今更だけど電気街口に思う事

 昨日、まち紹介系の某番組を見ていたら、秋葉原駅電気街口の現在と昔の比較をやっていて、そこに映った「穴あき包丁の実演販売」の方が既に故人だと知った。
 駅ビルのアキハバラデパートが建替のため全館閉店したのが2006年末。その後、解体工事中も少しの間は反対側で実演販売は行われていたが、それもすぐになくなった。
 秋葉原駅電気街口から実演販売が消えてから3年以上はたつだろうか。
 確か、「穴あき包丁の人」「手品の人」「パズルの人」「お掃除グッズの人」が四天王だったように記憶している。
 正直いって、冷静になると「くだらない物」が多かったが、楽しい口上に引かれ、通りすがりの少しの時間だが、「くだらねーな」と苦笑しながらも見入ったものだ。
 昨年、秋葉原の駅ビルは新しく建替が完成してオープンした。綺麗ではある。そりゃ新しいんだからね、あたり前だ。でも、テナントはどこにでもあるような店ばかり。
 綺麗さよりも混沌とした雰囲気がアキバらしくて好きだった。
 俺も建築関係技術者の端くれなので、古くて危険な建物で解体はしょうがないし、希望と言っても部外者の勝手な言い草だろうというのは重々承知しているが、こういう建替や再開発を見るたびに、なんとか以前の雰囲気を再現してほしかったと思う。

 せめて、実演販売の復活でもやってくれないだろうか。
 綺麗でオシャレになった秋葉原の駅ビル前を通るたびに、「くだらねーな」と思ってしまう。


霜だたみ

六花亭 霜だたみ
 丸広デパート川越店で開催されている北海道物産展にいってきた。目的は、もちろんバタさんを激励し、桔梗の豚丼を買って食べる事なのだが、その帰りに、嫁さんが買ってたのが、これ。
 六花亭の「霜だたみ」というお菓子。一緒に言ったすぬお。さんが、「六花亭で買うなら、これが美味しいよ」と薦めてくれたものだ。
「サクサクカプチーノ」という煽りで、なるほど、ほろ苦い甘さと、軽い食感がいいわ。
 美味しかった。


ネスカフェフラジールを予約した

【期間限定!2007年版】 ネスカフェフラジール 15g ×6個セット 【期間限定!2007年版】 ネスカフェフラジール 15g ×6個セット

ネスカフェ 2007-11-01
売り上げランキング : 6
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 去年、知人宅で頂いて「これ、ネスレのインスタントだよ」と言われても、にわかに信じられなかったほど美味かったコーヒー。
 ネスレのなんだかの会員限定販売が基本らしいが、一昨年あたりから、デパートや大手スーパーでも買えるようになったらしい。
 いずれにしても、期間限定かつ長期保存不可の製品。
 去年は入手できなかったが、今年はアマゾンでも予約販売してたので、見つけて数日間悩んだが、結局予約注文した。

♪あ〜小市民〜

 ネスレ会員用は10個セットで、アマゾンは6個セット。その分ちょっと安い。

 その名の通り「取扱注意」な極上品。インスタントコーヒーにそこまでするなら……という思いもあるが、それでも、1杯当りの単価は、そこいらの喫茶店並。ふいに入った店で不味いコーヒー飲むなら、家でお手軽に間違いない美味いコーヒーを飲めるとなれば、価格以上の満足感を味わえるはず。
 届くのが楽しみだ。


アキハバラデパート閉店

 さらばアキバデパート (2006.12.26 YOMIURI ONLINE)

 JR秋葉原駅と接続しており、電気製品以外の様々な商品を扱う店が入る「アキハバラデパート」が今年いっぱいで閉店する。デパートの運営会社が全面刷新を検討しているためで、秋葉原の名物の一つとして訪れる人を迎えてきた「実演販売」コーナーも姿を消すことになる。同デパートには連日、閉店を惜しむファンや常連客が詰めかけている。

