マグネットの上でMacを使おうっていうんだ。保証の限りではないとさ。

 俺が2月まで使っていたMacBook Pro 13インチ(Mid2010)を息子に渡し、iPadとの同期くらいにしか使わないという娘に今まで家族共用だったMacBook(Late2008)を渡し、家族全員が専用Macを持つ事になったので家族共用機スペースは不要になった。ここを本格的に仕事スペースにすべく、机配置を変更。古いゲームソフトや書籍を処分。
20130503_desk
 うむ。だいぶ「仕事場」らしくなった。LDの隅には変わりはないけれども(笑)。
 でも、全面マグネットの平行定規の上にパソコンを置きっ放しでも大丈夫だろうかね? 素人考えだけど、MacBook Proはアルミ筐体なので磁力を遮断するから大丈夫だろうと思っているが。


WPTouchでのモバイルテーマ切替えの問題が解決

 WordPress(現バージョンは3.3.1)環境に移行した当ブログだが、デフォルトテーマである「Twenty Eleven」をちょこっと改造したテーマを適用している。
 この Twenty Eleven は、CSS3のメディア・クエリーとかって機能を使い、「レスポンシブWebデザイン」というのになっているんだって。俺は良くわからんけども(笑)、要するにひとつのCSSで、パソコンのみではなくタブレット端末やスマートフォンにも対応できる可変レイアウトなんだとか。パソコンのWebブラウザで表示していても、幅を狭めていくと1カラムになりサイドバーが下に行き(いわゆるサイドバー落ちとは違う)、フォントサイズも調整されて細幅モードになる。凄い。
 当ブログでは、それとは別に、スマートフォン用の簡易表示に変換する WPTouch(現バージョンは1.9.38)という定番プラグインも導入してあり、これも、プラグインを有効にすればiPhoneなどに最適化された表示にしてくれるという優れもの。
 WPTouchを有効にすると、iPhoneでアクセスすると一番下にモバイルテーマのON/OFF切替えボタンが付くのだが、これがどうにもうまく動作しなかった。表示項目などの設定変更してもすぐに反映されないことから、何かしらのキャッシュが影響しているのだろうなと考え、WP Super Cache プラグインをオフにしてみると、的中。モバイルテーマの切替えがちゃんとできるようになったよ。
 しかし、WPTouch も WP Super Cache も使いたいので、どうしたもんだろとググってみたら、それらの共存方法が見つかった。
 「WPtouch と WP Super Cache を併用するための設定 | さあ WordPress をはじめよう」 を参考に、下記の設定をして、無事解決。

 WPtouch の設定で「Advanced Options」の “The currently enabled user-agents are:” 以下を選択しコピー。
 WP Super Cache の設定で、「詳細」タブで “Mobile device support. (External plugin or theme required. See the FAQ for further details.)” をチェック。
「除外するユーザーエージェント」の一番下に、WPtouch でコピーしたテキストを貼付け、ユーザーエージェントの間の、半角スペースとカンマを消してそれぞれ改行し、[UA 文字列を保存] をクリック。
「簡易」タブで「キャッシュを削除」ボタンをクリック。

 以上。
 解決してよかった。


スティーブ・ジョブズさん、お疲れさま

 10月5日、アップルの前CEO、スティーブ・ジョブズさんが亡くなった。
 正直に言えば、8月末に体調不良を理由にCEOを辞任した時に——いや、もっと前からの病気療養の頃から——とても心配していた。でも、アップルへの完全復帰は無理としても、今後の生活をのんびりと過して欲しいと願っていた。

 いくら大好きな企業とはいえ、俺の今までの人生において、その会社の社長・会長の訃報に対してこれほどまでに感慨にひたる事は、皆無に近い。というか、企業トップのお名前を知らない企業がほとんどだ(笑)。
 もちろん、ジョブズさんと話をした事も会った事もない。イベント等でお姿を拝見した事すらない。

 俺が初めてMacを購入したのは、たしか1993年頃。ColorClassicだった。当時のCEOはジョン・スカリーさん。それ以前のジョブズさんについては「伝説」として知っている程度だった。偉大な創業者だとは認識していたが、功績などを聞いても実感が湧かなかったな。
 しかし、前世紀末に経営的にどん底だったアップルに復帰してからのジョブズさんについては、リアルタイムで知っている訳で。
 俺としては、Newtonやクラリス社を切ったのは、いまだにちょっと許せないけれども(笑)、それを加味してもなお、ジョブズさんの功績は偉大だと思う。俺ごときが言うまでもない事だが(笑)。

