おにぎりよりコケモモが好きだ

 個人的にはキラーアプリの登場!

ローグ
 その名もずばり、Rogue。iPhone版ローグですぜ。アップストアに登場
 昔から大好きなんだよねぇ。単純明快なダンジョン型RPGゲームなんだけど、その単純さ故に、気軽についつい何度もやってしまう。
 20年以上前。俺は日本語化されたMSX版でハマったミーハー野郎だったが、当時は日本語化といっても、表示メッセージが半角カタカナになったというだけのもの(笑)。そのシンプルさが懐かしい。
 キャラクタは、自分は「@」、敵モンスターは、それぞれのイニシャル。へび(スネーク)は「S」、こうもり(バット)は「B」といった感じ。
 ちなみに、このローグ。「トルネコの大冒険」や「風来のシレン」の元になったゲーム、と言えば、今の人にも分かってもらえるだろうか。
 技量よりも運によるところが多いが、それもご愛嬌。飛び込んだ部屋全面にモンスターっていう事が度々あるが、それも往年のゲームならではと、今となって笑える。

 さて。このiPhone版Rogue。起動するとまず、普通っぽいグラフィックの画面が現れた。
ローグ
 iPhoneを横向きにすると、
ローグ
 お、いい感じ。しかし、こんなに細かいグラフィックじゃ、ローグっぽくないじゃん。
 ってことで、表示設定を変更。
ローグ
 これこれ、これだよ! これぞローグ。
 隣の部屋に移動するドアが最初から表示されて分かってしまうというのがちょっと残念だけど、これは、そういう効果の薬を大量に持っているのだと思う事にする(笑)。

 うむ。満足。
 ローグとクロンダイクがあれば、他にはケータイにゲームはいらない。

スライム

 これは、ただの忘備メモ。
 変な文章になるだろうし、オチもないよ、たぶん。

 スライム。
 いつの間にか、ドラクエに登場する愛らしいモンスターの名前として有名になってしまった。
 これは、それについてではない。

 仕事中、杭打ち工事の話をしている時に、スライムを思い出した。
 この業界では、杭の建込み時に地下水が出て杭先端部などで汚泥やセメントミルクがゆるくなったやつの事を「スライム」と呼び、これの処理が工程に組まれる。

 夏に家族旅行で釧路に行った。すしバーさんの案内で車で市内を走っている時に、「スライム工場」って看板があった。すしバーさんが「あれ、なんですかね」とか言ってた時にも、上記の杭工事の話はしたんだけど、その後、結局わからず仕舞い。
 なんだろう、スライム工場。気になってgoogleで検索してみたけど、解らない。
 スライムは産廃だから、それの処理工場なんだろうか。

 その検索で解ったことだが、お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の当初のコンビ名は「スライム工場」だったらしい。

 俺らの世代でいったら、やっぱり、おもちゃのスライムだよな。ゴミバケツを模した容器に入ったネバネバのやつ。


“スライム”

 一応チェックしてみたら、アマゾンでも売ってるんだね。ちなみに、「この商品を購入した人はこんな物も……」の欄に、「マツケンサンバII」があった。スライムとマツケンサンバを同時購入した人って、素敵。

 えーと。で、なんだっけ。
 いいや。この記事おしまい。