リュックのコーティングを剥がせ!


 久し振りに使おうと手に取ったボブルビー ピープルズ デライト エアロ(以下「ボブルビー」)。だが、表面がベタベタしていた。
 シェル表面にシリコンコーティングが施されているモデルなので、加水分解ってやつだな。

 BOBLBEE/ボブルビー。
 20年くらい前の登場時、瞬く間に大人気になり、自ら購入しなくとも、その独特なフォルム(ABS樹脂製のハードシェル)のバックパックを見掛けたことがある方は多いと思う。
 最近、バイク乗りの間でブーム再燃しているらしい。

 これまで、2つのボブルビーを所有した。最初のは、それこそ最初期のピープルズ デライトを、某日本初の有料民間衛星放送の入会時プレゼント抽選だか開局十周年だか、なんらかの懸賞に当選していただいたもの。
 既に20年経つが、未だ現役。現在は息子に譲ってある。
 バイクに乗るのが好きな息子が、数年前に「ボブルビー良さそうだよね。お父さんの古いの貸して」と言うので、貸したら気に入ってくれて、以後愛用してくれている。

 件の表面コーティングがベタベタになってしまった方は、2010年12月購入。ブームの谷間の頃だったと記憶している。なので、時期的に素のモデルだと恥ずかしいので、一見ではボブルビーっぽくないフロントポケット付きを購入した。このオプションのおかげで結構高かったが。

 コーティングを剥がす前に、まず、フロントカバー&ポケットを外した。ポケットはボロボロだったので、だいぶ前から外したいと思っていたので、好機ともいえる。

↓フロントポケット取り外し前の状態。(10年前の購入当時の写真)

(先日の日記に書いた風呂敷もそうだが、10年経過すると物品にも何かしら転機が起るものなのかね。)

 コーティングを剥がすのは大変だった。プラモデル用の塗料溶剤(いわゆるシンナーの類)とマイペット、重曹配合ウェットシートを駆使して格闘すること3時間!
 塗料溶剤をバシャバシャかけてガシガシこすればもう少し短時間でコーティングを剥がせるのだが、ABS樹脂はシンナーに弱く、浸透するとひび割れが発生してしまうので、用心のため浸透する前に小まめにふき取りしながらの作業。こういう時に「ガンプラが趣味で良かった」と思ったね。多少の予備知識が役に立った。


 ボブルビーは、若干のモデルチェンジをしてはいるものの、ほぼオリジナルモデルのままで現在も存続している。昨年には、自動車のボディーにも使われているようなナントカカーボンでできたシェルを採用したプレミアムモデルもリリースされた。10万円以上するが。

 今回、コーティングを剥がしている途中で「予想以上に大変だな。新しいのを買うか」とも考えた。
 が。俺の持っているボブルビーは、“BOBLBEE” 又は“BOBLBE-E”ロゴがついている初代メーカーであるボブルビー社製造の製品だ。
 2015年にボブルビー社からポイント65社へハードシェルバックパック製品のライセンスが譲渡されたため、現在は製品名にだけその名が残っていて、製品そのものには、ポイント65社のロゴがこれでもかといわんばかりの大きさで刻まれている。
 それを否定つもりはまったくない。いつか新品を買うかも知れないし。
 ポイント65社もボブルビーを大事にしてくれているというのは伝わってくる。品質にも問題ないだろう。ただ、せっかく持っている「ボブルビー社製」なので、大切にしたいという思いだけ。

 バイク乗りでもアウトドア派でもないが、ボブルビーを背負ってもいいよね。
 少なくとも、流行に乗って購入して飽きて放置とかではなく、まぁ、コレクターやマニアでもないけれど、本当に好きなのよ、ボブルビー。

SLICKSの出番

(null)

 高かったけど思い切って購入し一週間前に届いていた SLICKS Travel System バックパックが、やっと明日に出番!
 と言っても泊まり出張ではなく、大量の提出書類を持っていくためなので、まずは衣料用サブバッグなどははずしての使用だけれど。
 普段使いから3泊程度の出張まで対応できる、絶妙な収納仕組みと収納容量。まずは普段使いから試してやろうじゃないの。

 早く、これで旅行に出かけたいなあ。

これが……ボビルビーの、ザクか……!?

 BOBLBE−Eの代名詞とも言えるMEGALOPOLISを「機動戦士ガンダム」のザクII仕様にしました! (2007.07.12 GUNDAM.INFO)

 バンダイとボビルビーのタイアップ商品。ザクグリーンのPCバックパックが登場。

MEGALOPOLISならでは。どんなインパクトにも耐え得るABS樹脂製モノコック・ハードシェルや人間工学に基づいたランバーサポート・システムがモビルスーツのイメージにもピッタリです!

 確かに、モノコックつながりでザク仕様は納得だな。
 俺もボビルビーのバックパックは愛用していて、その良さは知っているが、メガロポリスかぁ。
 確かにメガロポリスはボビルビーのフラッグシップモデルで、ピープルズディライトとメガロポリスは容量の割には値段の差が小さいから、大きい方がお得ではある。だけど、俺のはピープルズディライト(小型)で、通勤にはこれがちょうどいいんだよね。

 つーか、定価25725円(前モデルなら15000円くらいでも売っている)のメガロポリスを緑色にしてジオン公国章入れただけで、37800円かよ(笑)。
 ピープルズディライトで3万円以下だったら即買いなんだけどなぁ。

 愛用のボビルビーに自作のジオン公国章シールを貼り付けようかしら(笑)。

ゴーストファイター HGUC ヅダ

HGUC 1/144 EMS-10 ヅダ」の素組完了。
 って、最近、いつも素組完了以後の報告記事を書いてないような気がするが(笑)、まぁ、いいや。
 ヅダは、旧ザクに続いて「カトキハジメさんが関わっていない」HGUCだが、そもそもがフルCGアニメ「MSイグルー」に登場したMSで、当然デザイン時点でCAD等で処理されていたであろうから、ほとんど劇中のイメージそのままで模型化されている。


