HCM-Pro ザク(08小隊)(2)

 ザク関係専用のブログを別途整備中で、そっちの第1号記事にするつもりだったけども、整備が遅延しているので(笑)、とりあえず、要旨だけこっちに書いておこう。

 6月発売のハイコンプロ「ザクII(08小隊)」を、出荷日に購入したのよ。
HCM-Proザク(08小隊版)
 そもそもハイコンプロはあまり好きではないし、ましてやカラーバリエーションなんか眼中にないが、今回は、ランドセルのバーニアとシールドが変更され、塗装がMSVっぽいってことで、期待せずに購入。
 期待していなかったので期待はずれではないけども(笑)、これ、製品コンセプトとしては、許せない出来だね。
 武器がたくさん付いているとか塗装が渋いとかって感じで、俺としては意外に評価がいいみたいだけど、これ、「MS-06JC」というより、「08小隊版」だろ!? パッケージにもしっかりと「ザクII(第08MS小隊)」と記載されてるはず。
 だったら、少なくともザクマシンガンは新規作り直しは当然だろ!
HCM-Proザク(08小隊版)
 上記写真は、俺がCG加工してみたやつ。08小隊版のザクマシンガンは、写真上のように、マガジンドラムが銃身中央ではなく、横にずれて付くんだよね(たしか、08小隊のザクは、当時のガンプラMGザク(ver.1)の意匠を取り入れた設定のためだったと思う)。
 他にも細かい所でMGザク(ver.1)と違うけど、それはハイコンプロなりの解釈として既存製品に合わせるというのも可。現地改修とか、生産工場により意匠の違いがあるってな裏設定もあるしな。
 しかし! ザクマシンガンについては、良い悪いはともかく、08小隊版も公式設定になってるんだぞ。

 バンダイ、ザク好きをなめるなよ!


HCM-Pro ザク(08小隊版)

 ハイコンプロの陸戦型ザク(「第08M小隊」版)。
 極東戦線亜熱帯地区に配備された、MS-06J型の改修機。

HCM-Proザク(08小隊版)
 ハイコンプロのザクは、初期版、陸戦型、リペイント版とあるが、今回の08版は、初のザク本体のバリエーション仕様と言える。
 実はこのJC型にはそれほど思い入れはないのだけれど、初期版しか持ってないので(っつーか、そもそもハイコンプロはあまり好きでない上に、単なる色替え版なんか興味なし)、ショップのポイントでとりあえず買ってみた。
 中途半端にうるさいスプリッター迷彩風彩色の初期型に比べると、MSV的な雰囲気で、良いなぁ。

HCM-Proザク(08小隊版)
 あと、久々に購入したハイコンプロだが、パッケージの中容器に、兵装類小物パーツを入れてしまえる部分ができたのは嬉しい。今までは、小物パーツは箱の中でばらけて、どうにも始末が悪かったからね。

 で、このザク、造形的には細かい所で色々とおかしいところがあるのだが、それについては改めて書く。

HCM-Pro41 ザク2 (第08MS小隊) HCM-Pro41 ザク2 (第08MS小隊)

バンダイ 2007-07-01
売り上げランキング : 938
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


全部ジオン

 ガンダムカードビルダー。
 今日、4クレやって、戦績は2勝1敗1分。すべて対人戦のソロモン宙域。
 久々に対人で勝利したな。嬉しい。

 で、引いたカード。全てジオンだったよ。

 コンスコン
 フラナガン博士
 ミネバ&ゼナ
 コンスコン

 ……。
 使えないのばかりじゃん。4クレ全てがキャラってのも珍しいし、これはこれでネタになるけども。
 最近、引きが悪い。


戦慄のブルー

 ガンダムカードビルダー。まじでリアルコストが厳しくなってきたため(我が社の給料日は16日なのだ)、今日は1000円4クレジットのみ。
 だが!
 1回目で、引いたのがこれ。

 MS-08TX[EXAM]イフリート改。新規カード投入開始から一週間。やっと新規カードらしい新規カードが出たよ(先週出たF2ザクも、ドアン乗せて重宝してるが)。ちなみに、今日の他の収穫は、駆動系チューニングβ、リックドム、コンスコン。駆動系チューニングβは未所有だから、まあまあの戦果かな。

続きを読む


見納めのガンダムミュージアム

 昨日、聖地・ガンダムミュージアム(松戸のバンダイミュージアム内)に行ってきた。

 毎年今ごろの時期に来ていたので、都合3回目の来訪だが、バンダイミュージアムは今月いっぱいで松戸での営業を閉鎖し、栃木へ移転(ガンダムミュージアムの展示物の一部は静岡のホビーセンターへ移設)するので、ここでは最後の見物だ。
「3年間のご愛願をありがとうございました」の懸垂幕が涙を誘う。
20060819-2.jpg
 バンダイミュージアムフロア入口付近の内装は、ショッカーのアジト内のような怪しげな装飾。これも最後の記念に撮影。
 あまり客がいなかった。が、ここのメイン展示であるガンダムミュージアム入口には行列が! 中も混んでいたよ。皆最後の見物に来ているのかね。