 既に数年前に閉店は決定されていたんだけど、ついにこの時が来てしまった。

 子供のころ、交通博物館に連れていってもらった時には、まず午前中に神田明神にお参りをしてから、アキハバラデパートで昼食、その後、メインに交通博物館という流れだった。交通博物館も今年の5月に閉館したしなぁ。
 高校生の頃は、秋葉原は通学の乗換え駅だったので、放課後にちょくちょく立ち寄った。その頃(25年近く前)にすでに「百円均一専門商店」が存在していて、小遣いの少ない俺らはとても便利に利用させてもらった。
 もちろん、現在でも、嫁さんや子供と一緒に秋葉原にでかけると、あの電気街口周辺に堂々を存在するアキハバラデパートは、アキバの象徴だという認識でいた。

 闇市〜電気街〜パソコンタウン〜オタクの街……と変貌してきた秋葉原、最近では飲食店も多くなったし、マンションなどの居住区も増えた。
 なんらかの泥臭いマニアックな街のままで存続して欲しいけど、今後はどうなるんだろう。


今回の散髪は、新店舗に行ってきた

 ほぼ1月半周期で散髪している。
 今日は、新規開店した所に行ってきた。
 といっても、当然、QBハウスなわけだが(笑)。

 JR秋葉原駅の1階部分の改修が終了して、電気街口の改札内コンコースがずいぶん広く綺麗になって、その一角、いわゆるエキナカにQBハウス・秋葉原駅店がオープンした。
 俺が普段使う改札口のすぐそばにあり、今まで通った秋葉原デパート店よりも至近。
 でも、そっちよりもスペースが小さく、スタッフは2人しかいなかった。
 往来も多いからか、あまり列はできていないが、QB愛用者の俺としては、それは幸い条件だ。臆することなく入って、先客2名という好タイミングでカットしてもらえた。

 これから暑くなっていくので、短めにしてもらった。サッパリ。


寒い

 今日は寒かった。
 仕事帰りに散髪してきたので、さらに首が寒かったなぁ。
 例によって、秋葉原デパート内のQBハウスでカットしてもらったんだけど、今日は空いていた。
 前回の散髪は、オフ会の前だから、少しスパンが長かったけど、インフルエンザで臥せっていたからね。


ガンダムクリップ

 秋葉原デパート3階にあるガンダムグッズ専門店「ガンダム」(こういう店名なんだよ)で、「ガンダムクリップ」を買ってきた。
 連邦とジオンの2種類があるが、今日はジオンの方を。これ、先月に6袋セット(連邦*3、ジオン*3)で販売されてるのを知ってたんだけど、2千円以上したので、たかがクリップごときに……と思い、購買意欲はなかった。
 対象年齢6歳以上なので、余裕でクリア(笑)。
 で、中身は。ちょっと大きめの樹脂製クリップが10個。量産ザク*8、シャアザク*2。
 ザクというより、なんだかザコソルジャーみたいだけど(笑)、目くじら立てるほどでもないか。
 まぁ、ザク好きとして、とりあえずコレクションしたという程度。

Tag(s) [ガンダム]


ガンダム カスタムエンブレム(ジオン公国)

 商品名「機動戦士ガンダム カスタムエンブレム」。バンプレスト・ユニファイブ事業部製。
 A=MS-06、B=MS-06Sの2種類を確認。Aが、黒地で一般&突撃機動軍仕様。Bが、赤地で赤い彗星仕様。
 秋葉原デパート3階の、ガンダム専門ショップ「GUNDAM」で購入。
 そんなに高いものでもないので(1枚の定価580円が398円)、両方購入。ついでに、息子にもAをひとつおみやげに(笑)。
 オレフィン素材で、色地部分が皮風のシワ、マーク部分が銀の、いわゆる立体シール。
 価格のわりには良くできていて、(最初だけかもしれないけど)結構かっちょいいよ。
 さっそく黒版の小さい公国丸印(直径約2センチ)をケータイに貼ってみたら、いい感じ。
 あ、ストラップも、ジオン公国章のメタルプレートさ。

 このエンブレムシール、色々使えそうだから、あといくつか買ってストックしとこうかなぁ。
 ちなみに、パッケージ裏面にあるキャッチコピーは「公国の…、そして赤い彗星の魂を身に着けよ!」

Tag(s) [ガンダム]