「仮面ライダー電王(第1話)」を見た

 テレビ朝日「仮面ライダー電王」公式サイト

 まず「電王」って名前、どこかで聞いたことがあるなぁ、と思っていたんだが、あれだ!「特命係長・只野仁」の只野が勤める広告代理店「電王堂」とのリンクネタですか?(笑)
 あと、デンライナーのオーナー役に石丸謙二郎さん。これは「世界の車窓から」とのリンクネタですか?(笑)

 前作「仮面ライダーカブト」が、「史上最強の仮面ライダー」という触れ込みだったのに対して、今回の電王は「史上最弱の仮面ライダー」だそうだ。なるほど、今回の主人公は、最初から最後まで、頼りなさ炸裂。悪魔だか異星人だか侵略者だかわからんけど、なんか変なのに憑依(?)されちゃう。電王に変身するのも、その魔物を封じ込めているのを解除した結果という他力本願さ。
 しかし、面白そうな話だわ。
 ヒロイン・ハナは、線が細くて、ちょっと俺の好みではないなぁ。主人公の姉も微妙だし。

 謎のいくつかが解明されないまま終わってしまったカブトより単純なストーリーっぽくて、楽しめそう。とりあえず毎週録画してHDDには保存しておこう。

甦る〜ガンダム〜♪

 単にデジタルリマスター化しただけのファーストガンダムのDVD-BOXなどにはまったく興味なし(いくら綺麗に処理された映像とはいえ20年以上前のテレビアニメ。作画レベルも低い。デジタルCATVでエアチェックしてDVD-Rにコピー保存してあるので十分)の俺だが、これは発売を楽しみにしてた。

機動戦士ガンダム CD-BOX 機動戦士ガンダム CD-BOX
アニメ主題歌 池田鴻 フィーリングフリーミュージッククリエイション

キングレコード 2006-12-21
売り上げランキング : 1014
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 1979〜1983年の間にリリースされた、ファーストガンダムTV版&劇場版関連アルバム・全14作(18枚)のLPを完全復刻。
機動戦士ガンダムCD-BOX
 これらのオリジナル盤が発売されてた当時、俺は中学〜高校生。いくつかを購入したのみで、しかもカセットテープだったから、今回のCD-BOXは嬉しい。
 このうち12作はすでにCD化されているが、廉価版的な物ばかりだった。
 それが今回は、ジャケットはもちろん、ライナーノーツ、初回盤当時の帯にいたるまで、ミニチュア再現してCD化。
 ここまでやってくれたら「ベスト・オブ・ガンダム テーマソング集」のピクチャーレコードも両面再現して欲しかったけども、さすがにCDの読み取り面に絵を印刷するのは現時点では不可能だからね。しょうがないか(笑)。
 ライナーノーツなんかもちゃんとミニチュア再現されているので、ひじょうに読みにくい(笑)が、封入特典の解説冊子やCD-ROMに、ちゃんと読める体裁で再録されているので、大丈夫。
 単純に音が良くなったというだけではしょうがない。資料的価値もあると思うのだ。

 まずは、「交響詩 機動戦士ガンダム」を聴いて、悦に浸った。
 頑張った自分へのクリスマスプレゼント。

[ライナーノーツ]フラグメントファイルあるいはエージェントのための仕事部屋[../004]

 久し振りの執筆。
 とはいえ、またもや、過去に書いたものを推敲したやつを基本とした。

 ねむい。

[ライナーノーツ]フラグメントファイルあるいはエージェントのための仕事部屋[../003]

 さて、今回からは書き下ろし。
 厳密にいえば、今回も冒頭部分は初出の時のままだが。

 初出では、甘い香りの正体は、主人公の娘がキャンディをなめながら近づいてくるという物だったが、それをカット。今のところ、主人公には生活臭さを感じさせないような描写にしていく。
 電算室長のキャラ再構築については、「仮面ライダーカブト」に登場する”じいや”をパクってるかもしれないなぁ(笑)。

[ライナーノーツ]フラグメントファイルあるいはエージェントのための仕事部屋[../001〜002]

 本編開始。

 ../001_着任 は、文体の一部訂正のみ。
 ../002_ラストアクセス は、以前「インターネット最後の日」という企画に参加した時の文章。

 ちなみに、各話タイトルの「../***/」という表記は、HDD内でのディレクトリ階層を表現している。これを発表直後、ガンプラの店頭販促ビデオ映像「ガンダムイボルブ」における各サブタイトルについて、同様の表現がされていて、軽いショックを受けた。
 更に、映画「マトリックス」がヒットして、これまた、似ている設定が登場して、軽いショックを受けた。まぁ、仮想現実と戦う主人公って設定じたいは、誰でもすぐに思いつくものだろうが、それを商業映像として見せられたら、続きを書く気力が一気に失せたのは事実。
 だけど、この002を書いた以後、少しずつ続きを書いていた。

 ってことで、次の003からは書き下ろし。