怪しいお絵かきおやじ

 通勤電車の中では、愛用のCLIE NX60でブログ記事の下書きや、簡単な絵を描いたりしている。
 最近は、日頃参加している「玉猫戦隊オーブファイブ」関連の挿絵のラフを描いている事が多いんだけど、色々と便利だ。
 いや、どこでもPDAでさらさら描けるという便利さももちろんあるんだけど、それだけじゃなく。
 このところたくさん描いてるのが、登場キャラクターの顔で、まぁ、電車内だから、まわりに「モデル」がたくさんいる訳で(笑)。
「お。あの人は、あのキャラのイメージだ」などと、心の中で思いつつ、スタイラスペンを走らせる。
 難点は、最初の一瞬でほとんどの特徴をとらえてしまわなければいけないことかな。他人をジロジロ見る訳にはいかないからね。チラチラも不可(笑)。
 それでも、どうしても時々周りを見回してしまうから、ちょっと怪しいオッサンかもしれない。
 明日からは、新幹線の中だけにしておくか。

 向かいに座ってる人、美人だな。ユウカ似だ。
 このメモ帳をペイントツールに切り替えよ……。

図面、完成しました!

 大将、図面できました! 大幅に納期が遅れて、ご迷惑をおかけしました。
 決裁をお願いします。
 骨格構造はこれでまとまったので、よろしければラインへ流します。
 外部装甲の細かいデティールは随時変更可能です。

 オーブロボCAD図面 進捗状況
 決裁1号稿(検討4稿) robo-cad-041022.pdf(PDFファイル)
 毎晩少しずつとはいえ、作業に入ってから既に半月。やっと、まともな形になった。
 すしバーさんからいただいたラフデザインからはだいぶ違う物になってしまい、申し訳ないと思います。
 特に頭と背面は、破綻のないように仕上げるために、独自解釈を取り入れました。
 まだまだウソの部分はあります。特に側面噴射ノズルは、このまま立体にすると腕と干渉して、このように腕を垂直に降ろすことはできません(笑)。解ってて放置してます。
 このネタ、とりあえず一休みしますが、すぐに復活する予定です。まだ満足できてないので(笑)。

ねこぱんち!
不条理み○きー:「追記: 企画書 玉猫戦隊 オーブファイブ」
俺育て!虎ヘッド風味:熱闘ブログ編: 牙竜壱号が塗装されない理由