OpenOffice.org Mac Aqua プレビュー版

 Mac OS XネイティブGUI環境「Aqua」対応版「OpenOffice.org Aqua Development Preview」に新たな開発スナップショット(Second Aqua Development Snapshot)が公開 (2007.07.09 CNET Japan)

現時点では開発途上のプレビューバージョンとしての位置付けながら、Mac OS X環境における現存オフィススイートが抱える各種の課題を解決し得る存在の一つとしても、その動向が注目されるところではないかと思われますが、この度米国時間3日付にて開発過程にある同オフィススイートの最新開発スナップショット(Second Aqua Development Snapshot)に相当する「OpenOffice.org Aqua Development Preview」が公開され、現在公式ダウンロードページを通じて英語、フランス語、ドイツ語、日本語各ロケールに対応したバイナリパッケージがBitTorrent経由にて入手可能となっています(Intel版、PowewPC版共にdmgにて約139MB)。

 X11(Mac標準のXウィンドウシステム)を介さず、MacOSXネイティブで動作するバージョンの開発は着々と進んでいるようだね。
 まだ不具合点が多くて、試してみる気もおきないけど、かなり期待してるのよ。完成すれば、今愛用しているNeoOfficeよりも動作が速いと思われるからね。

 最近、Mac関連の話題が元気なので、嬉しい。

OpenOfficeのAqua対応が早まりそう?

 サン、「OpenOffice」のMacOS X Aqua対応を支援 (2007.05.07 CNET Japan)

 SunのPhilipp Lohmann氏はOpenOffice.orgの公式ブログで米国時間5月3日午前、Sunが同社の生産性スイート「StarOffice」のオープンソース版であるOpenOfficeの、Macユーザー用インターフェース「Aqua」へのポーティングを支援すると発表した。これは、SunがMacユーザー向けOpenOfficeのベータ版をリリースして以来、5年近くも継続されてきたプロジェクトである。

 現在、X11というXウィンドウシステム上でしか動作しないMacOSX版のOpenOffice.orgだが、これのMacOSXネイティブGUI環境であるAquaへの対応をサンが支援すると。
 Mac版はNeoOfficeという派生ソフトがあり、こちらが大人気で、俺も愛用させてもらっている。
 が、こちらはX11がいらず通常のMac用アプリ同様に起動できるものの、Java環境でGUIを実装しているので、動作がもたつく事が多く、辛うじて実用に耐え得るという状態だ(もちろん、それでもかなり凄いのだけれど)。
 OpenOfficeでもNeoOfficeでもいいけど、もっと速く、安定製が向上してくれれば良いね。

BonEcho α1

 初のFirefox 2.0系リリース「Bon Echo alpha 1」が公開 (2006.03.22 MYCOM PCWEB)

 現時点では、ソースコードと、Windows、Linux、MacOSXの各英語版バイナリが、こちらの公式サイトからftpで公開されている。

 サクっと試してみたところ、各種動作は、さすがに速くなっている。でも、文字が大きい!(笑)。
 うちはMac版を試用したのだが、まだ表示解像度設定を変更する欄が実装されてないので、たぶんWindows標準の96dpiに固定されているんだろう(Mac標準は72dpi)。

 ブックマークの表示の挙動が変更され、サイドバーじゃなくて別ウィンドウになってる。設定変更すれば従来通りになるのかもしれないけど、英語なので面倒くさい(笑)。

 ってことで、「どうしても使いたい新機能」はなかったので、またFirefox1.5.0.1を使う。

Tag(s) [ネット]

あった、大気圏突破の方法が。間に合うのか?冷却シフト全回路接続!

