iPhone版マンダラート

 マンダラートがiPhoneに:マンダをラして発想支援——iMandalartで「脳を編集する」(2009.07.27 ITmedia 誠 Biz.ID)

 あるテーマから連想を広げる「マンダラート」。9つのマス(セル)の中央にテーマを書き込み、その右側のマスから反時計回りに連想を書き込むことで、アイデアの切り口を広げる手法だ。アイデアがまったく浮かばない時に、1人でも半ば強制的にアイデアを生み出せる方法である。

 このマンダラートがiPhoneアプリ「iMandalart」として登場する。7月26日、東京・銀座のアップルストアで、マンダラートを考案したヒロアートディレクションズの今泉浩晃代表取締役や、iMandalartを開発したHDMTの木下誠代表取締役、テクニカルライターの大谷和利氏らがアピールした。

 懐かしいな、マンダラート。昔、Newton MessagePadで愛用してたよ。

 価格とリリース時期は未定。「リリースは近日中」とのことだが、木下さんは「これからアップルの審査」という。今泉さんによると、「恐らくApp Storeでのカテゴリーは『仕事効率化』になるはず」。価格は「検討中。皆さんを失望させない価格帯で」(今泉さん)と述べた。

 早くリリースしてね。期待してます。

テプラがMacに対応

 ラベルプリンター「テプラ」PRO SR3700P 発売 (2008.5.22 キングジム)

 ラベルライターの代名詞「テプラ」のパソコン専用版が、やっとMac対応になった。昔、欲しかったんだよね、こういうの。Windows用しかなくて購入しなかったけど。
 まぁ、最近は滅多に家で「テプラが欲しい」という局面にならないので、たぶん買わないな(笑)。

 最近は、各種サードパーティ製周辺機器が、WindowsだけじゃなくMacにも対応してる物が増えて、Macが売れて元気があるんだなぁと嬉しく思うよ。

ライターつながりでもうひとつ

 今日、たばこ吸ってる時さ、半分くらいまでに短くなった頃。
 もう一息って、吸ったんだよね。いや、普通に。
 そうしたら、「すぽっ!」と、たばこ本体を吸い込んじゃって……。
 唇を軽く火傷しちゃったよぉ。

 これやったの、2回目ナリ(笑)。

ジッポの掃除

シャアZIPPO

 シャア専用カラーのジッポ。
 ライターといえば、20年以上ジッポを使っているが、今愛用しているこれは使用3年目くらい。
 だいぶ塗装がはげちゃったし、少し角が凹んでいるけど、機能的には問題ない。
 でも、最近、少し強い風でも火が消えることがあったので、今日は、掃除をしてやった。
 綿を順番に全部取り出して、ボトムの中に溜まったラードを綿棒で取り除く。ホイール回りなどの石カスも、取り除く。
 炎芯を少し引き出し、黒くなった部分をカット。その綺麗になった先を、少しほぐして広げる。
 ボトムの中に、炎芯と綿を、元通りに納め、オイルを補充。
 点火。火が少し大きいかな。芯の先をちょっとカット。これで、よし。