あなた、守ってくださいましね

 ヤモリ。
 毎年、この時期になると、窓ガラスに貼り付いてくる。


 都心に居るってのは意外とも思ったが、それこそ意外で、ニホンヤモリは家屋に生息し、野生のはあまりいないらしい。
 昔から「家守」の字を当てて、ヤモリの住む家は悪いことが起きないと言われている。
 ガラスに貼り付いている姿はユーモラスでかわいくもある。

 ちなみに、飼育するのは大変らしいね。ハエやクモ、ミルワーム等の生き餌を与えなければいけないとか。
 いや、家の周りに生息しているのをわざわざ捕獲なんて野暮な事はしないけど。
 何しろ、守り神、なんだし。

吸盤じゃなかったのか!

 歴史好きなので、ほぼ毎週「世界ふしぎ発見!」を見ているが、今日一番びっくりしたのは、「ヤモリの足は吸盤ではなく毛による摩擦力」って事。
 まぁ、生物学とかの専門家から見れば常識なのかもしれないけど、少なくとも俺は、今日まで、風呂場の窓ガラスで彼らを見るたびに、指先の吸盤で貼り付いているんだなと思ってたぞ。