省エネ

廊下の照明
 うちのマンション、6メートルくらいの廊下に60Wダウンライトが3箇所もついている。引越してすぐに、その白熱灯を電球型蛍光灯に取り替えはしたんだけど、それでも3箇所もあるのはもったいない。
 なので、真ん中の1箇所だけ残し、2箇所はランプを外してしまった。
 写真でこちら側はリビングなのでその明かりがあるし、奥側は玄関ホールの照明が人感センサーでつくので、廊下の照明は1箇所だけで十分。

ある意味では技術屋冥利に尽きる事だろうけど

 ちょっとした仕事関係のネタ。

 図面を描いていた時、上司に呼ばれた。
「この施工図、ちゃんとチェックしたの?」と。
 うむ。もちろんチェックしたが、見落としだった。ごめんなさい。
 そのまま現場に承諾しなくてよかったと、素直に感謝した。
 が。
「ところで。急ぎでこっちの工事の入札公告を作成してくれ。図面は○○さん(非常勤派遣社員)にやってもらって、後で確認すればいいでしょう」
 まあね。それが派遣さんの仕事だろうしな。
 しかし、なんか、事務屋さんでもできそうだよな。入札公告文の作成なんて。まあ、急ぎなのでしょうがないけども。

 入札公告文を作っている時に、内線電話が鳴った。
「蛍光灯が切れたんですけど……ランプを替えても、いつもすぐにダメになるので、器具の不良かも……」
 はいはい。見に行きますよ。
 蛍光灯ランプをみると、(直管なんだけど)ソケット部分の印が下向いてる……。いや、それとすぐ切れるのと因果関係はわからんが、少なくとも、ランプを器具に差し込んだら、90度回転させて固定してくれ。常識だろ。っつーか、この状態でよく落ちなかったな。
 
 社内の施設修繕関係予算を管理してて、建築の部所ってことで、色々と細かいことが舞い込んでくる。なんだか総務部総務課山口六平太状態(笑)

 頼られるというのは、まぁ悪くはないが……、本来業務とはちょっと外れているような気が……(笑)。

 ジョブ・ジョン的ポジションかもしれないじゃんかよ。
 サナリィの技術部門幹部になっちゃうよ?

給水ランプが点いたり消えたりしている……あははっ

 めっきり冬っぽくなり、室内も乾燥ぎみなので、物置から加湿器をだしてきて、スイッチを入れたら、まったく音がしない。
 パネル前面にある給水警告ランプが、点いたり消えたりしている。
 湯気も止まったまま。水切れかな? いや、違うな。水ならさっきちゃんとタンクにバァーっと入れたもんな……。

 昨シーズン末、中を掃除した時に、機械部分にも水かけて洗っちまったのを、乾燥させてなんとか乗り切ったのだが、しまって置いた間に、そこがいかれたのか。

 エアコンつけるとかなり乾燥するので、しょうがなく、買いにいった。
 加湿器は6年ぶりの買替なんだけど、進歩してるねぇ。
 まず、昔は低電力で高パワーって売り文句だった超音波振動噴霧式ってのは、もうまったく無かった。
 省エネ対策はもちろんだけど、簡易空気清浄機能付きの18畳対応が65ガンプラ(日本円に換算すると1ガンプラ=300円)だもんな。安くなったね。
 別に広い部屋に設置するというわけじゃなく、単に、和室6畳2部屋をふすまなしで一部屋使いしてるだけなんだが。
 それにしても、ハイブリッド気化式って何よ?って感じ。
 蒸気が出ない加湿器って、インチキくさいと思うのは俺だけか?