お父さんはメスだったのか!

 色々とネットをさ迷っている途中、何気なくウィキペディアの「ソフトバンクモバイル」の項目へのリンクに飛び、読み進めていたら。
「現在のイメージキャラクター」欄に、こう記載されていた。

カイ(北海道犬 オス)、ネネ(北海道犬 メス)(2007年6月〜)
CM、「予想外な家族」シリーズの父役として出演。カイとネネの兄妹によるダブルキャスト。北大路欣也が声を充てている。

 お父さんはメスだったのか! 正しくは、メスの時もある、だけど。
 やられたなぁ。
 結構有名な事なのかな? 俺は知らなかった。

脅かしっこなしだぜ、だれこちゃん?

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15 オデッサ編・前 (15) 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15 オデッサ編・前 (15)
安彦 良和

角川書店 2007-05-26
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 発売直後に購入してすでに読んでいて、感想記事を書こう書こうと思いつつ忘れちまってた(笑)。
 シャア&セイラ編、ルウム戦役編等のオリジナルストーリーが終わり、この巻から原作準拠のストーリーに戻る。
「オデッサ編・前」となっているが、実質的には「ミハル編」と呼びたい。読者の多くがそう思うんじゃないかな。

 原作ではジャブローの前に描かれたエピソードだが、THE ORIGINでは、そのタイミングではなかったので、カットされたかと思った。最近はガンダムエースは読まずに、単行本を購入するだけなので、連載でミハルのエピソードがちゃんと描かれたと知って、読むのを楽しみにしていた巻だ。

 帯には「TV版では語り尽くせなかったカイとの悲恋が今、明らかに!」と書かれているが、これは誇大表現じゃね? ミハルに感しては、内容はTV版と変らず新要素は皆無。
 しかし、TV版同様、熱くて泣けるエピソードであることも同じ。
 ラストシーン、ミハルの幻影がとる態度は、若干違くなっている。俺は、TV版以上にカイを思っての態度なんだろうなと解釈したが、これがまた泣けるんだよね。

カイレポ2の感想

 劇場版の、いわゆる「新訳Zガンダム」のサイドストーリーの完結編。

機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー カイ・シデンのレポートより (2)
機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー カイ・シデンのレポートより (2) 富野 由悠季 ことぶき つかさ

角川書店 2007-01-26
売り上げランキング : 759
おすすめ平均star

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 この巻は、いくつかの悩みを抱えている(引きずっている)カイがミライに会いに来た所から始まる。
 そして、解決の糸口を見つけたというか、踏ん切りをつける。
 ラストは、映画と同様、セイラと会って、まぁ、それについて補足みたいな感じで完結するわけだが。

「新訳Z」に添っているので、シャアのダカール演説とかディジェとか、アニメ本編でバッサリカットされた部分を、うまいこと補完している。それは「カットされた部分はTV版で補完」という安易な事ではなく、かといって大胆すぎるアレンジでもなく、まさに「新訳Z」らしい解釈がなされていた。
 もちろん、このコミックの主役はカイであるので、それらにカイが絡んでいく訳だが、なんか、違和感なさすぎなんだよね。大袈裟かもしれないけど「劇場版Zにこういうシーンがあったなぁ」と一瞬思い込んでしまうくらい違和感がない。言葉を変えれば、説得力がある新解釈なんだよね。

 カバーの装丁。レイアウトは1巻と同じなんだけど、そのカバーイラスト、1巻のカイは厳しい表情なんだけども、2巻のカイは、微かに微笑んでいる。これは、とりあえずグリプス戦役が終結し、カイの中の戦争もひとまず決着がついたということを表現しているのだろう。

 でも、「ジオンを徹底的に叩く」彼の仕事は、まだ終わっていない。

 MS戦闘シーンが全く描かれないガンダム漫画。しかし、カイ・シデンの魅力で、熱い物語が展開される。傑作だよな!

 ぜひ、続編を描いてほしいなぁ。もし続いたら、きっと「逆シャア」に繋がるんだろうな(笑)。

 カイ・シデン、もはや軟弱者じゃないぜ! 素敵過ぎる!

報酬で買物

 アマゾンアソシエイトの報酬チケットが届いたので、それを足しにして、先日買物をした。

 気になってた、リボルテック「014 イングラム2号機」と、コミック「デイアフタートゥモロー(2巻)」、それとついでにサプライ品のDVD-RとSDカード。

続きを読む

ブライト

 ブライトさん。
 新卒士官として、航送される新鋭戦艦へ配属されただけなのに、希有の運命により、その艦長となってしまう。
 アムロやカイなんかよりも優柔不断な面も持っているし、典型的なオールドタイプに見える。
 しかしね、伝説の部隊「ティアンム艦隊旗下 第十三独立部隊」の功績は、やっぱり、ブライト艦長の采配によるところが大きいと思う訳だ。
 正しくは、采配ではないかもしれない。クルーが「この人にはついていける」と思わせる、人徳、みたいなものを、ブライトは持っているのだろうね。

「弾幕薄いぞ! 何やってんの!」

 弾幕、つまり多量の掃射等で応戦する。
 これは、威嚇も含めて、破壊力の誇示をも目的とする戦法で、単騎で攻めるには、似付かわしくないもの。
 それをあえてやるというのが、いいなぁ、と、ちょっと思ったんだよね。
 どちらかといえば徒党を組むのは好きではない俺だけど、ブライト艦長みたいなやりかたなら、いいなぁ、感じる。
 ブライトさん、「逆シャア」でもしっかり生き残ったしね。
 宇宙世紀物では、たぶん、波平ハロの次に出現率高そうだし。
 なんか、意味不明の記事になったかな。

Tag(s) [ガンダム]

鈴木海斗は沈楷恬だった!

 以前、いろんな所で取り上げられていた 「Rum and Monkey’s Name Generator(日本名変換ジェネレータ)」をやってみたら、between は「鈴木海斗」だった訳だが、今度は、その中国名版という感じの「取中文名字/Get a Chinese Name(中国名変換ジェネレータ)」を見つけたので、これもやってみる。

 これは、姓と名を別欄に入れなければいけないので、残念ながら、between は不可。なので、kaito suzuki と入れた。
 変換したい名前の他に、性別、生年月日と、さらに、名前に盛り込みたい要素(?)も入れる。よく解らないので「Personal Character and Skill(個性と技術力、って意味かな?)」を選ぶ。

 で、結果は、「沈楷恬」。おぉ、鈴木海斗の中国名は沈楷恬だよ。
 説明によれば、Shen Kai tian と発音するらしい。シェンカイチンかな? 「楷」はmodel、「恬」はpeacefulだって。平和主義のモデル? 平和の見本?なんだろ。

 次に、本名でやったら「敖穎爍」Ao Ying shou(アォイェンショウでいいのか?)。
 意味はYing=rice tassel、sho=shining 稲穂を実らせる陽差し、でよろしいか? お。本名に近いぞ。
 まとも過ぎておもしろくないな。
 やっぱり、「沈楷恬」に決めた(何を?)

 ところで、この結果表示、肝心の中国名の文字がグラフィックなんだよね。IMで探すの大変だったぞ。読みも解らないのは、マウスで手書き入力変換した(笑)。

 そういえば、「鈴木海斗」の事を、サイト内検索したら検出されなかった。すでに書いたつもりだったけど、自分とこには書いてなかったんだね(笑)。
 ちなみに、下記の結果だった。

My japanese name is 鈴木 Suzuki (bell tree) 海斗 Kaito (big dipper of the ocean).
Take your real japanese name generator! today!
Created with Rum and Monkey‘s Name Generator Generator.