Mac OSX SnowLeopard

 帰宅すると、アップルストアに予約注文してあった Mac OSX 10.6 SnowLeopard が届いていた。
SnowLeopard
 晩飯を食ってから、我がMacBookに早速インストール。
 その前に、念のため、ディスクユーティリティーでアクセス権の修復とディスクの検証をして、異常なしを確認。さらに、TimeMachineでLeopard現状のバックアップをとる。ここまでの作業で約40分。
 そして、いよいよSnowLeopardのインストール。このインストール自体は約45分。確かにインストール時間は速くなってる。
 で、インストール後は(Xcodeもインストールして)HDDの空きが10GBくらい増えた。今回PowerPCのサポートが無くなったので、それ用のコードが削除された成果かな。

 なんかQuickTime X は——iPhone 3GS程度の——動画の簡易編集が搭載されたらしい。今まではPro版のライセンスを購入しなければ動画編集はできなかったので、これは嬉しい。いや、QuickTime Proのライセンスキーって3000円くらいしたぞ。今回のSnowLeopardアップグレード版の料金が3280円。従来のQuickTime Proキーライセンスとほぼ同額!
 ありがとう、アップル。


マウスを新調

 普段はMacBookに搭載されているトラックパッドを使い、PhotoshopElementsなど細かい操作の時にマウスをつないでいる。以前PowerBookG4を買った時にオマケでもらった、5年くらい前の有線のApple Proマウスなんだけども、俺は右利きなのでMacBookの右側にマウスを配置する。MacBookのUSBポートは左側で、ProマウスのUSBケーブルが短いもんだから、ちょっと使いにくい。
 こんなやつ。↓ デザインは美しいんだけどね。
Proマウス

 ってことで、ワイヤレスマウスが欲しいと思ったんだけど、純正のワイヤレスマイティーマウスは、あのポッチが不評。他のメーカーのはデザインが気に入らないのと、レシーバーをつけるためにUSBポートをひとつ塞いでしまうのが嫌だ。

 MacBookにはBluetoothが標準搭載されているので、せっかくならBluetooth接続にしたい。
 ってことで、今年1月に発売された、ターガスのBluetoothレーザーマウス AMB08APを購入(→メーカーサイト)
 アマゾンで3割以上割り引きだった。

ターガス1
ターガス2
 包装もオシャレ。
ターガス3
 ボールやホイールではなく、タッチセンサー式のスクロール機能。メンテナンスフリーでなかなかいいよ。
 側面にある2つのボタンには、アプリ起動やキーストロークを登録できる。が、ひとつは位置が悪く押しにくい。丁度親指がかかる位置にある方だけ使っている。Dashboard起動を割り付けた。
 純正ワイヤレスマイティーマウスよりかなり安いし、デザインも悪くない。Mac専用ってのも貴重でいいね。お薦め。


iPhoneで CapsLock

 iPhoneで、英語フルキーボードで入力している時、1文字毎にシフトが解除されて、全部大文字のアルファベット文字列を入力するのが、ひじょうに面倒くさかった。
 設定>一般>キーボードで「Caps Lockを使用」をオンにしたうえで、シフトキーをダブルタップすると、シフトキーが青くなり、CapsLock状態になるんだね。
  ぐはー、4ヶ月も使っていて、やっと気付いたよ……。


新MacBook

 アップルの新MacBook
 インストールされているOSがMac OS X Leopardだったりとか、メモリ最大搭載容量が遂に4GBになったとか、スペック的にはなかなかではある。
 しかし……コマンドキーにリンゴマークがなくなったら、魅力半減じゃね?
 昔のPowerBookには、液晶ディスプレイの下にもアップルマークがあったのに。しかも虹色の凝った埋込みエンブレムが。
 寂しいのう。


キーの反応が悪い

 Macのキーの反応が悪くなった。なんか、日本語入力のオン/オフ動作が鈍い時がある。カーソルキーの左と上もダメ。
 Leopardを入れた後なので、何かのソフトが非対応で不具合を起こしているのかな。携帯シンクは、Leopard正式対応がアナウンスされるまで待つ事にして、先日アンインストールしたしなぁ。

 一応、念のために、エアーダスターを噴いてキーの隙間を掃除してみるか。

 追記。
 直った(笑)。掃除が効いたのかな。


リラックマが

リラックマのピンズ
 ぶらりとアーバンドックららぽーと豊洲に行ってきて、買った物といえば、これ。
 リラックマのキーチェーンマスコット?

