ドラマ「カーネーション 総集編」を観た

 NHK朝ドラの前作「カーネーション」の総集編を観た。
 このドラマ、まわりで薦めてくれる人も多く、良作だろうとは思うのだが、なんとなく意地で観なかったんだよね(笑)。なので「カーネーション」はこの総集編が初見。

 今回、総集編を観て——もちろん、前後編各90分に圧縮されたこれだけで理解できようとは思っていないので——この時点で感じたのは、これってガンダムやサザンみたいじゃね?って事(くらいに留めておく)。
 いや、ガンダムやサザンオールスターズって「興味がない」というのはあっても「大嫌い」っていう人は少ないよね。

 と、ここで思ったけど「カーネーション」と「ガンダム」って、共通点が多いぞ。

・若い頃は身勝手でちょっとウザイ主人公だが、その人が、のちに皆を助ける。
・一見理不尽に殴る上司/親(しかし、信頼関係は絶大)の存在。
・戦争をある意味では否定的に描いている。
・廃人になってしまう登場人物がいる。
・キーポイントで幻影イメージがでる。
・子ども三人が次世代をしっかり受け継いでいる。
 ……etc.

 キャラ的には、概ね次のような印象。繰り返すが、あくまでも総集編を観た限りでの印象。

 糸子=アムロ。序盤、少々ムカツクけど、経験を重ねニュータイプとして開眼していく。中盤、自身も悩みながら、子どもらに生き方を伝えていく。晩年、再び自分のために生きる目的と地球(自分の周辺人々の心)を救うように暮らす。最後の方は、誰にでもタメ口。
 奈津=シャア。ライバルというよりは、純粋故の反抗というあたりが。赤系の服をよく着てるし。
 善作=ブライト(+ワッケイン)。不条理とも思える指導をするが、叱咤激励し、頼られるリーダー。
 優子、直子、聡子=カツ、レツ、キッカ。良き心を受け継ぐ、新世代ニュータイプ。
 周防=マチルダ。主人公の憧れの人(恋愛対象)。
 他には、
 パッチ屋のおやじ(桝谷だっけ?)=リュウ。
 木之元=ハヤトかジョブジョン。
 北村=リュウ。

 うむ。レギュラー放送を観たらはまりそうな気がしてきた。

iPhoneのカバーを取替えた

クリスタルカバー
 iPhoneにずっと装着していた、パワーサポート社のクリスタルエアジャケット。1年半も着けているのでさすがに傷だらけになっている。もちろん、これのおかげでiPhone本体には大きく目立つ傷がつくこともなく、役割を果たしてくれているわけだが。
 しかし、そろそろ新しいのに取替えようと思い店に行ったら、定番のパワサポ製の強力なライバルと前評判が良い新製品が置いてあったので、今回はそちらを購入。
 シンプリズムのブランドでおなじみの、トリニティ社製のクリスタルカバー。「傷が付きにくいアンチスクラッチコーティング」らしい。
 クリスタルカバーも、エアジャケット同様にiPhoneの外観を損なうことなく、背面全体を保護できる。
 iPhoneと密着するエアジャケットと違い、このクリスタルカバーは、iPhoneの背面との間がほんのわずかに浮いている。もちろん、周囲はガッチリと保持されていて外れにくくなっているので大丈夫。だが、この浮いている(カバーの上から背面を押すとペカペカいう(笑))感じが微妙。たぶん、妙な密着模様が現れるエアジャケットの欠点を補うための工夫なんだろうね。さすが、よく研究されていると思う。ペカペカ感は、気にせず慣れるしかないな。
 透明度はエアジャケットに勝とも劣らず。これでアンチスクラッチコーティングの効果で透明度がどのくらい続くのか、期待したいところ。

素晴らしい見事なモビルスーツだ、よし、試してみるか!

 ガンダム教習所:ガンダムニュース (2006.07.03) の記事で知って、久し振りに、「ガンダム世論調査」にアクセスした。

<第10回結果発表>
第10回は思わず盗み出したくなっちゃうライバルガンダムはどれ?です。あなたの好みはメジャー?それともマイナー?

 が掲載されていたが……。
 得票数25%というダントツはRX-78GP02-A。
 これは、「盗まれたガンダム」だよな(笑)。
 まぁ、そういう刷り込みもあって1位になったのかも知れないが。

 ちなみに現在募集しているのは、

第11回は一年戦争開戦! あなたが入隊するとしたら連邦軍とジオン軍、どっち?です。あなたの好みはメジャー?それともマイナー?

 もちろん俺は茨マークの軍に投票したけど、これをメジャー・マイナーで分けるのはいかがかと思う(苦笑)。

AccessAnalyzer (XREA)の不具合が修正

 先日の記事で指摘した、

 XREAの集計結果での取りこぼしについて。
 検索単語の集計結果表示で、1日分以外の期間で集計した場合、上位101件の単語しか表示されず、少数派は解らない(笑)。こういう仕様のようだ。

 という件の補足。
 昨日、このAccessAnalyzerの不具合について、XREAに問い合わせメールを送ったところ、「修正したので確認してほしい」と、先ほど返事をいただいた。速っ!
 早速見に行ったら、おぉ。改善されてるよ。直っちゃったよ。
 集計結果画面の下に、ページ切り替えリンクが正しく表示され、ヒット1の項目まで、全部参照できるようになった。

 ってことで、俺としては、忍者TOOLSのアクセス解析をうらやましく思う項目は、検索ワードの%表示と管理者アクセスの集計除外の2件だけになった。
 文字化けが多い事を考慮すると、忍者の優位性がガクっと下がる(笑)。

 ひょっとして、XREAの人、俺が書いた先日の比較記事を読んで、忍者にライバル心を抱いたのかもしれない、とか邪推してみる(笑)。
 冗談はさておき。まぁ、確かに不具合の修正をしただけかも知れないけど、俺にとっては、素早い対応をしてくれたことで、XREAに対する好感度がアップした。こういう事してくれちゃ、あんた、機能面以上の安心感を持てるってもんだよ。こういうのが大切だよ。うんうん。俺の弱い所を巧みに突いてくるね(笑)。

 今日は、嬉しくて楽しいニュースばかりだ。\(^o^)/
 珍しく顔文字も付けちゃうよ(似合わねー)。

ねこぱんち!
アクセス解析比較 AccessAnalyzer(XREA)と忍者TOOLS