バトル・オブ・シリコンバレー

 先日、CATVのスーパーチャンネルで放送してたので、録画しておいた。
 数年前にVHSで録画したのを持ってるんだけど、好きな作品なので、今回改めて、スゴ録で。

 アップルのスティーブ・ジョブズとマイクロソフトのビル・ゲイツを主人公に、その対立を軸に周辺のコンピュータ業界を描いた、ドキュメンタリードラマ。
 ジョブズは、ちょっと優男で、実物と似てない(笑)けど、ゲイツはそっくり。それを見るだけでも価値はある!
 ちなみに、両者とも、ダークなエピソードばかりで語られているのが、ポイント。
 あと、語り部がスティーブ・ウォズニアック(もちろん、実物じゃないよ)ってのもツボだな。

 しかし、邦題は、センスないよなぁ。原題”PIRATES OF SILICON VALLEY”(シリコンバレーの海賊たち)の意味を理解してないよ。「バトル〜」って単純なのつけた人、変!
 まぁ、以前WOWOWで放送した時の「ジョブズとゲイツ〜シリコンバレーの青き炎」なんていう昼のメロドラマみたいなタイトルよりはマシだけど。