リラックマのピンズ
 よく見ると、中身はとり出せるピンズ。
 買いだ!

 リラックマ、好き。


のどいたい

 ベスト盤というか、サントラ盤を買った。
 それをiTunesに読み込んで、まぁ、好きなアーティストのCDだから、既に所有しているディスクもある訳で、久し振りに、iTunes上で重複楽曲を整理してたのさ。

 重複リストの中に、安田成美さんの「風の谷のナウシカ」があった。なつかしーと、思わず再生、思わず口ずさむ。
 そこへ嫁さんもやってきて「なつかしー」。
 MacBookのF12キーを押して、Dashboardを起動、歌詞が表示されるウェジットを導入してるので、それを見ながら熱唱。
 嫁さんと息子が「お父さん、音はずれてるよ」と。
 ほっとけ。いいのだ。俺は気持ちよく唄ってるのだ。
 その後、嫁さんのリクエストに答えて、「愛・おぼえていますか」も唄う(裏声で)。
 なんか、作業目的を見失ったけども、楽しいやね(笑)。

 あ、重複楽曲は40曲ちょっとあった。ベスト盤の方の重複曲を削除。


ゲルググJ、強えぇ!

 ガンダムカードビルダー。
 現在のIDカードでの出撃任務も、残り32回となった。年内には更新できるかな。
 コストは1130も使えるようになったんだけど、高コストのデッキで出撃すると、敵も凄まじいの出してくる。CPUなら、同レベルなのでなんとかなるが、対人となったら、太刀打ちできない(笑)。
 なので、いつもせいぜい900くらいにしている。
 それでも、少尉殿に負ける事も多い(笑)。
 今は、コスト削減のために、フラナガン・ブーンを艦長として育てている。結構使えるよね。原作での設定通り、シャアとの相性も良いみたいだし。
 あと、昨日引いたゲルググJ、強いね。ロングレンジ搭載というのが凄い。
 宇宙限定だけど、背シルゲルよりも使い勝手いいかも。

 ってことで、当面、宇宙マップは、下記構成を試す。

 隊長機 シャア大佐+ジオング+ロングレンジ
 バディ ドアン+ゲルJ+ビームライフル+ガトシー+破壊へのCD
 コスト1010。まあまあか。

 そういえば、昨日今日で引いたカード。
 ゲルググJ、オスカー、スチュアート、ギャン、スペース・ランチ(ジオン)、ガースキー、先読み攻撃、ボラスキニフ。
 大したカードではないものの、なんだか新カードの割合が増えた?
 先週も新カードの割合が半分だったし。


MacBookにWindowsXPをインストールなメモ

 Intel CPU搭載のMacでWindowsがネイティブ起動させるためのツール BootCamp1.1.2βによる、MacBook(2006前期モデル)へのWindowsXPインストールを行った。

 その方法は至極簡単だし、すでにいろいろと報告されているが、今回俺がつまずいた事について、メモを残しておく。

・WinXPのセットアップ開始時、キーボードを選ぶところで、Mac(特にノート機)は、キー配列が違い、下手なのを選ぶと、後で苦労する。とりあえず、[S]その他のキーボードに進み、USキーボードなら「USB Keyboard」を、JISキーボードなら「106 Japanese Keyboard」を選択しておけば良さそうだ。

・AirMacによる無線LAN。インストールに失敗する確率が高いっぽい。ドライバインストール4回目で、やっと認識された。
 Winの場合、プラグアンドプレイに対応していない機器のドライバを後でインストール/更新するのは、どこでやるのか分からなかった。分かったあとも面倒。Macの場合は、ドライバが提供されていれば、それを環境設定に放り込めばいいだけなのに。

・分かっちゃいるが、deleteキーの挙動がまるで違うので、戸惑う。

 こんなところかな。MacはIntel CPUを搭載していてもBIOS起動ではないし、レガシーポートは一切ついていないので、その辺りのドライバが一部悪さをしているかもしれない。微妙な所であり、まだ個体差による影響も多いかも。
 でも、基本的なドライバはアップルから提供されているし、エミュレーションではないので、予想以上に快適な動作速度だ。

 そもそも、ネイティブでMacOSもWinも動くのはMacだけだ。MacならMacOSもWinも動く。PCではMacOSは動かない。これだけでも惹かれるね。
 Winに固執して居ない場合は、特にMacを薦めやすくなったのは、間違いない。

 ちなみに、Windowsは、Mac用増設メモリと一緒に購入したXP/HomeのDSP版。正規ユーザーです(笑)。