村役場で飲んできた

 昨日、きんぐぴんほーる氏と秋葉原散策&飲み会を行った。
 我が家で動態保存してあったPowerBook G4 を氏に譲ったのだが、Macは初めてということで、僭越ながら少々のレクチャーをしましょう、と言うことになり、秋葉原で会ってきた次第。どうせなら、お互いのMacを持ち寄り、どこかで実機を操作しながらの方が教えやすいと思い、いい所はないかなと、FREESPOTで探したら、村役場秋葉原店を見つけた。
 普通の居酒屋なんだけど、FREESPOTによる無線LANと電源が無料で使い放題らしい。素晴らしい!
 この村役場の前は幾度となく通り、ずっと、その店名が気になっていたんだけど、無線LANが使えるとかは全く知らず、なんか古くさい雑居ビルの地下ってことで、申し訳ないけど入った事はなかった。今回が初挑戦!
 店の入口にも店内にも、無線LANがどうのこうのとかパソコンがどうのこうのといった事は一切掲示されていない。昭和の雰囲気が漂う、極普通の居酒屋だ。誰もパソコンなんか出していない(笑)。
 最初、入口から手前のテーブル席に案内された。なんだかノートパソコンを広げられる雰囲気ではない。
 恐る恐る、店員さんに
「インターネットと電源を使わせていただけると聞いて、パソコンを持ってきたんですけど」
 と聞いてみた。
「あ、パソコンですか。あちらへどうぞ」
 と、座敷席の奥に案内される。壁に露出配線で引き回せた2口コンセントがぶら下がっていた(笑)。
 早速ふたりしてMacを取り出す。本当に無線LANに繋がるよ。計測サイトで確認すると、速度は12MB前後。十分十分。
 秋葉原という場所柄、フリースポットにぶら下がったままでパスワードを入力したりするのは怖い。あと、ファイル共有などの共有設定はオフにしておいた方がいいだろう。
 ちなみに、きんぐぴんほーる氏は、この店で、おもむろにDVDをとりだし、TigerからLeopardにアップデートしてた。居酒屋でMac OSXのアップデート作業をしてる人を初めて見たよ(笑)。

 村役場。料理は美味しくて値段もリーズナブル。さらに無線LANと電源を無料で使わせていただけるって事で、居心地良すぎる。夕方の4時半頃から6時間くらい長いしてしまった。
 また必ず行くぞ!


まずメールアドレスを設定

 間もなくiPhone OS 3.0 アップデーターが登場する(公式発表で18日)。これによりiPhoneでもMMS(S!メール)が送受信できるようになるのだが、それに先立ち、MMS用アドレス(@softbank.ne.jp)の発行・付与がなされた。
 発行当初は、@より前の部分がランダム文字列になっているので、早速、これを変更してきた。
 変更は、PC等、iPhone以外でMySoftbakにアクセスして、メール設定に進む。iPhoneでアクセスした場合、iPhone用のメール(@i.softbank.jp)しか変更できない。逆を言えば、@i.softbank.jpのアドレスを変更したい時はiPhoneでアクセスする必要がある。メール設定用パスワードもPC用とiPhone用で違うので、ここで数分悩んだよ(笑)。

 さて。もうすぐ3.0のダウンロードが開始される。ワクワク。

 追記。
 6/18になって、MMS(S!メール)の設定が、PCでもiPhoneでも可能になった。


公衆無線LANし放題の開始日だね

 iPhone 3Gユーザー向けに「公衆無線LANし放題」を無償提供 というプレスリリースのとおり、日付変わって本日より、iPhoneで、BBモバイルポイントの利用が無料提供されるはずだが。
 申込不要らしいが、IDとパスワードってどうなってるんだろ。Yahoo!IDでいいのかな。
 とりあえず、自宅付近と職場付近、及び日々の営業で出没するする付近のマクドナルドの位置は覚えておいた。


言葉がわからないが

 アップルから? メールが届いた。

アップルからメール?

