 その新選組関係のキャラ名では、「山南」が29位に登場。人気あったからねぇ。

 次に、少数派のおもしろ単語コーナー。

「MGボール?ぁーか」 言いたい事はわかるけど、ちょっとヤバイぞ。
「銀座がないと生きていけない」 どういうご職業なのでしょうか。
「耳から変なにおい」 しません。
「ねこぱんつ」 うちは「ねこぱんち」です。
「ぢ」 おだいじに。
「ザクだらけ」 それほど多くはないと思うけど……。
「わざわざ神」 うちにはいません(たぶん)。
「ばかちんが」 ごめんなさい。
「平田のスリーサイズなんかはまだ」 そうそう。まだ。

 今月の「ランバ・ラル」コーナー。
「ラン・バラル」

 以上。

丹下左膳、いいね(こうさぎ)

きょうbetweenの、学年もレゴするはずだったの。
betweenで、ウォーターボーイズすればよかった?
きのうsinsakuが、betweenとレゴしないです。
確か。

*このエントリは、こうさぎの「sinsaku」が書きました。

LEGOのガンダム!? こっちはザクだ!

 PS2『Zガンダム』blog:LEGOで作ったEX-Sガンダム に、ねこぱんち。
 レゴでEx-Sガンダムを作った強者がいるそう。確かに凄いなぁ。最近のレゴは旧テクニック・シリーズより更に特殊ブロックが増えまくって、あるセット特有のパーツなんかも多数存在するんだよね。
 マインドストームや、バイオニクルX-Podなんかをベースに、あらゆるセットを買いまくれば、凝ったロボットが作れる。


 ってことで、負けらんねぇ(笑)。俺も、5年くらい前に、レゴでザクを作ったんだ。
 特殊パーツを駆使して凝った物を作るのも否定しないけど(マインドストームは、かつて俺もはまったクチ)、これは俺のレゴ箱(笑)を漁って、ミニフィグ(標準サイズの人形)関係の有り合わせパーツをつけたもの。
 それっぽいヘルメットをかぶせ、酸素ボンベを背負わせただけ。


 形状は一切加工してない。宇宙探検シリーズだかの悪役ミニフィグで、全体の色もそのまま。
 頭を黒く塗り、ザク系ガンプラに付属のモノアイ用シールを貼った。ボディ正面に、ザク胸の絵を書いて貼り付けた。
 モノアイはご覧のように可動する(笑)。
 かなりザクっぽいでしょ?たぶん、ねこぱんち標的(トラックバック先)のMW岩井さんはピンと来ただろうけど、実は、このLEGOザク、伝説の雑誌G20に載ってたのを真似したんだ(笑)。
  レゴのミニフィグ関係をたくさん持っている方は、ぜひお試しあれ。
 ただし、レゴブロックは油に弱いため、塗料を使う場合はご注意を。ブロックが割れるので、ラッカー系は厳禁。水性塗料でも浸透性が高いものはダメ。

 ねこぱんち!
 →PS2『Zガンダム』blog:LEGOで作ったEX-Sガンダム
 →TOKA: レゴで作ったガンダム(2004.08.04追加)

Tag(s) [ガンダム]