RGガンダム素組完了

 約1ヶ月もかかったが(笑)、RGガンダムの素組が完了。
 全身にメラミンスポンジをかけて、墨入れを施した。
(写真はクリックで拡大表示)

RGガンダム

 シールはどうしようかな。1/144にあれだけ大量にシールを貼るのは、あまり格好良いとは思えず好きじゃない。小スケールの全身に大量にマーキングがあってもうるさいだけ。同じ理由で、初期のハイコンプロも嫌いでザク以外は買わなかった(笑)。

 このRGガンダムは、お台場から静岡へ行った例の「1/1ガンダム」の模型、つまりガンプラ初のスケールモデル(笑)ではあるわけだ。
 実寸大の18メートルなら見上げる格好になるので、このバランスはあり。実際、お台場で見た時は、感動したものだ(笑)。しかし、こうして1/144になると、足先が小さくて頭やランドセルが大きいと感じてしまう。
 たぶん、そういう意見もあることは想定の上で、あえて「1/1ガンダムの模型」にしたんだろうけど。

 それと、指の第二関節まで動く可動手首と動かない握り手がついてるけど、はっきりいってこの可動手首はいらん。扱いにくい。ビームライフルを握った状態の指がすげーかっちょわるいんだけど……。
 ライフル持つ用の固定手首もつけてほしかった。
 本体の意匠は素晴らしいだけに、残念だね。

 次回のシャアザクには期待してるよ、バンダイさん。

ゲルググJ、強えぇ!

 ガンダムカードビルダー。
 現在のIDカードでの出撃任務も、残り32回となった。年内には更新できるかな。
 コストは1130も使えるようになったんだけど、高コストのデッキで出撃すると、敵も凄まじいの出してくる。CPUなら、同レベルなのでなんとかなるが、対人となったら、太刀打ちできない(笑)。
 なので、いつもせいぜい900くらいにしている。
 それでも、少尉殿に負ける事も多い(笑)。
 今は、コスト削減のために、フラナガン・ブーンを艦長として育てている。結構使えるよね。原作での設定通り、シャアとの相性も良いみたいだし。
 あと、昨日引いたゲルググJ、強いね。ロングレンジ搭載というのが凄い。
 宇宙限定だけど、背シルゲルよりも使い勝手いいかも。

 ってことで、当面、宇宙マップは、下記構成を試す。

 隊長機 シャア大佐+ジオング+ロングレンジ
 バディ ドアン+ゲルJ+ビームライフル+ガトシー+破壊へのCD
 コスト1010。まあまあか。

 そういえば、昨日今日で引いたカード。
 ゲルググJ、オスカー、スチュアート、ギャン、スペース・ランチ(ジオン)、ガースキー、先読み攻撃、ボラスキニフ。
 大したカードではないものの、なんだか新カードの割合が増えた?
 先週も新カードの割合が半分だったし。

結局買ってしまった

 オフ会の時に、ガンダムカードビルダーで、我が師匠るしさんと対戦したのよ。

 俺はコスト125のシャア+ゲルググ高機動型+破壊へのカウントダウン+ビームライフル+ゲルググシールド。
 るしさんは、コスト125のシャア+ゲルググキャノン(エース部隊仕様)+破壊へのカウントダウン+バズーカ2つ、だったかな。

 単機対決。
 るしさんは、さすがそつなく迫ってくる。長距離戦もいけるゲルググって、始末悪い。俺、CPU戦でもゲルググキャノン相手は苦手だ(笑)。
 一方、中近距離仕様の俺は、せこせこと逃げ回りつつ、時々相手に斬りかかるので精一杯。
 るしさんが手加減してくれたようで、なんとか引き分けに。
 んー、俺のあのゲルググキャノンのカードがあればなぁ。っつーか、欲しくてしょうがなくなった。負けず嫌いで羨ましがりな俺(笑)。

 そんな訳で、結局パーフェクトガイドを買ってしまった(笑)。

 んでも、対戦終わった時に、るしさんに「びといんさん、だいぶ巧くなったね」と言われたのは、やっぱり嬉しいね。はい。とりあえず逃げるのはなんとか上達しました(笑)。

 それにしても、これ↓アマゾンで注文したのは昨夜。っつーか深夜1時過ぎだから、日付は今日になってからだよ。それが、仕事から帰ったら届いてるだから、速っ!

4757727364 機動戦士ガンダム 0079 カードビルダーパーフェクトガイド
メディアミックス書籍部ホビー書籍グループ
エンターブレイン 2006-04-01

by G-Tools

HCM Pro サザビー

 久し振りにHCM-Pro を買った。
 前評判も上々の、サザビー。


 HCM-Proシリーズは、「カトキ立ち」はおろか「S字立ち」すらできないので、飾る時には何かしらのポーズを付けておかないとサマにならないので、あまり好きではないのだが、このサザビーは、脚の裾が広がっているので、S字立ちはできないものの、予想より格好いい素立ちになる。

 プロポーションや全体のディテールは申し分ないのだが、ただ、ひじょうに気になる点が、これ。

20060725sazabi_2.jpg
 1/200という小スケールキットに対して、細かい指摘なのかも知れないけど、今どき「穴あき握りこぶし(武器を握っている時、本来は見えないはずの手のひら部が見えて不自然な手首パーツ)」じゃぁ寂しいぜ(笑)。

 小スケールといっても、ザクより2周りくらい大きいんだからさ。

20060725sazabi_3.jpg
 ちなみに、ザクはちゃんとライフルを握った手首になっている。っつーかライフルのグリップと手首は一体型パーツなんだけどね(笑)。

 サザビーは沢山のバーニアが派手についているので、下から覗いてみると、メカニカル感たっぷりでなかなか絵になると思う。

20060725sazabi_4.jpg
 HCM Proシリーズには、機体表面にラインパターンの塗装表現が多用されているんだけど、最近のJ型ザクやグフはそれが目立ち過ぎで大嫌いだった。
 でも、このサザビーは、ラインパターンが控え目で、ほとんど気にならない。
「逆シャア」ファンにはお薦め!

B000G03NP8 HCM-Pro29 サザビー

バンダイ 2006-07-28
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る by G-Tools

HGUCアッシマー制作経過

 HGUCアッシマーの素組と表面処理が完了。
 劇中のイメージよりスリムな印象だが、素早い変形による飛行・奇襲用の可変MSという雰囲気はアップしているので、これはこれでいいんじゃないかな。
 っていうか、このナイスなプロポーションから差し替え無しで飛行形態へ完全変形するってのは、実際に手に取ってみると、感動物だ。
 1/144のガンプラで完全変形アッシマーがリリースされるなんてのはファンの悲願だったからね。
 ディスプレイスタンドも付属するので、様々なポージングが可能。
 ひとつ気になったのは、肩をボディに取り付けるポリキャップが若干緩いという点。
 ライフルを持たせた右腕を肩から水平に上げると、30秒程度しか保持できず、30度くらいまで下がってしまう。ボディ側の軸に微量の木工用ボンドを付けてから接続してみた。
 この緩みは個体差の範囲内かもしれないけど、右腕はよく動かす部位なので、残念だ。
 しかし、まぁ、総体的には素晴らしいキットだ。
 明日以降、ガンダムマーカーでゲート跡等のリタッチとポイント塗装、墨入れをして、完成。
 おまけ写真。「劇場版・星を継ぐ者」での活躍シーン風のアングルで撮ってみた。
 気分はブラン・ブルターク。

B0009WFSZ6 HGUC 1/144 アッシマー

バンダイ
売り上げランキング : 14
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Tag(s) [ガンダム]