 この差出人アドレスを過去に受信したメールから検索したら、アップルID(デベロッパサイトやディスカッションボード、アップルストア等にログインするためのID)のパスワードを忘れてしまい初期化の申請した時に送られてきたメールと同じアドレスだった。
 しかし、複数あったそれらは日本語か英語だった。

 今回のは、言葉がわからないが、イタリア語か? パスワードの変更の方法を案内しているようだが、身に覚えが無いので、無視。偽装メールのフィッシング詐欺かも知れないしね。

 このメールに記載されているリンク先ではなく、自分でアップルのサポートページにアクセスして、パスワードの変更をしておいた。


iPhoneのSafariは、やっぱり凄い

 iPhoneに搭載しているWebブラウザ、Safari。携帯端末のフルブラウザとしては、群を抜くレイアウトの再現性で、かなり便利。
 よく落ちるので、正直言って、今のところ「快適」とは言い難いが、iPhoneはMacのようにソフトウェアアップデートによって進化・修正がなされるようなので、今後の改善に期待する。
 閑話休題。
 Webブラウズしている時、まずは320*420の(Macに比べれば)小さい画面に、全体表示が表示される。サイトの横幅を、画面横幅に合わせて縮小表示されるわけだ。この時点で、文字判読はつらいが、レイアウトの再現性は抜群。
iPhone Safari
 部分的に拡大縮小したい時は、指を二本置いて、その部分を広げたり縮めたりという操作をする。これをピンチと呼ぶらしいけど、文章で説明するのは難しいね(笑)。
 通常は、そのピンチをするんだけど、テキスト入力をする箇所の場合は、そのテキスト入力欄をタップすると、キーボードが表示されると同時に、その欄が自動的に、画面幅一杯に拡大される。この時表示されるキーボードは、基本的には直前に使ったキーボードが表示されるが、IDやパスワードを入力する欄をタップした時には、英語キーボードになるようだ(そんな気がする。ID欄を選んでも、なぜか日本語のケータイ方式キーボードの場合もあるので、確信は持てない(笑))。こういう配慮は、いかにもアップルらしいエレガントさだよね。
iPhone Safari
 テキスト欄への入力が終わったら、画面をダブルタップすると、カラムの幅(例えば、ブログでその入力欄が存在しているエントリー欄の幅)にズームアウト、更にダブルタップすると、サイト幅全体までズームアウトする。
iPhone Safari
 これらで気付いたんだけど、入力欄に限らず、どこかをダブルタップすると、そのカラム幅にズームするようだ。ブログで、サイドバーのどこかをダブルタップすると、サイドバーの幅にズーム、みたいな感じで。
iPhone Safari
 小さい画面なりに使い勝手を考えられていて、すげーよ、iPhone版Safari。


そろそろ潮時か

 メールが受信できないプロバイダって、どうよ!?

 最近、零時前後になるとOCNのメールが受信できなくなる事が頻発している。
 メーラーを起動し、受信パスワードを入れると、「POPサーバはユーザのパスワードを拒否しました」とエラーになる。

 どうなってるんだよ、OCN。不具合報告もないし、何度も問い合わせても、要領を得ない返事で。
 そうじゃなくても、迷惑メール対策とか受信拒否フィルタとか転送設定とか、諸々の機能がそこいらのフリーメールにも劣るへぼさなのに、しっかりプロバイダ契約料金を取ってるんだからさ。少なくとも、極々最低限のメール送受信くらい不具合なくしてくれよ。

 メール受信ができない恐れがあるってことは、このOCNのメールアカウントが使えない、大事な連絡用には安心して使えないって事だよなぁ。
 俺が今までプロバイダをOCNのまま何年も変更しないでいるのは、もはや、メールアドレスの変更が面倒なだけなんだ。そのメールアドレスが快適にとは言わないまでも安心して使えないとなると、嫌でも変更しなきゃならないし、そうなると、OCNに居残る理由はなくなる。


Mac OSX Leopard 導入初期の感想(3)

 昨日、突然不可視ファイルが表示されてしまう不具合が出た時に思ったのだが、滅多に使わないんだけでも、やっぱり一応rootアクセスは有効にしておきたい。自分専用のMacBookなんだし。
 だけど、LeopardにはNetInfoマネージャがないじゃん! ってな事で慌てているくらいだから、もちろん俺はUNIXには明るくない。

 ネット検索してみたら、ターミナルコマンド “sudo passwd root”でroot用パスワードを設定すればいいみたい。
 さらに、ユーティリティフォルダの中にあるディレクトリユーティリティってツールでも設定できるね。これの編集メニュー中に「ルートディレクトリを有効」って項目がある(これを選ぶためにはカギを開ける)。