 俺のパソコンはアップルのPowerBook G4。その名の通りノート型だ。
 AirMacによる無線LANを構築しているし、まぁ、基本的には家中どこに持っていこうがネットに繋がるので、便利だ。
 しかし、この時期、ご多分に漏れず、かなりの苦痛が伴う。

 発熱によって、かなり熱く(暑く)なるのだ。

 昨今のパソコンはCPUの処理速度向上やHDDの高密度化にともない、動作発熱量は、まさにうなぎ登り。デスクトップ型なら色々な冷却方法が考慮されていて、水冷式もあるほどだが、ノート型だと冷却ファンがせいぜいなところ。
 その冷却ファンも、なんかうるさいのよ。夏場だと、PowerBookを使いはじめて10分くらいすると、冷却ファンが全力回転を始める。せっかくの充電バッテリー稼働により省電力設計なのに……。
 そもそも、ファンが回っても、パームレスト部分の熱さはおさまらないしな。

 ノートパソコン用の冷却シートも市販されているので、それを購入しようかと思ったが、2千円くらいするのに、どの程度の効果があるのか不安なため、購入に踏み切れない。

 ってことで、ひらめいた。

 大気圏突入用耐熱フィルム
 氷まくら。ジェル状のやわらかタイプ。

 言うまでもなく、急な発熱や寝苦しい夜に使うものだが、我が家の冷蔵庫に2個常備してある。
 これをタオルにくるんでPowerBookの下に敷いてみる。膝の上に乗せて作業しても、涼しいし。

 その効果、絶大。
クリックで別ウィンドウに拡大表示
 これは3時間スパンの温度グラフ。
 右のグラフ、上のラインがCPU表面温度、下のラインがバッテリー底面温度。
 経過時間中央やや左付近で大きく温度低下しているのが見て取れるが、この期間が、氷まくらを敷いていた時間帯。おおざっぱに見て、CPUで8度、バッテリーで7度くらい下げる効果があった。
 この期間、ファンは回転せず、パームレストも熱いと感じることなく、快適に作業できた。

 この夏は、この作戦で乗り切ろう。

 一応、まっとうなパソコン用冷却シート等を紹介。

ELECOM SX-A4 ノートパソコン冷却シート
B00008B33X
エレコム
売り上げランキング : 1,261

Amazonで詳しく見るby G-Tools

ELECOM PKU-FREE2 キーボード防塵カバー ELECOM SX-B5 ノートパソコン冷却シート ELECOM SX-A4F 冷え冷えトルネード ELECOM EF-FL15 液晶保護フィルム ELECOM  SX-CL01SV 冷え冷えクーラー

[オフ会]2005東京新年会レポ(5)

 オフ会3日目。

 起床して、出かける支度をする。
 オフ会最終日。横浜でランチだ。
 昨日までと違い、今日は俺の勢力圏外(笑)に集合なので、余裕をみて出発。
 すしバーさん・マンガーさんがお薦めの横浜駅の駅ビル内にある「ハングリータイガー」で、ハンバーグを堪能する。

 店の入り口脇でハンバーグを丸めている所を、ウィンドウ越しに見物できるんだけど、それを見ていて、なんか丸っこい(厚みのある)形だなぁ、と思っていた。
 それを、テーブルに運ばれてきて納得した。鉄板が置かれると、その場でナイフを入れられたハンバーグは二つになる。この片辺が、普通の厚さ。そこにソースをかけてくれる。ジュージューとはねるので、ナプキンを広げて、さえぎる。
 つなぎを一切使っていない、牛100%だそうだ。旨い!
 ボリュームもあり、腹一杯になった。

 すしバーさんの羽田出発まで少し時間があるので、秋葉原へ行こうということになった。
 電気店ではない。探しているのは、メイドカフェ。くろおびさんとgenさんがいるので、まぁそういう話題はでるだろうと思っていたが。
 秋葉原ならどうせ帰り道だし、興味はあるし、あまり濃い所でなければ行きたかったので、一緒に行った。
 最初の店は混んでいたので、別の所を探す。
 見通しのいい路地(?)を入った所に、あったので、そこに入った。
 でも、ここ、大きなウィンドウがあって、外から店内を一望できるし、普通の喫茶店だった。お姉さんも、衣装もメイドっぽくなかったなぁ。
 いや、「お帰りなさい、ご主人様」とか言われる所は苦手なので、内心助かったが(笑)。

