リュックのコーティングを剥がせ!


 久し振りに使おうと手に取ったボブルビー ピープルズ デライト エアロ(以下「ボブルビー」)。だが、表面がベタベタしていた。
 シェル表面にシリコンコーティングが施されているモデルなので、加水分解ってやつだな。

 BOBLBEE/ボブルビー。
 20年くらい前の登場時、瞬く間に大人気になり、自ら購入しなくとも、その独特なフォルム(ABS樹脂製のハードシェル)のバックパックを見掛けたことがある方は多いと思う。
 最近、バイク乗りの間でブーム再燃しているらしい。

 これまで、2つのボブルビーを所有した。最初のは、それこそ最初期のピープルズ デライトを、某日本初の有料民間衛星放送の入会時プレゼント抽選だか開局十周年だか、なんらかの懸賞に当選していただいたもの。
 既に20年経つが、未だ現役。現在は息子に譲ってある。
 バイクに乗るのが好きな息子が、数年前に「ボブルビー良さそうだよね。お父さんの古いの貸して」と言うので、貸したら気に入ってくれて、以後愛用してくれている。

 件の表面コーティングがベタベタになってしまった方は、2010年12月購入。ブームの谷間の頃だったと記憶している。なので、時期的に素のモデルだと恥ずかしいので、一見ではボブルビーっぽくないフロントポケット付きを購入した。このオプションのおかげで結構高かったが。

 コーティングを剥がす前に、まず、フロントカバー&ポケットを外した。ポケットはボロボロだったので、だいぶ前から外したいと思っていたので、好機ともいえる。

↓フロントポケット取り外し前の状態。(10年前の購入当時の写真)

(先日の日記に書いた風呂敷もそうだが、10年経過すると物品にも何かしら転機が起るものなのかね。)

 コーティングを剥がすのは大変だった。プラモデル用の塗料溶剤(いわゆるシンナーの類)とマイペット、重曹配合ウェットシートを駆使して格闘すること3時間!
 塗料溶剤をバシャバシャかけてガシガシこすればもう少し短時間でコーティングを剥がせるのだが、ABS樹脂はシンナーに弱く、浸透するとひび割れが発生してしまうので、用心のため浸透する前に小まめにふき取りしながらの作業。こういう時に「ガンプラが趣味で良かった」と思ったね。多少の予備知識が役に立った。


 ボブルビーは、若干のモデルチェンジをしてはいるものの、ほぼオリジナルモデルのままで現在も存続している。昨年には、自動車のボディーにも使われているようなナントカカーボンでできたシェルを採用したプレミアムモデルもリリースされた。10万円以上するが。

 今回、コーティングを剥がしている途中で「予想以上に大変だな。新しいのを買うか」とも考えた。
 が。俺の持っているボブルビーは、“BOBLBEE” 又は“BOBLBE-E”ロゴがついている初代メーカーであるボブルビー社製造の製品だ。
 2015年にボブルビー社からポイント65社へハードシェルバックパック製品のライセンスが譲渡されたため、現在は製品名にだけその名が残っていて、製品そのものには、ポイント65社のロゴがこれでもかといわんばかりの大きさで刻まれている。
 それを否定つもりはまったくない。いつか新品を買うかも知れないし。
 ポイント65社もボブルビーを大事にしてくれているというのは伝わってくる。品質にも問題ないだろう。ただ、せっかく持っている「ボブルビー社製」なので、大切にしたいという思いだけ。

 バイク乗りでもアウトドア派でもないが、ボブルビーを背負ってもいいよね。
 少なくとも、流行に乗って購入して飽きて放置とかではなく、まぁ、コレクターやマニアでもないけれど、本当に好きなのよ、ボブルビー。

オルテガ! マッシュ! モビルスーツにジェットストリームアタックをかけるぞ!

