西遊記(第1話)

 フジテレビ月曜午後9時のドラマ。いわゆる月9を楽しみに見るなんて、何年ぶりだろう。明確に記憶にあるのは「101回目のプロポーズ」以来だよ(笑)。

 ってことで、「西遊記」。
 今さらながらの中国古典を元にした名作で、幾度となく映像化され、その時代時代の代表作となったわけだが。
 今回の作品も、素直に面白かった。
 香取慎吾さんの孫悟空は、文句無しにハマり役! 暴れん坊だけど根は悪くない人情者という感じが体中から湧いてでていた。
 内村光良さんもモロに沙悟浄だったし、見るまでは疑問だった伊藤淳史さんの猪八戒も、アリだね。”ナマカ”(笑)から「子豚!」と呼ばれて怒るやりとりで、新たな猪八戒イメージを築こうとしてるし。

 ある意味ではかなり熱いドラマになりそうで、楽しみ。
 今回、心に響いたセリフ。悟空が、裏切られた相手(結局最後には救うのだが)に言った言葉。

「やられて嫌な事は、ひとにもするな!」

2002/03/18

追記。
昨日、デジQを買った。チョロQがそのままラジコン風操作できるやつ(操作感はモロにラジコンだけど、赤外線リモコン操作を採用。ゆえに、車体にはアンテナはなく、すっきりしている)。
すでに持っている(笑)ビットチャーGよりも速くて、面白い。
いい意味で「チョロQを遠隔操作できるようにしただけ」のおもちゃなんだ。
コントローラーで操縦するけど、動きはチョロQそのもので、ダッシュして、ちょっとした段差でコケて転がるの。それが楽しい。
チョロQは、プルバックゼンマイの稼働で単純に直進させるだけだったのに、それを操縦できる。でも、あのちょろちょろした速さなので、操作は困難。このあたりのメーカーの英断が、たまらなく良い!(笑)