 うむ、解決。


これが鍵だと言われてもなぁ

 先日、ジャパンネット銀行から「トークン」ってのが届いた。


 今までの認証乱数カードに変えて、振込などの認証コード(第2パスワード)が必要な操作の時に、これを使えって。
 1分毎に8桁の乱数が自動生成される。それがパスワード。同じのは2度以上使えない。
 通信はしてないから、なお安全だという。どういう仕組みなのか分からないけど、すげーな。
 でも、こんな小さいの、無くしたらどうしよう。

 ちなみに、ジャパンネット銀行の親会社(?)の三井住友銀行にもWeb口座をもっているが、こちらもオプションで同じ形のトークンが使える(こっちは有料なので使ってないけど)。
 近いうちに、全部のWeb口座でトークンが必要になるのかなぁ。同じようなのを何個も携帯しなきゃならんの?(笑)
 いや、これは過渡期のシステムかな。指紋認証とかになるんだろうね。


どうせ除籍だよ!悪かったな!

 先日、ADSLからBフレッツに乗換えて、承知しているボトルネックを解消すべく、無線LANルータを11MB対応のものから54MB対応のものに買い替えたわけだが。

 買ったのは、中古のAirMac Express ベースステーション。
 帰宅して、こいつの設定をしようと配線して、AirMac管理ユーティリティ(設定用ソフト)を起動する。
 目的のAirMac(ルータ)を検索すると、SUT-KOU2 ってネットワーク名を検出した。中古で買ったからね。前の持ち主がつけた名前なんだろうな。
 じゃぁ、リセット。まっさらにして、改めて我家用に設定するさ。
 取説の通りに、初期状態に戻すリセットスイッチを押す。
 再度、管理ユーティリティを起動。またでたぞ、SUT-KOU2 って。
 おかしいなぁ。この状態だと、ベースステーションにアクセスできない。パスワード設定されているようだ。それも前持ち主によるもので、当然、解りようもない。
 まいったな。

 ここで、ふと気付いたが、SUTって、東京理科大学の略称と同じだ。さらにKOU2ってのは、工学部第二部か。
 うむ……。

 俺は、どうあがいても、理科大工学部とは縁がないらしい(苦笑)。

 数回リセットしたらまっさらになったが……。
 すげー気分悪い!

 寝る!


MacOS X 10.4 “Tiger” を購入、まずはSafari RSSについて

 4月29日に発売開始したMacOS X 10.4 “Tiger” を、本日買ってきた。
 18GBあるHomeのバックアップに90分、その後、10.3 Panther からのアップグレード・インストールに55分。
 で、23時に終了。

  MacOXは、マルチユーザ対応のUNIXだから、起動すると毎回アカウントとパスワードを入れる訳なんだけど、Tigerでは、その時の入力モードが全角になってる。普通、アカウントは半角英数で登録しないか?
 実際、Pantherでは、デスクトップが表示されるまでは半角モードのままだったぞ。

 次。とりあえず、一番使うであろう、Webブラウザ。その純正最新版 Safari RSS を使用(試用)中。
 Firefoxをメインに使いはじめて以来約5ヶ月ぶりなので、こっちに残ってるブックマークが古いので、それだけで、使いにくさが微増(笑)。
 いやしかし、起動はFirefoxより早い。
 いまのところ、よっぽどクセのあるサイト以外は、CSSの表示崩れもないし、表示も、前バージョンのような異様な速さほどではないにしても、快適な部類。

 今回の新規追加機能としては最大の特徴である、RSSリーダー機能。
 これは、ちょっとしか使ってないけど、さすがアップルって感じ。実にスマートに、WebブラウザとRSSリーダーの融合に成功している。
 単純にいえば、普通に巡回しているWebサイトのひとつのページとしてRSSリーダーが組み込まれている感じか? うまくいえないけども。
 まだ自分のサイトで数回確認しただけなので、全貌はわからんけど、もしもFirefoxのライブブックマークだけを使っていた人にとっては、それからの乗換えに十分値するんじゃないだろうか。
 俺は、NewsFireで受信したRSSから各記事へ個別に飛ぶというのが主で、Firefoxのライブブックマークはまったく使っていなかったが、できれば、ブラウザとRSSリーダーはシームレスの方がいいに決まっている。このSafari RSS、その要望に答えてくれそうだ。
 少しの間、こっちを使ってみるか。
 RSSリーダーとしてのリストアップやブックマークの方法も提供されていれば、もろ手を上げてオススメするんだが、それは、このあと確認する。

 あ、でも、アイコンは旧Safariのままだし、アプリ名もSafari.appのままだよ。
 再起動すれば治ってるかな。