 ともかく、我家では18年間ずっとMac一筋。子供たちなんか、物心ついた時にはすでにMacがある生活だよ。小学校当時のパソコンの授業は「画面の文字が汚くて気持ち悪い」とか「なんでマウスにボタンが2個もあるの?」とか、苦痛だったらしい(笑)。誤解されるのを承知であえて極論を言えば、これがMacの素晴らしさなんだよな。

 なんだかジョブズさんとは関係ないグダグダの文章になってしまったが、ご容赦願いたい。

 ジョブズさん、お疲れさまでした。でも、また新しい世界で何かスゲー物を発明しているかもしれませんね。いずれ俺がそっちへ行った時には、またそちらでもワクワクできる物がそろっているんでしょうなぁ。

 ご冥福をお祈りいたします。


ってことで、GPSロガーに移行

 前回の記事のとおり、Eye-Fi Pro X2を購入したものの、俺の希望の目的にはかなわずガッカリしたのだが、もはや「I-10で撮影した写真にも簡単にジオタグを付けたい」熱は高まる一方。
 今まで気になってはいたけど、買わずにいたGPSロガーを買ってしまったよ。

 選んだのは、ソニーの GPS-CS3K というやつ。
SONY GPSユニットキット GPS-CS3K
B001U65SL4

 こいつは、電源を入れると、GPSによる測位結果を粛々と記録してくれるというもの。公称値で単三電池1本で15時間程度使えるらしい。
 これを持ち歩けば、俺が移動記録をため込んでくれる。
GPSロガー
GPSロガー
 で、この小さい機器本体だけで、デジカメ写真にジオタグを付与することができるんだよ!
 デジカメで撮影した写真が入っているメモリースティックDuoかSDカードをそのまま挿入することができて、撮影日時と記録された位置情報の日時を照合して、写真にジオタグを追加してくれる。もうね、ひじょうに簡単だよ。
 付属ソフトはWindows用で、Macでは使えないけど、上記のとおりGPS-CS3K本体のみでもサクっとできるので、問題なし。
 ちなみに、付属のUSBケーブルでパソコンに繋げば、マスストレージデバイスとして認識されるので、Macでも位置情報ログデータをコピーすることは可能。それを汎用のデータ型式に変換するフリーソフトもいくつかあるらしので、MacでもログからGoogleマップに移動ルートを表示させる事とか可能のようだ。

 明日から色々使ってみる。


村役場で飲んできた

 昨日、きんぐぴんほーる氏と秋葉原散策&飲み会を行った。
 我が家で動態保存してあったPowerBook G4 を氏に譲ったのだが、Macは初めてということで、僭越ながら少々のレクチャーをしましょう、と言うことになり、秋葉原で会ってきた次第。どうせなら、お互いのMacを持ち寄り、どこかで実機を操作しながらの方が教えやすいと思い、いい所はないかなと、FREESPOTで探したら、村役場秋葉原店を見つけた。
 普通の居酒屋なんだけど、FREESPOTによる無線LANと電源が無料で使い放題らしい。素晴らしい!
 この村役場の前は幾度となく通り、ずっと、その店名が気になっていたんだけど、無線LANが使えるとかは全く知らず、なんか古くさい雑居ビルの地下ってことで、申し訳ないけど入った事はなかった。今回が初挑戦!
 店の入口にも店内にも、無線LANがどうのこうのとかパソコンがどうのこうのといった事は一切掲示されていない。昭和の雰囲気が漂う、極普通の居酒屋だ。誰もパソコンなんか出していない(笑)。
 最初、入口から手前のテーブル席に案内された。なんだかノートパソコンを広げられる雰囲気ではない。
 恐る恐る、店員さんに
「インターネットと電源を使わせていただけると聞いて、パソコンを持ってきたんですけど」
 と聞いてみた。
「あ、パソコンですか。あちらへどうぞ」
 と、座敷席の奥に案内される。壁に露出配線で引き回せた2口コンセントがぶら下がっていた(笑)。
 早速ふたりしてMacを取り出す。本当に無線LANに繋がるよ。計測サイトで確認すると、速度は12MB前後。十分十分。
 秋葉原という場所柄、フリースポットにぶら下がったままでパスワードを入力したりするのは怖い。あと、ファイル共有などの共有設定はオフにしておいた方がいいだろう。
 ちなみに、きんぐぴんほーる氏は、この店で、おもむろにDVDをとりだし、TigerからLeopardにアップデートしてた。居酒屋でMac OSXのアップデート作業をしてる人を初めて見たよ(笑)。

 村役場。料理は美味しくて値段もリーズナブル。さらに無線LANと電源を無料で使わせていただけるって事で、居心地良すぎる。夕方の4時半頃から6時間くらい長いしてしまった。
 また必ず行くぞ!


