昔必須だったソフトたち

ラムダブラー、スピードダブラー、コンフリクトキャッチャー
 引越のため荷造りを進めているのだが、押入を整理していたら、懐かしいソフトたちが。
 ラムダブラー、スピードダブラー、コンクリクトキャッチャー……。昔、とてもお世話になったソフト。
 使っていたローエンド向けMacなんかは搭載メモリ32MB(搭載上限128MB)でその増設メモリが数万円もした時代に、仮想的にメモリを2〜3倍に増やすラムダブラーは、特に重宝した。

 他に、TowerIIやらHyperCardやらクラリスワークスやら、今使ってるインテルMacでは動かないんだけど捨てられないパッケージもちらほら。うーむ(笑)。

 注:アップルに敬意を表し、HyperCardのリンクはウィキペディアの記事に設定しといた(笑)。

 と、思い出に浸ってばかりいないで、荷造りだ。


始まりはラムしゃぶ

 思えば、2004年に始めたブログでのつながりで北の青き巨星ことすしバーさんと知り合い、ワカパイの話題に食いつき、北海道では生ラム肉でしゃぶしゃぶが食えるという魅力に我慢できなくなり、その年の夏休み家族旅行で釧路を訪問して以来、1年おきに北海道に行っている。そう、今年も夏休みは北海道に決めた。お手軽に札幌拠点だけど、すしバーさんが釧路からわざわざ会いにきてくれる予定。
 それと、毎年東京で開催している新年会には、すしバーさんが来てくれる。これも毎年好例になりつつあるね。
 なんだか、すげーなぁと改めて思う。ブログをやっていなかったら、まず出会えなかった連中。ブログを行き来しているので、ある意味では趣味が共通している部分が多いから、実際に会っても、すぐに意気投合する。
 閑話休題。
 また、今年も、北海道に行ってくる。


桔梗への道(笑)

 今年の夏休み家族旅行は、また北海道に決定した。
 北海道には2〜3年に1度くらいのペースで行っているけど、何度行ってもいい所だ。
 最近は、釧路に友達もできて、訪問する楽しみも増えたし。

 さて、今回の北海道訪問の目的のメインと言っても過言ではないのが、帯広のおそば屋さん「桔梗」に連れていってもらうこと。
 一昨年も、「ラムしゃぶが食いたい!」って理由で釧路に旅行したが、またしても食い物が理由(笑)。
 でも、旅の目的の多くは「旨い物を食う事」だと思うし、これでいいのだ。
 もう、楽しみで楽しみでしょうがない。旨い蕎麦と豚丼、早く食いたい!

 そんな桔梗さんのリンクバナーができた。

十割そばと豚丼 帯広 桔梗(ききょう)
 店名の由来である「晴明桔梗(五芒星)」をあしらったデザイン。