iPhoneのカバーを取替えた

クリスタルカバー
 iPhoneにずっと装着していた、パワーサポート社のクリスタルエアジャケット。1年半も着けているのでさすがに傷だらけになっている。もちろん、これのおかげでiPhone本体には大きく目立つ傷がつくこともなく、役割を果たしてくれているわけだが。
 しかし、そろそろ新しいのに取替えようと思い店に行ったら、定番のパワサポ製の強力なライバルと前評判が良い新製品が置いてあったので、今回はそちらを購入。
 シンプリズムのブランドでおなじみの、トリニティ社製のクリスタルカバー。「傷が付きにくいアンチスクラッチコーティング」らしい。
 クリスタルカバーも、エアジャケット同様にiPhoneの外観を損なうことなく、背面全体を保護できる。
 iPhoneと密着するエアジャケットと違い、このクリスタルカバーは、iPhoneの背面との間がほんのわずかに浮いている。もちろん、周囲はガッチリと保持されていて外れにくくなっているので大丈夫。だが、この浮いている(カバーの上から背面を押すとペカペカいう(笑))感じが微妙。たぶん、妙な密着模様が現れるエアジャケットの欠点を補うための工夫なんだろうね。さすが、よく研究されていると思う。ペカペカ感は、気にせず慣れるしかないな。
 透明度はエアジャケットに勝とも劣らず。これでアンチスクラッチコーティングの効果で透明度がどのくらい続くのか、期待したいところ。

エアジャケット

 アマゾンで注文しておいた、パワーサポートの Air jacket (エアージャケット) クリアが届いた。
エアジャケット
 背面に装着する、ポリカーボネート製のカバー。液晶部保護フィルム(前面の全面(笑)を覆う物)とのセット。液晶保護フィルムは別の製品をすでに購入・装着済なので、今回のはとっておこう。
エアジャケット
 厚さ0.8ミリのポリカーボネート製。「iPhone3Gの外観を損なわない事を最優先に考えた背面用クリスタルジャケット」とのこと。
 さっそく、装着。
エアジャケット
 おぉ、これはいい。実は、iPhone購入の翌日に、某社のシリコンジャケットを購入して使ってたんだけども、Dockコネクタまわりがブニブニしてて外れそうだし(実際には外れないが)、何しろ背面のAppleマークが隠れてしまうのが残念だった。
 それに比べて、このエアージャケットはいいね。さすが各種iPod用クリスタルジャケットシリーズで評判いいパワーサポートだわ。いい仕事してるね。

 それにしても、このエアージャケットを装着した黒iPhone3Gの背面。何かに似ているなぁとすっと考えていたのだが、やっと思い出した。なんとなく、以前の黒いApple純正マウス(通称=栗まんじゅう)に似てない?

エアージャケットセット for iPhone 3G Clear PPK-71

エアージャケットセット for iPhone 3G Clear PPK-71
パワーサポート
売り上げランキング : 70

Amazonで詳しく見る by G-Tools

甦る〜ガンダム〜♪

 単にデジタルリマスター化しただけのファーストガンダムのDVD-BOXなどにはまったく興味なし(いくら綺麗に処理された映像とはいえ20年以上前のテレビアニメ。作画レベルも低い。デジタルCATVでエアチェックしてDVD-Rにコピー保存してあるので十分)の俺だが、これは発売を楽しみにしてた。

機動戦士ガンダム CD-BOX 機動戦士ガンダム CD-BOX
アニメ主題歌 池田鴻 フィーリングフリーミュージッククリエイション

キングレコード 2006-12-21
売り上げランキング : 1014
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 1979〜1983年の間にリリースされた、ファーストガンダムTV版&劇場版関連アルバム・全14作(18枚)のLPを完全復刻。
機動戦士ガンダムCD-BOX
 これらのオリジナル盤が発売されてた当時、俺は中学〜高校生。いくつかを購入したのみで、しかもカセットテープだったから、今回のCD-BOXは嬉しい。
 このうち12作はすでにCD化されているが、廉価版的な物ばかりだった。
 それが今回は、ジャケットはもちろん、ライナーノーツ、初回盤当時の帯にいたるまで、ミニチュア再現してCD化。
 ここまでやってくれたら「ベスト・オブ・ガンダム テーマソング集」のピクチャーレコードも両面再現して欲しかったけども、さすがにCDの読み取り面に絵を印刷するのは現時点では不可能だからね。しょうがないか(笑)。
 ライナーノーツなんかもちゃんとミニチュア再現されているので、ひじょうに読みにくい(笑)が、封入特典の解説冊子やCD-ROMに、ちゃんと読める体裁で再録されているので、大丈夫。
 単純に音が良くなったというだけではしょうがない。資料的価値もあると思うのだ。

 まずは、「交響詩 機動戦士ガンダム」を聴いて、悦に浸った。
 頑張った自分へのクリスマスプレゼント。