メモ

 どうしようかねぇ。

・ここの他にザク専門ブログを作っているんだけど、1年以上放置状態。

・ここのブログのテンプレート。気に入ってはいるけど、さすがに数年そのままってのもなぁ。

・上記に関係するんだけど、もうそろそろ、ブログの横幅を800ピクセルにこだわるのはやめてもいいのかもね。本文とサイドバーを黄金比にするのは守りたいけども、パソコンの画面サイズはたいてい広くなっているし、携帯端末では、それなりに綺麗に見やすく縮小やレイアウト変更して表示できてるし、FC2ではケータイ用やiPhone用の表示モードもあるしね。

・でも、テンプレートのネタは枯れてしまっている。というオチ。


アップデート・ラッシュ

 iPhoneアプリのアップデート・ラッシュだ。iPhoneのAppStoreや、MacのiTunesに、毎日3〜4個の「アップデートあり」が表示される。
 いうまでもなく、そのほとんどはiPhoneOS3.0対応化のアップデート。こうしてアップデートして使い勝手が向上するってのは、ケータイというよりパソコンぽい。
 iPhoneは1年使ってきた事になるのだが、全然飽きない。こんな「ケータイ」は今までなかったよ。


表紙と言えばアジャ

 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』公開記念 – Mac Fanの表紙にアスカとレイ! (2009.06.19 マイコミジャーナル)

毎日コミュニケーションズ発行のMac専門誌「Mac Fan」。その8月号(6月29日発売)では、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のアスカとレイがAppleのiPodを聴いているイラストが表紙を飾る! そして、そのイラストは、A2サイズのポスターとなって抽選で500名にプレゼントされるという。また、クリエイターがMacを使用した作品の作成工程を紹介する連載「プロなみ」コーナーでは、イラストを画稿したコヤマシゲト氏の取材記事も展開されるのでこちらも要注目だ。

 はぁ。キャンペーンとはいえ、違和感あるなぁ。
 MacFanの表紙と言えば、アジャ・コングさんを思い出す。あ、そういえば、パソコン雑誌創刊号の表紙がアジャ・コングさんってのも意外だった。ってことは、今回のもアリか……。


ゴミが増える

 引越し準備をしていると、ゴミが増える。実際に増えた訳ではなく、正しくは見落としていたんだが。
 ともかく、粗大ゴミ券1800円分を追加購入してこなければ。
 その他に、古いパソコンモニターとか家電リサイクル法対象品目もあるしなぁ。うー。
 逝ってしまって久しいDuoDockが残っているんだが、これはどうすりゃいいんだろ。アップルジャパンの家電リサイクル関連ページにも、DuoDockは掲載されてないし(笑)。明日AJに電話してみよ。


Macのシェアが10%へ

 世界のOSシェア,Windowsが90%割る一方で,Macが10%台へ (2009.01.03 メディア・パブ)

世界のOSシェアで,Macが間もなく10%台に乗せることになりそうだ。

 Net Applicationsが測定した2008年12月のOSシェアによると,Webにアクセスしたパソコンの10%近くがMacであった。Macのシェアが11月の8.87%から 12月の9.63%へと大きく跳ね上がったのだ。一方,ダントツのOSであるWindowsは逆に,シェアを11月の89.62%から12月の 88.68%へと減らしている。

 おお。正月早々、嬉しいニュースだねぇ。確かに、15年くらい前のMacブームの時よりも最近のMac人気は熱いように思う。
 確実に対応周辺機器やソフトも増えている。現在のMacはWindowsPCと共通の部品も多く、周辺機器もWin/Mac両用にしやすいとか、MacでもWindowsがネイティブで動くようになったってのもあるだろうけど、基本的に企業としては売れる見込みの無い製品は製造・販売しないわけで。
 いやぁ、めでたいなぁ。