「旧」三部作はどうしたのだ

 WOWOW開局15周年記念企画として、シリーズ全6作他関連番組を26時間一挙放送している。
 そのうちの、いわゆる「旧三部作」。事前にプログラムガイドを確認したら、この3作はハイビジョン放送でないのは当然として、ワイドですらない。
 なので、淡い期待を込めて、スゴ録にタイマー録画したのよ。
 結論からいえば、期待は裏切られた訳だが(笑)。

「新たなる希望」なんてサブタイトルも、街を歩き回るジャバも、しばらく見ない間に数が増えたイオークも、どうでもいいんだ。
 そららを否定はしないよ。トリロジーDVD-BOXを持ってるしな(笑)。
 ただ、せっかくの開局15周年なんだから、放送フォーマットから予想して、もしかしたら、本当のオリジナル版を放送してくれるのか、と期待したのに。

 インタビュー映像をみると、ルーカスさんは、「特別版」をオリジナルと呼んでいるらしいので、もしかしたら、本当の初期公開版は、もはや放送許可が下りないのかも知れないね。

 ちなみに、「帝国の逆襲」ラストシーン、アナキンの幽霊役がヘイデン・クリステンセンさんが演じる映像に合成編集されているのは、わりと賛成派な俺。

「機動戦士ガンダム」遂にDVD化

 機動戦士ガンダムのTVシリーズが、やっとDVD-BOXに!
 →機動戦士ガンダム公式Web

 詳しい事はしらないけど、「オリジナルのまま」での磁気テープ以外での商品化権は○ニーが所有していて、だから、劇場版も苦肉の策として、アフレコし直してソ○ーの了承を得たらしい。
 でも、他にも色々なしがらみはあったんだろうなぁ。

 雑誌のインタビュー記事で、御大が「Z劇場版の後は、ファーストDVD化に向けての作業で忙しい云々」と言っていたそうで、劇場版特別編の悪夢(新規アフレコと、BGM差し替え)再び……と危惧されたが、モノラルでのリリースってことで、どうやら音に関しては大丈夫ぽいな。

 ともかく、遂にDVD化。ファンをないがしろにしることだけはやめてくれよ!

Tag(s) [ガンダム]

メクトン

 久し振りにG20を引っ張り出して読んでいた。
「G20」とは、前世紀末に、ガンダム20周年記念トリビュート雑誌として9号刊行されたムック。
 昨年、その特集ページを中心に2冊に再編集した復刻版も出ている。

G20復刻版 REVIVAL SIDE-A
ホビー企画部
4757722729
G20復刻版 REVIVAL SIDE-B
ホビー企画部
4757722737

 その中で、「ガンダム戦記 一年戦争全戦闘記録」という書籍を作った人へのインタビュー記事がある。

060311.jpg
 この書籍、テーブルトークロールプレイングゲーム(TRPG)のルールブックなんだけど、タイトルのとおりガンダムが題材。
 しかし、このゲームシステムの原作はアメリカなんだよね。
 日本アニメが大好きなアメリカ人が作った汎用ロボットTRPG「メクトンZ」が原作。汎用なのでなんでもできるけど、逆に設定から考えるのは大変ってことで、翻訳にあたっては、ガンダムの一年戦争として構築したというわけだ。
 つまり逆輸入ってことになるのかなぁ。
 この本、前半のプレイシナリオを読むだけでも面白い。
 ユニット設定には(どう使うかは別として)エレカや自転車まであって、感動もの。
 ちなみに、原作の「メクトンZ」は、もちろん「メクトンゼータ」と読む。これ、初版が「メクトン」、第二版が「メクトンII」、三版がこの「メクトンZ」で、その後の拡張ルール集は「メクトンZプラス」らしい。
 アメリカのガンダマーもかなり濃いね!
ガンダム戦記—一年戦争全戦闘記録
トイインターナショナル R.タルソリアンゲームズ
4757206585

Tag(s) [ガンダム][本と雑誌]

貫録ついたな!

 報道ステーションで、皇室典範改正の動きに関連して女系天皇について簡単に説明していた。
 それはどうでもいいが、いや、よくはないけど、とりあえずその事ではなく。
 国会議員にインタビューしてるわけよ。その内容も、とりあえずどうでもいいが、なんか、久々に顔みたぞ、柏村武昭さん!
 ローカル放送では議員当選まで大活躍していたそうだが、俺としては、お笑いマンガ道場時代しか記憶にない。
 元気に頑張っておられるんだね。うむ。貫録もついたな!

金メダルおめでとう

 女子フィギュアスケートの日本選手。おめでとう。
 いや、素晴らしい演技だったし、実際に優勝だしな。

 んでも、昨日、インタビューに答えていた「明日はノーミスして頑張りたいです」という妙な言葉がずっと頭に残って、手放しで応援できなかった、素直じゃない俺。

DVD&BOOK ガンプラファクトリー

 まず、最初に。
 ガンプラファンは迷わず買え! ただし、ガンダムファンであるだけなら、しょうもないDVDかもしれない。

ガンプラファクトリー
ガンプラファクトリー
バンダイビジュアル 2005-02-24

by G-Tools

 このDVD、「ガンプラファクトリー」のタイトル通り、発売から25年を経てますます増殖を続け、もはや模型のジャンルどころか、趣味としての1ジャンルとも言えそうな「ガンプラ」についての現時点での歴史紹介映像と、資料本のセット。
 アニメ作品としてのガンダムについては語られていない。ゆえに、冒頭の言葉になるのだ。単にガンダム好きなだけでは面白くも何ともないと思う。

 ガンプラでジオラマ撮影したテレビCMの「ジオン脅威のメカニズム」「続々と生産されるMS工場」というナレーション。懐かしい!
 バンダイ静岡工場「通称静岡ワークス」の生産ラインの紹介や職人(最初の1/144ガンダムの設計をした方とか)のインタビューは感動するね。
 ビークラフトの阿久津さんが「可動にこだわる意味は判らない。ガンダムのヒザを90度曲げた状態で飾っている人がどのくらいいるのか? プラモデルは形を愛でるものでしょ。いじりまわせば壊れるよ。それをかちゃかちゃ動かして遊ぶ。それを否定するつもりは無いけど。ガンプラはマニアックな層にしか売れない。でもメーカーとしては裾野を広げたいためにさまざまなアプローチをする。考え出すとひじょうに難しい商品だ」と言っていたのが印象的。

Tag(s) [ガンダム]

空耳ソング

 今、スゴ録が「おまかせまる録」で自動録画されてて、何だろうと思ってつけてみると、BS-2で「冬のソナタ コンサート」だって。
 そんなもん自動録画キーワードに入れてないぞ。
 と、番組表みたら、大林宣彦さんがちょっろとインタビューで出てたらしい。

 まぁ、それはともかく、早速録画は停止。
 ついでにちょっと見てたら、ちょうど、例の主題歌を歌ってる。
 いや、もう、やっぱり、これのサビのところは「根がお越しプーでマダムなり〜」にしか聞えない……。

 文句無しに、今年のマイベスト空耳ソングだな。

 
ねこぱんち!
もげきゃっち: 最近のマイブーム 〜空耳〜