俺は刻の涙をみた……

 Zガンダムネタが続くが。

 10月公開の劇場版第二部「恋人たち」に向けての復習というわけではないけど、テレビ版を1話から通して観ようと思った。
 ざっと流し観になってしまうだろうけど、今までは飛び飛びでしか観てないのでほんとうの総体的なストーリーしか記憶にないんだよね。
 だから、せめて第一部「星を継ぐ者」に相当する14話までは、劇場版でのシーンと比較しつつ要所を確認しようと思って。

 しかし、3倍で録ってあったVHSの1巻目が、DG細胞カビに汚染されていた……。
 本放送当時せっせと録画した、1本600円もしたビデオテープなんだぞ。いや、保存管理がいい加減だったのでしょうがないが。20年という年月の重さを感じるね。刻の涙を見た気分(謎)。

 閑話休題。
 ってことで、TSUTAYAでDVDを借りてきた。

 劇場版を観た後テレビ版を観ると、カミーユはむかつくガキだなぁ。
 実際に俺のそばにいたら、俺もウォンさんに同意して修正してやるかも。
 あと、エマは白旗の時、独りでアーガマに来たんだね。カミーユの父親は一緒じゃなかったんだ。両親の死を1回の戦闘にまとめちゃったのは、まったく違和感なかったな。
 あと、エマがエゥーゴに寝返った直後のリフレッシュルームのシーン。
 クワトロが「シャアという男を知っているか?」ってアレ。
 劇場版では、シャアについてはエマから語らせてた。これは劇場で観た時も巧いなぁと思ったけど、その後にテレビ版を観ると、なぜシャアがあんな事を言い出したのか、奇妙ですらある(笑)。

 やっぱり「新訳」は悪くないと痛感した。(シロッコとジャマイカンの声が(声優
は変ってないはずなのになぜk)変なのを除いて)

 この分では、テレビ版では散々ウザイ事やってくれてZの中ではヤザンよりも嫌いなキャラだったカツも、第二部ではイイ子になってそうな予感がするけど、どうだろう。

Tag(s) [ガンダム]

大気圏突入

 CS/CATVのアニマックスで「機動戦士Zガンダム」をやっていて、今、「大気圏突入」を見てた。
 ブライトさんがアーガマ艦長に就任する回。
「弾幕薄いぞ!」「修正してやる!」の名セリフ連発は、今見ると苦笑物だけど、当時は、そんなに深い意図はなかったんだろうな(笑)。
 名セリフといえば、シロッコが「落ちろ、カトンボ」と始めて言う回でもある。
 地球降下任務に就くクワトロに、ジャブローにいる妻子の救出を頼むブライト。このシーン、好きなんだ。
 たぶん、ブライトは、クワトロの正体がシャアだってのは知ってるんだろうな(というか、エゥーゴ内ではバレバレで公然の秘密なんだろうけど)。それでも、あえて頼む。この辺に、ブライトの実直さを感じるわけだ。
 それと、カクリコンがやられちゃったよぉ。
 20年前、本放送を見ていた時には、カクリコンは、もう少し活躍してくれるだろうと思ってた所で、ちょっとショックだったっけ。

機動戦士Zガンダム 1
矢立肇 富野由悠季 飛田展男 池田秀一

by G-Tools

Tag(s) [ガンダム]