復活のAJ

 アップル、「アップルジャパン」へ社名変更 (2007.03.15 MYCOMジャーナル) というニュース。

 ちょっと前に、アメリカの「アップルコンピュータ」が「アップル」に社名変更したが、日本法人は社名変更は未定としていたんだよね。
 それが、「アップルコンピュータ」から「アップルジャパン」に社名変更だって。

 いやぁ、いいなぁ。確か昔は「アップルジャパン」だったと思う。

 俺なんかは、漢字Talk7(現在は全世界的に「Mac OS」と統一されてるけど、昔は、日本を含む2バイト言語圏用は特別視されて、ほとんど別OS扱いだった)がリリースされて、やっとまっとうな日本語版が登場した頃に、カラクラを衝動買いしたのが初めてのMacという、ミーハー野郎だけども、それでも早十数年。
「アップルジャパン」という言葉の響きは、長年のつきあいの旧友の名前を再確認したみたいな感覚があるぞ。

 あと、ハイパーカードとか、RAM Doublerとか、ADBポートとか、Phone-Netとかを思い出すなぁ。
 1個千円くらいのアダプタを各Macに付けて、それらを電話用のモジュラージャック線で繋げば、小規模LANが出来た(仕組みはsystemに組込まれていた)ってのは、画期的だったよね。

 やっぱり、略称は”AJ”で決まりだよね!

2002/05/25

ADSL開通から10日経過。
遅い原因はAirMacベースステーションからのノイズだったようだ(笑)。ADSLモデムの上にAirMacBSを置いていたんだけど、AirMacBSを1m程離し、壁掛にした。見通し距離も改善した。
加えて、モジュラーケーブルを、短いツイストペアシールド(フェライトコア付)の高級なやつ(電話線ごときで0.7mで600円もした)に変更し、ラインノイズフィルタモジュールも取り付けた。
なんと、これであっさりリンク速度2.2MBitを記録。スループットでも上り1.5M前後で安定している。NTT収容局から3Km近く離れている事を考えると、納得の速度かな。
あとは、TCP/IPパラメータとかのソフト的な微妙なチューンを施すとする。

伊藤俊人氏がくも膜下出血のため40歳の若さで逝去された。ファンというほどでもなかったけど、軽妙なバイプレーヤーとして、なんとなく気になる役者さんだった。
慎んでご冥福をお祈りいたします。