まずはガンタンクあたりにしとけ

 「ガンダム」制作費800億円! でも、時速8キロしか走れない (2008.01.21 J-CASTニュース)

もし「ガンダム」を作るとしたら一体いくらかかるのか。こんなことをまじめに計算した学者の記事がインターネットでちょっとした話題になっている。値段は「制作費、材料費で800億円弱」。ただし、完成させるためにはいくつかの問題があるようだ。

 そりゃそうだろうな。アニメに登場する架空の物だからね。まじめに計算するまでもなく問題はあろう。

記事を書いたのは千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター所長の古田貴之さん。科学技術振興機構のホームページ「SciencePortal」(サイエンスポータル)「からくり人形とロボット」のコーナーに掲載されている。

記事によるとアニメの「ガンダム」は身長18メートルで43.4トンの設定。古田さんはその表面積を計算し、アルミ合金板(ハニカム構造)が 4万3千875枚必要とした。値段は87億7千500万円。メインコンピュータは、IBMのブルージーンというスーパーコンピューター、1億7,100万円。動力は軍用ヘリ「アパッチ」のエンジンで7機分。399億円。加工・制作費が263億2千500万円と見積もり、それらすべてを合計するとだいたい 800億円弱になるのだとしている。

 ……え? 外装はルナチタニウム合金、メインコンピュータは教育型コンピュータ、動力は核融合炉じゃないの?

ただし、この「ガンダム」は、空も飛べない、人間も乗れない、ただ歩いたりするだけのもの。

 だから、そんなの「ガンダム」じゃないぞ。まぁ、ガンダムも空を飛べないんだけどな(笑)。
 まじめに計算してくださった先生に敬意を表して、まじめに反論してみました。

俺も甘いようで……

 仕事帰りに、秋葉原のゲーセンに寄り、今日はシャアで出撃。
 メインモニターには、今期大戦1日目とある。おぉ初日か。戦功ボーナスが支給されるな。確か20位以内には入ってたはず。でも、あれ?先週金曜日に3日目だったぞ。8日で終わっちゃったの? このゲーセン、ジオン派が圧倒的に多いから、ジオン圧勝で早期終戦したのかね。

 まぁいい。
 さて。模擬戦の地上マップで、UCシャア+ドム+ザクバズーカ+ガトリングシールド+ルナチタニウム合金の単機と、艦長はキシリア。
 うぉ。なんだこれ。シャリア・ブルより動きが遅い!
 あ。まだシャアはレベル1だからか(笑)。でも、完勝。
 続いて、ドムを高機動ザクR2(ジョニー・ライデン専用)に変えて(他のカードは同じ)、宇宙マップ。
 ジム・トレーナーが鬱陶しかったけど、勝利。

 気を良くしたので、ソロモン宙域に出てみる。まだ対人戦は1回しかやってないので、ドキドキ。
 幸い、レベル6の少尉さんとマッチング。同じ人と2度対戦して、1勝1敗。うむ。

 都合4戦した訳だが、今日出てきたカードはクランプと他は連邦のしょぼい武器。

 キシリアとシャアって相性悪いらしいとは聞いていたけど、戦闘開始直後はシャアのテンションが上がらないだけで、黄ボタンで動き回っていたら30秒くらいでテンション上がり始めた。キシリアのテンションもMAX(ってことは母艦が攻撃くらっているという訳だが(笑))。
 意外にいい感じの名コンビだよ。
 今後、もう少しは、このコンビで試してみよう。
 帰宅して、明日使うデッキでも考えようと、カードを入れてある箱を空ける。
 ……あれ? キシリアのカードがない……。

 うーむ。ゲーセンに忘れてきたっぽい。とほほ。
 明日は代わりにユーリ・ケラーネかマ・クベだな。