素直に認めろよ

 2日前の金曜日、TSUTAYAでDVDを3枚借りた。テレビアニメの連続物のうち3巻だ。
 そのうち1枚が、途中で再生不能。何度やっても同じ箇所で止まってしまう、不良ディスクだった。

 今日それを店に持っていったが、相変わらず、最初は認めようとしないのよね。
「1枚、これがうまく再生できなかったんですけど」
「見たところ、多少の汚れはありますが、大きな傷は見当たりませんが?」
「よく見てよ。傷だかしつこい汚れだかわからないけど、目立つ輪っかがあるでしょ」
「……あぁ、これは最初からあるやつですね。記録されているコンテンツの間の空白です」
「おい。他の2枚を見てみなよ。同じシリーズなのに、そっちにはないだろ」
「いや、しかし……」
「あんた(バイト)じゃだめだ。社員呼んでこい」
 ちょっと待って社員登場。
「スタッフから、簡単に説明を受けました。申し訳ありません!」
「これ、傷だと思うけども、どうでしょ?」
「……傷のように見えますね。代わりのディスクが当店にないので、無料で1枚レンタルのチケットをお渡しするか、これを研磨して再貸し出しさせていただくかになりますが」
「どうしてもこれが見たいので、研磨して貸して」
「では、10分程度お待ちください」

 ってな顛末だよ。
 最初に認めろよ。ったく。

 研磨してもらったら、無事に再生できたよ。


報酬で買物

 アマゾンアソシエイトの報酬チケットが届いたので、それを足しにして、先日買物をした。

 気になってた、リボルテック「014 イングラム2号機」と、コミック「デイアフタートゥモロー(2巻)」、それとついでにサプライ品のDVD-RとSDカード。

続きを読む


検索ヒットなど(2006.08)

 毎月恒例、XREA AccessAnalyzerによる当ブログの8月検索ヒット概要。

 月間アクセス数
 ヒット回数:9279 累計228603(先月比 +474)
 ユニーク数:5141 累計127673(先月比 +449)

続きを読む


2006夏、北海道旅行(3)

 夏休み家族旅行で、8月12日〜14日の2泊の北海道旅行をしてきた。
 帯広〜札幌〜小樽3日間の1日目その3。

続きを読む


チケット トゥ ライド

 話題のボードゲーム、待望の日本語版が発売された。
「チケット トゥ ライド〜アメリカ横断鉄道レース〜」[公式サイトはこちら]

チケット トゥ ライド ~アメリカ横断鉄道レース! チケット トゥ ライド ~アメリカ横断鉄道レース!

バンダイ 2006-07-15
売り上げランキング : 127

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 今日の買物の時に買ってきて、家族で遊んだよ。

 日本語版は、バンダイの「盤盤ゲーム家族」っていうブランドからでているんだけど、余談ながら「盤盤ゲーム家族」っていうと、俺らの年代では「おばけ屋敷ゲーム」を思い出してしまうね。

 さて、このゲーム。ルールは簡単。
 基本的には、最初に与えられたノルマの路線獲得を目指す、陣取りゲームの一種。
 欲しい路線のカードを集めて、どんどん自分の列車コマを繋げればいいだけ。

 各人に与えられたノルマはゲーム終了まで伏せておくので、邪魔をするなら敵のコマ配置のみを手掛かりに推測するしかなく、戦略性は自分のルート確保に重点がおかれる。
 それゆえに、小学生から大人まで、ほとんど互角に対戦できるところが素晴らしい。
 逆に、こういうのって子供の方が得意かもな。
 実際、我が家の家族4人でプレイしたら、もろに若い者順の成績だった(笑)。

 1プレイ45分程度。手軽で面白かったよ。


スーに逢いに行く(国立科学博物館・恐竜博2005)

 昼間のモブログのとおり、開催前から行きたくてしょうがなかった、国立科学博物館(科博)恐竜博2005を、家族で見てきた。
 天気も良かったし、凄く込んでいて入場制限がかかり、チケット購入列に30分、その後入場列に10分並んだ。
 家族連れが多かったけど、客の年代は様々だったね。やっぱり恐竜は人気があるな。
「恐竜から鳥への進化」がテーマ。そのとおり、近年支持されている「恐竜は絶滅したのではなく、鳥へ進化して現代に続いている」という説に沿って、その進化の過程を追うような形で化石や模型が展示されている。
 そして、今年のメイン。世界でもっとも有名な恐竜、ティラノサウルスの「スー」の複製全身骨格。さすがに大きい。1ショットには納まらなかったので、2枚をパノラマ合成。
 数日前まで、てっきり本物が来日するのかと思っていたが、本物はアメリカのフィールド博物館から門外不出らしい。
 でも、複製とはいえ、すごい迫力。これだけの物(の全身の90%以上)が発掘され、フィールド博物館には実在するんだと思うと、感慨深い。
 記念グッズをいろいろと購入。公式カタログと、スーの頭がい骨ピンズ。そしてもちろん、海洋堂製のスーのフィギュア。復元模型と骨格模型。海洋堂は、やっぱりいい仕事してるね。
 その後、常設展示へ。科博は今、本館を改修工事中で、常設展示は新館のみと告知されていたので、物足りないかなと思っていたが、まぁ、以前よりもだいぶ展示物が増えていた(本館にあった物をいくらか移動してきたのだろう)。
 でも、入っていきなり、クジラの腸に住む寄生虫だとか、牛の内蔵だとかの模型があって、気色わるかった(笑)。
 途中で、こんなのもあったので、くろおびさんへ写メールを送る。
 いやぁ、楽しかったな。
 今後、7/3までの科博の後、名古屋・大阪・北九州と巡回するそうなので、機会があったらぜひ見て欲しい。オススメだよぉ。


HCM-Pro MS-06F ザク2

 先週末、バンダイミュージアムに行った時に買った。
 この、HCM-Pro「ザク」、発売してからだいぶ経つが、何となく買わないままでいた。
 別にバンダイミュージアム限定品でもないけど、まぁ、親子3人分のチケットで合計600円割引になったから、その分で補填して。
 1/220の小スケールで、高さ10センチもない。けど、このサイズで、すごいモールドと塗り分けが施されている。だから、高密度感が向上し、手のひらにのせて見ると、実に小気味良い。
 手頃な値段だし、ガンプラ作る時間もない人にもおすすめ。
 このシリーズ、ガンダムファンの新定番アイテムでしょう。
 Amazonでホビーの扱いも始まった事だし、買え!

HCM-Pro MS-06F ザク2
HCM-Pro MS-06F ザク2

posted with amazlet at 04.10.14
バンダイ (2004/06/11)
売り上げランキング: 270
通常1〜2週間以内に発送

Tag(s) [ガンダム]