 ヤフオクで落札した、ボブルビーのパーツが届いた。
ボブルビー
 今回入手したのは、クリートとトラベルポケット(旧タイプ)。
 ちなみにクリートってのは、トップカバー(ふた)のゴムひもを留めるやつ。クリートは紫ひとつでよかったんだけど、まぁ、この6個セットに送料含めても、定価の2個分だったし、トラベルポケットは半額以下。良い買物だった。

ボブルビー
 現在使っている「ビープルズ・デライト」がこれ。引越して、最寄り駅までの距離が3倍になってしまい(といっても、徒歩5分が15分になった程度だが(笑))、駅まで自転車にしてるので、ショルダーバッグよりはリュックってことで。
 で、これのクリートを紫に変えたくて。
 記事タイトルで、結果はバレバレだけどな(笑)。
ボブルビー

 ってことで、取替え後。
ボブルビー
ボブルビー
 どうだろ。黒い三連星風になったかな。
 サイドブレードも変えたい所だけど、紫はアルミ製しかなくて、思案中。定価で5千円くらいするのよ。

親の役目って

 のほほん日和:バイトもやってみるもんだ へトラックバック。

 ちょっと違うけど、ちょうど今日、こんな事がありました。

 仕事の帰りに、ダイエーに寄って買い物をした。
 レジに並んでいる時、リュックにコツコツと何か当たる音がする。振り向くと、小学校低学年らしい男の子が叩いて遊んでた。俺のリュックを。
「何してるんだ!人のリュックに!」とちょっと大きい声を出すと、母親が「ごめんなさい」
 それで終わればまぁ良しとするが、その母親が、ありがちなバカ親なんだ。
「何やってるの。怒られるからそういう事やめなさい。おじさん怒ってるよ!」
 おいおい、ちょっと違うだろ。
 俺は、母親が謝ってくれた時点で許したんだから、後はあんたが「なぜ怒られたか」を教えなきゃいかんのだろ。
 確かに俺は怒ったよ。でも、怒られたのが問題なのではなく、他人のリュックに勝手に触ったのが問題なんだよ。
「そうだよ。怒ってるよ。お母さんにね!」と思わず言ってしまった。

 まぁ、その子は、俺の背負っているボビルビーが珍しかったのかもしれない。
 だから、この場面では「おじさんのリュック、かっこいいね。見せて?」とでも声を掛けてくれたら、喜んで自慢話でもしてやったのに。

 母親は、そそくさと逃げようとしたから、男の子に「君、人の物には勝手にさわるなよ。見せて欲しかったら、そう言えよ」とお節介ながら声かけてやった。

 俺は、自分の子供たちには、一緒に出かけた時には、まわりの人に不快感を与えないように、厳しく言い聞かせたなぁ。
 エスカレータ上や電車の中とかね。ただ「ダメ」じゃなく、「どう危険で、邪魔になり人に迷惑をかけるから、いけない事」と教えてきた。当たり前の事だけどね。
 親の役目なんて、実は、こんな簡単な事の積み重ねだけで良いのかも知れないね(子供にしてみれば、口うるさい親だなと思うのかも知れないけど(笑))。
「おじさんが怒ってるからやめなさい」みたいな言い方しかできない親から生まれた子供は不幸だと思う。

リュック派85%

 「アキバblog:アキバでリュックを背負っている人は約85%(ソフマップ店頭調べ)」にトラックバック。

 んー。ソフマップ店頭。7人中6人がリュック。
 確かに秋葉原はリュックの人が多い。何を今更という気がしないでもない。
 しかし、素直に笑えない。実は俺、リュック派。しかもボビルビー。しかもそれが通勤用。
 スーツ着て、ボビルビー背負って、日々新幹線通勤してる。
 あやしいおじさんかもな(笑)。
 でもね。ちゃんとマナーは心得ているよ。満員電車の中では、リュックを前掛けしてるし。
 リュック、便利なんだよね、実際。
 ボビルビーだとヘルメットみたいなFRP素材なので、いざという時には振り回して武器になるし(笑)。

2003/03/29

家族で、上野公園で花見。満開には少し早かったが、混んでいた。
弁当を買って行き、桜を眺めながら食べた。いい感じだった。
その後、アメ横をブラブラして、その流れで秋葉原まで歩く。そこで食事をして帰る。
アメ横で、バッグを買った。休日用のやつを。バッグ類は久しぶり。
リュックみたいなので肩掛がひとつしかないやつ。これ、形式的には何と呼ぶのかわからないけど。
今まで使っているのは、高校生の頃に買ったやつ。20年くらい前のやつ。特に気に入っているわけではないけど、長く使ったな。常用はせず、でも週1回は使っていた。そういうのが良いのかな。