 15時半、解散。
 以上で、オフの記録終わり。

ecto2試用でテスト

 ecto2で投稿するテスト。

 改行。

 続きを読む、もできるらしい。

:-

続きを読む

ザク大好き

 あちこちで公言してるけど、俺、ガンダム好き。特に(サイドバーにあるハーボットにも言わせているように)ザク好き。
25年前、何気なく見たアニメ。でも、ちょっと違ってた。うまく言えないけど、「いい感じの不快感を食らった」という気分だった。
 そのアニメ「機動戦士ガンダム」で、何が不快だったかといえば、まず、主人公アムロの弱さ。人間として誰でも持っているような(ましてや16歳くらいでしょ)不安や疑問、葛藤を露骨にアピールしてた。まるで自分やその環境を指摘されているようで、不快だった。
 次に、ザク。第1話冒頭でいきなり3機登場。いわゆる「やられキャラ」ということは理解に易いが、あの、モノアイのアップ。それまでのロボットの目は、ガンダムみたいな二つの目か、GMみたいなウィンドウ形だけと言っても過言ではないだろう。さらに、左右非対称のデザイン(左腕は肩アーマー、右腕は盾)も、あまり記憶になく、不快だった。
 ただし、この不快感は、どれも、既成概念を崩された、という意味であり、すんなり吸収し、やがて興味へと変った。
 趣味の物書きの身としては、富野セリフ(笑)やストーリーに共感できたし、実情として高校進学さらにその先の生業(なりわい)を工業デザイン系か建築設計へと決めた身としては、ザクのデザインに感動した。
 まぁ、趣味、憧れ、実情などは、微妙に食い違うことは多々あるわけで、現状に至るわけだが、単純な趣味としてのザクは、やめられないね。
 うまく説明できないけど、得も知れない思い入れみたいなもんがあるんだ。
 理屈はいらないかもね。
 ザク大好き。
 この写真は、ザク・コレクションのほんの一部(笑)。

ねこぱんち!
進ぬ、なまけもの!: お気に入り?・・・宝物??(ーー;)

Tag(s) [ガンダム]

サイドバー、カスタマイズ(修正)

 先週、MyClipを付けて見たんだけど、クリップが増えると使い勝手が悪くなったため、別ウィンドウを開いて表示するようにした。
 さらに、BlogPeopleのIBに変更。カテゴリが自由に作れて、こっちの方が便利そう。

 ねこぱんち!
 →サイドバー、カスタマイズ(自己)

リンク先を別ウィンドウで表示させる

 ブログ人で、お気に入りサイトなどを表示させる時には、「私リスト」機能を使う。
 単純にユーザーズマニュアル通りに私リストに追加すると、リンクのタイトルをクリックすると、表示がそのサイトに切り替わる。
 当たり前だけど、こうやってリンク先へ飛ぶと、ブラウザの「戻る」ボタンなんかでじゃないと、自分のブログに戻ってこれない訳だ。
 リンク先を、別の新規ウィンドウで表示させるには、タグに[target=”_blank”]のパラメータを設定しなければならないんだけど、簡単な技を発見した。
「私リスト」に登録する時、「リンク先URL」は空欄にしておき、「リンクのタイトル」欄に、HTMLタグで入れてしまうのだ。

 仮に、「リンクのタイトル」欄に
[a href=”http://www.hogehoge.com/” target=”_blank”]ほげほげ[/a] (実際のHTMLタグでは[]はと標記する)
 と入れれば、ブラウザのブログ表示にはユーザーズマニュアル通りに作成したのと同じく、リンク属性付で「ほげほげ」と表示され、そこをクリックすると、
http://www.hogehoge.com/というURLのサイトページが、別ウィンドウで表示される。
 自分のブログサイトを見失わせず、なかなかスマートな技だと思うが。

2004/01/20

 当サイトの構築に使っているAdobe GoLiveの新版、同CS(7.0)を買ってきた。
 ツールバー関連が、いかにもAdobeって感じになった。
 安定性は増したけど、メインのドキュメントウィンドウがツールパレットの下に表示されちゃうのは、Adobeアプリ共通の難点かな。
 俺のiBookの1024*768画面では、command-J(パレットを非表示)を多用せざるを得ず、ちょっと辛い。

 上記買物で電車に乗った時、ドア脇の席に座ったんだけど、松葉杖が他の乗客の邪魔にならないように、ほぼ垂直に立てて保持してた。
 そしたら、ある駅で、ばあちゃんが、がしっと、俺の松葉杖をつかんで、びっくりしてた。
 手すりと間違えて、その感触の違いにびびったんだろうけど、驚いたのは、俺の方だよ(笑)。