ノートの日付

 ノートにどうやって日付をかっこよく書くか(2011.09.20 TAROSITE.NET) という記事を見て。

 俺は、昔からメモ魔だ。いわゆる情報整理術なんかの類の本で、よく「とにかく、記録。書いて忘れる。ただし記録は一元化して、『記録は、そこを見ればかならずある』という環境が大切」と書かれているが、悪いが俺は、そんな事は二十年来実践しているなあ。無意識に。
 まぁ、完全に一元管理ではないものの、基本的には、ひとつのノートとひとつのデジタル環境。そのどちらかに記録するようにしている。
 時代とともに、その時々によって少しずつ環境は変わっているが、その大筋は変らない。現在では、バイブルサイズのシステム手帳(中身はフリー罫紙)とEvernote。基本的には、このどちらかに記録している。

 で、メモの方法は、とにかく時系列に書く。プロジェクト別とかそんなの気にしない。
 もちろん俺の個人的な感覚だが、人間って、大ざっぱに「あのメモは、だいたいあの頃に書いたよな」ってなくらいは覚えているものだと思う。その程度でも意外に検索可能。あまり細分化されていると、どの項目に書いたかとかまで——頭の中で——検索しなければならず、かえって手間取る。

メモ
 字が汚いのはおいといて(笑)、頭に6ケタで日付を着けて、簡易で適当なタイトルを書く。その後にメモを記述。昔はメモ毎に横線で区切ってもいたのだが、なんかそれだと線が目立ち、回りの人がのぞき込むんだよね(被害妄想かもしれないが)。
 Evernoteでも、とにかく、メモ(ノート)のタイトルの頭に6ケタで日付を入れている。

 この手法、昔、Newton MessagePad を使っていた時の名残でもある。Newtonの標準機能のメモ帳は、トイレットペーパーみたいに縦長の用紙に記述していくようなイメージで、どこでも横線を引くと、そこで新しい日付のついたメモの仕切りになった。

 情報整理術は無数にあるけど、結局は単純なのがいいんだよね。

iPhone OS 3.0 メモの同期

 物書き趣味&メモ魔な俺としては、メモの同期も嬉しい新機能だ。
 iPhoneの「メモ」と、Macでは、Mail.app のメモと同期される。プレーンテキストではなくxmlファイルやmboxやらになってしまう訳だが、Spotlightで検索できるし、簡単にテキストで書出しもできるので、悪くない。

 今まで、メモはToFu Editorに入力していたけど、標準のメモの方が軽いし、iPhoneにもSpotlight検索が新規搭載され、その検索に掛かるようになったし。
 ToFuは、日記と長文専用にしよう。

システム手帳、2週間

 Zaurus/ザウルスが故障しそうなのでシステム手帳に戻って2週間。楽しい。
 資料やらデータやらを無地フィリルに印刷して綴るのが楽しい。たいした使い方ではないが、いくつかのリフィルを自作するのが楽しい。そして何より、書くのが楽しい。
 物書きは大好きだし、手帳にチマチマと書き込むのも大好き。
 元々メモ魔(というより、書いたらすぐ忘れるため)でもあるので、用紙の消費量は激しい。でも、楽しいので良し。

 お話を書くのなら、ザウルスの方が便利だ。テキストエディタで書いて、そのままSDカード経由でMacに読み込めるからね。でも、ネタ帳としては紙の手帳にも分がある。これも一覧性が高いというのかな、時間が空いた時にペラペラとめくって見るのも楽しい。

 ちなみに、俺のシステム手帳は、前方がスケジュール帳兼行動記録。中頃が仕事用のメモ帳。後方がプライベート用メモ帳(ネタ帳)という綴りにしているのだが、ネタ帳部分が着実に増える。2冊に訳ないとダメかもしれない(笑)。
 情報はなるべく一元管理。あちこちに分けるのは好きではないのだが。

 あぁ、なんか訳解らない記事になってしまった(笑)。

 それにしても、字が書けなくなってるよなぁ。

テンプレートを作るのは意外とアナログ作業

 えっと、以下は、テンプレート作成の方法とか入門講座とかではない、ただの雑記であることを念のため申し添えておく。しかも、支離滅裂なひとりごと(笑)。

 俺は、創作を始める時は、ほとんどの場合、まずブレーンストーミングを行う。小説や詩を書こうと思ったら、テキストエディタに思いつく言葉や単語などを列記して、並べ替えたり、繋げたり。紙にメモしたり。
 というか、正確には、日常の何気ないメモ(俺はかなりのメモ魔だ)から小説の断片になったり、さらに文章になったりするのだが。

060111.jpg ブログのテンプレートを作るのもそう。街中でケータイに撮った立体物や記号や看板という広義でのメモを元にしたり、作成テーマに則って、思いつく事を書き出す。
 そして、ある程度方向性が決まったら、方眼紙に大ざっぱにレイアウトし、さらに細部のパーツを作っていく。
 共同作業者がいる場合には、とりあえずドローソフトでレイアウトを作って提示してみたり。

 基本的には試行錯誤の果ての「現地微調整」なんだけど、とにかく、組立てはじめたらその都度、数値化されていないと不安になる。物なら寸法。文章なら分量や段落のバランス。
 Mac上の作業で修正した数値も、方眼紙に転記したりすることもある。
 もしかしたら、俺がいきなりドローソフトを駆使したり、ドット絵を描いていたりというのを想像していた人がいるかもしれないけど、結局、紙とペンで作業している時間が意外と長い。
 やっぱりアナログが落ち着く、っつーか、線を引くのが好き。

 そんな事を考えた四十の夜。

小使い帳

 なまけもも日記 家計簿を付けよう♪ に、ねこぱんち!

 実は小使い帳を付けている。
 10歳くらいから初めて、高校生の頃に中断して、結婚後に復活して以来10年くらい続いてるかな。
 エクセルで収支を記録してるだけで、傾向分析とか反省とかはしてないけど。
 元々、いわゆる「メモ魔」な性分なので、なんでも手帖やノート、付箋、今ならPDAとか、エクセルに記録する。
 まぁ、そうやってメモした時点で安心して忘れちゃうってことも多々あるけどね。
 っていうか、PDAとノートは、ほとんどネタ帳だし(笑)。
 そんなもんかなぁ、と。