 それにしても、このキット、それ以外にも、HGUCシリーズとしては趣の異なる内容になっている。
 パーツ数は少ない。色分けは少ないので、設定通りのイメージにするなら塗装は必須。その前に腕も脚も合せ目あり。うまく目立たないようにはなっているし、バンダイの成型技術は素晴らしいので、スナップフィットで組立てた後にヤスる程度でも、合せ目は見えなくなる。
 というか、全身にスジ彫りモールドや細かい突起がたくさんあるので、常套手段である「接着剤はみ出し作戦」をやると、かえって面倒くさくなりそう。

 なので、俺は、このキットは、合せ目消しはしないつもり。

20060621ems10-2.jpg
 特徴的な、バックパックの「土星エンジン」は、基部をゴールド、バーニア部をメッキシルバーのガンダムマーカーで塗装してみた。
 うーん、存在感あるねぇ、このバーニア。

 いやぁ、本気で作ろうとすると、腕は全部後ハメ加工しなきゃならんのだろうけど、肩に仕込まれた「四重関節」のせいで、うまく後ハメ加工方法が見つからなかった。俺のスキルの限界だな(笑)。
 明日、ポイント塗装と墨入れするだけで仕上げる。
 まともな塗分けなんか、おやじガンプラーには手に負えないし(笑)。
 最近のガンプラとしては、手ごわいキットだよ。

HGUC ヅダ HGUC ヅダ

バンダイ 2006-06-11
売り上げランキング : 1287

Amazonで詳しく見る by G-Tools

間合いが遠いわ! HGUC ザクI(旧ザク)

 先日、MG ギャンと一緒に買ってきたHGUC ザクI、通称「旧ザク」
 こっちを先に組んでいたのだが。
 素組と、脚及びショルダーアーマーの合せ目消しを終えた。
 ちなみに、「ザクI&ザクII」ってぇより「旧ザク&ザク」って呼びたい拘りを持つね、俺は。

[写真クリックで拡大表示]
 閑話休題。
 HGUC旧ザク、この出来の良さは何だ!?
 毎度のセリフで恐縮だが「バンダイ驚異のメカニズム」だよ!

 プロポーションも最高だし、「腰が360度回転するザク」は、1/144のザク改(ポケ戦のMS-06FZ)以来じゃないかな。まぁ普通のザクIIは腰〜バックパックの動力ケーブルの関係で360度腰回転は無理なんだけど。

 ガンプラ初期も、後にリリースされた旧ザクの出来が良くて、これを量産ザクに改造するってのが流行ったけど、今回も、それが流行りそう。
 っつーか、俺は、HGUCの旧ザク&ハイザックのニコイチを基にしてザク改をミックススクラッチしたいなぁ。
 ポケ戦1/144ザク改のキットが再販してくれると一番いいんだけど、なかなか出ないよね。人気ないのかねぇ。
「ガンダムを破壊した唯一のザク」なのに。

 いずれにしても、当面の1/144ザクにおける最高峰だと思う。何個かストックしておこうかな。改造素材としても秀逸だよ。昔、MSVのザク・マインレイヤーも、ザク素体として10個くらいストックした時期があったのを思い出した。

1/144 HGUC MS-05BザクI
1/144 HGUC MS-05BザクI

Amazonで詳しく見るby G-Tools

ガンプラのパーツを組む順番

 ガンプラファンのみなさま。
 唐突だけど、みなさまはどのような順番でキットを組立てているだろうか。

 組立て説明書通り? 間違いが少なく良いね。
 でも、説明書って、ほとんど頭か胴体から取りかかるようになってるじゃん。

 俺は、最近は、脚から順に上のパーツへと組んで行き、腕、頭、バックパック、武器で完成って感じ。
 頭を組み上げて、本体の完成。人形は顔が命。これを最初に組んでしまうと、その後のモチベーションが低下してしまうんだよね(笑)。
 頭を付けてとりあえずの形になる。それを目指して、毎日コツコツと組立てる。
 この順番にしてからというもの、達成感がかなり違うような気がしている。
 脚からということで、途中経過写真も立たせられて、見栄えるよ。

 特に無塗装素組派のかたは、お試しあれ。

Tag(s) [ガンダム]

MG ガンダムMk-II Ver.2.0 製作(4)

 今日の作業。左腕、肩アーマー、頭、バックパック。
 これで本体完了。
[クリックで拡大表示]

続きを読む

図面、少しだけ進みました

 台風直撃の関係で(笑)、あまり時間がないけど、少しだけ描いたよ。
 納得いかなかった胴体を見直して、これに決めた。3次曲線を描くのは困難だったため、大将の基本デザインから大きくアレンジしちゃいました。ご勘弁下さい。
 最難関を突破して、後は足首と頭。
 まだ顔も暫定版のままだ。顔も難しいけどねぇ。

  オーブロボCAD図面 進捗状況
 検討3稿 robo-cad-041020.pdf(PDFファイル)
 申し訳ないが、胴体は、大胆な新解釈を施し、なんとか誤魔化した。脚のライン取りはネコ風を意識した。噴射ノズルのラインで猫背を再現したかったが、断念。別途オプションのバックパックを考案する時に、猫背ラインを盛り込もう。
 残すは、足首と頭。それで、とりあえず三面図が揃う。

ねこぱんち!
不条理み○きー:「追記: 企画書 玉猫戦隊 オーブファイブ」
俺育て!虎ヘッド風味:熱闘ブログ編: 牙竜壱号が塗装されない理由