濃いぃのが……。

 Mac OSX 10.6 SnowLeopard にアップデートしてから、Macを起動してデスクトップが表示されるまでの間、画面の色が全体的にちょっと濃いような気がする。
 一応モニタのカラー補正でも確認しようかとしたら、補正時のガンマ値標準が1.8から2.2に変わってる。
 もちろん、既にデフォルト以外に設定してある場合はそのまま反映されてるし、設定し直す時にガンマ1.8を選べば今まで通りになるので、大きな問題はない。

 でも。
 今後WindowsからMacにスイッチする人にとっては、最初から画面の色味がWinと同じになってていいんだろうけど、(素人考えなので、正しいかどうかは解らない無責任な論法だが)Windowsに比べてMacの画面が優しげで暖かみをあると感じるのは、このガンマ値の違いだと思ってたので、寂しいのう。

室内アンテナで地デジ

 数年前、CATVに加入する直前に買ってきた室内アンテナ。
 当時UHFのテレビ埼玉で再放送してたガンダムを観たくて買ってきたもので、DXアンテナのSK-24という割と高性能なやつ。1500円くらいで購入し、そこそこ映って満足していたが、そのあとすぐに加入したCATVで東京キー局以外にテレビ埼玉などもパススルーしてくれていたので、この室内アンテナはしまっておいた。
 で、そのCATVが、今年10月から地デジもパススルー配信してくれるというので期待していた。が!周波数変調パススルー方式とかいうやつで、うちのハイビジョン液晶テレビのチューナーは、ちょっと古いため、その方式に対応しておらず、相変わらずCATVのSTB経由じゃないと地デジは映らない。
 まぁ、それでもいいんだけど、テレビにせっかく地デジチューナーが入っているので、ただのモニタ然とした使い方になっててもったいないじゃん?
 昨日、ふと思いだし、ダメモトで前述の室内アンテナをテレビの地デジアンテナ接続端子につないでみたのよ。
 そしたら、あっさり映った! ケーブルを引き回してアンテナを窓際に置いて、受像限界ギリギリの受信という感じだけど、一度チューニング設定してしまえば、安定している。
 うちから東京タワーは見通せないどころか、我が家(社宅)はマンションに囲まれた中の平屋なので、多素子の屋外UHFアンテナを立てなければ、地デジが絶対に映らないだろうという先入観があった。
 1年前に試した時はダメだったからね。
 昨年12月にフルパワー送信化されたというのは知っていたが、たぶんそれ以後、視られるようになったんだろうな。もっと早く試せばよかったぜ。

新しいテレビ

 結婚当時に購入以来14年間使ってきたテレビだが、画面が暗くなり、ついに、リモコン信号を受信しなくなった。
 ってことで、先日、新しいのを購入。
 うちはCATVに加入していて、そこからデジタル配信されているため、既存のテレビでも地上波デジタルとかBSデジタルも見る事ができた。だから、チューナー無しのモニタがよかったんだよね。
 ところが、そういうのは逆に高い。マニアックな商品なのかねぇ。
 結果的に、購入したのは、ビクターの去年6月モデルの26V型液晶テレビ。(我が家としては無駄に)地上/BS/CSのデジアナ・フルチューナー。これでも全然1万チロル以下だったから、まぁ、お買い得ではあったが。

 で、CATVチューナからD端子接続してデジタル放送を見たら、すげー綺麗だね。さすがって感じ。
 こういう映像を見てしまうと、今度はデジタル録画できる機器が欲しくなるね(笑)。やばいやばい。

 でも、テレビの上に物を置けなくなったのが、ちょっと悲しい、小市民。