20060819-3.jpg
 相変わらず大迫力の実寸大ザクヘッド。たくさんの人が写真撮ってた。
20060819-4.jpg
 1/24スケールのザク工場ジオラマ。シャア大佐も視察に来られております。ジーク・ジオン!
20060819-5.jpg
 そしてミュージアム最奥に鎮座するご本尊。おなじみの白い悪魔(実寸大胸像)。アナハイムのメカニック員も今月限りの整備に余念がない(笑)。

 場内は混雑していて、ザクマシンガンも、コアファイターコクピットも、ガンダムリフトも、どれも120分待ちという人気ぶり。
 みんな移転を惜しんでいるご様子。

 このビルは元々はバンプレストの本社が入っていたんだけど、そのバンプレスト本社も墨田区へ移転してバンダイの完全子会社となったしなぁ。その辺りから、ミュージアムの閉鎖・移転も噂されていたわけだが。栃木も静岡も、江東区在住の我が家からは急に「明日あたり行くか」という距離じゃないしな。
 前身の「コントンタウン」時代から何度となく通ったバンダイミュージアムの移転は、本当に寂しい。
 老舗模型店「わらそう」も閉店してひさしい。
 松戸、寂しすぎるぜ……。


迫撃!トリプルドム


 1/144とはいえ、MS-09ドムが3機分入ったキット。箱のサイズは最近のMG並で、通常のHGUCの2倍以上。
 組立て説明書には、相変わらず細かい設定も記載されていて楽しい。
「黒い三連星」の正式名称って「突撃機動軍 第七師団第一MS大隊 司令部付特務小隊」っていうんだ。知らなかった。
 定価で比較すれば、単品のドム(リックドムとコンパチ)が1700円で、トリプルドムセットが4000円なので、お得。ただし、ジェットストリームアタック再現用のディスプレイスタンド等が付属している代わりにリックドム用パーツはついていない。
 ってことで、somedayさん、4セット購入しても、「コンスコン強襲」は再現できませんぜ(笑)
060119dom1.jpg
 マチルダさんの乗るミデアのコックピットを殴りつけた手首パーツも付属するのは嬉しい。
 が、ほとんど公式扱いのガンプラのパッケージでこれを「オルテガハンマー」と表記するのはどうよ?
 まぁ確かに多くの人がそう呼んでいるけどな(笑)。

 ちなみに「ほら、ドムが3機も入っているキットだよ。ジェットストリームアタックだぜ」と見せたら、こう返された。
「みんな同じ顔じゃん。わかった、三つ子? 三つ子と言えばトンキチ、チンペイ、カンタ!」
 はいはい。

1/144 HGUC MS-09 ドム 黒い三連星トリプル・ドムセット

1/144 HGUC MS-09 ドム 黒い三連星トリプル・ドムセット
バンダイ
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1/144 HGUC MS-09 ドム/MS-09R リック・ドム

1/144 HGUC MS-09 ドム/MS-09R リック・ドム
バンダイ
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Tag(s) [ガンダム]


2003/08/13

2003/08/13/水

夏季休暇最終日。
家族の「お父さんの行きたい所へ」との優しい言葉に甘えて、松戸駅前のバンダイミュージアムへ(笑)。6月に旧「コントンタウン」からリニューアルしてオープンした施設で、ぜひ行きたかったのさ。
もちろん、ここの7〜8階にあるガンダムミュージアムが目的。


ホワイトベース風の扉が開き中に入ると、まずスペースコロニー開発の歴史。
その次の部屋は、いきなりザクのダメージヘッド(実寸か?)。圧倒される。地球連邦軍が接収したザクを研究した成果を展示しているコーナーという設定らしい。時々モノアイが光る。


途中、BB弾を発射するザクマシンガンの試射コーナー(今回はやらなかった)やらを経て、最後はガンダムの格納庫。胸像ながら、実寸のガンダムは、でけぇ!って感じ。感動したぜ!


出口には、しっかりミュージアムショップがある(笑)。缶バッジ9種全てを購入。それと、ピンバッジのガチャ。11回やって7種類ゲット。まあまあの成果だな。
さらに進むと、ガンダムカフェがある。先程の実寸ガンダムを見ながらお茶を飲む。んー、最高!
いや〜楽しかった。

息子も、着々とガンダム好きに育っているし、満足。満足。