四十肩(3)

 ほぼ回復。というか、発症期が終わり、この後徐々に回復していくらしい。

 先週書いた、肩が痛みはじめた頃の発熱は、どうやら服用した鎮痛剤の副作用だったらしい。具合悪くて頭が働かなかったが、考えてみればそうだよな。解熱鎮痛剤を飲んだのに、痛みは引いたが急に発熱するなんておかしいよな。
 ロキソニンは痛風発作時のために持ち歩いている物で、今回は25日23時頃に1錠、26日昼に1錠服用。6時間以上空けている。
 ただ、暑い中を外回りだったためと、発症期で肩の炎症がひどい時にかなり無理な方向に動かしてしまったのがいけなかったのか。
 強力な鎮痛剤(=劇薬)だということは承知しているので気をつけていたし、喘息持ちでもないから、いわゆるアスピリンアレルギーがでるはずはないと思ってるし。
 発熱と同時に首から咽も腫れてしまい、まだ少し気道が苦しい。
 改めて、ステロイド系鎮痛剤って諸刃の剣だなぁと思ったよ。

 ともかく、肩は動かさなければ痛くない状態になった。この状態の時に、回して運動していけば良いらしい。

 つらい一週間だった。

ヤツだ……ヤツが来たんだ!

オペレータ「接近するアレルゲン3! そのうち1つは通年の3倍の威力です!」
ブ○イト 「……は、艦長、何か? え?黄色い野草?」
パ○ロ艦長「黄色い野草のキリンソウだ……、に、逃げろ!」


 もともとスギとイネのアレルギーという検査結果をもらっているのだが、秋にこんなにつらいのは初めてだ。
 思い起こせば、今年は春も最強だったからなぁ。
 まぁ、逃げて済むなら簡単なんだけども、キリンソウ(セイタカアワダチソウ)は至る所に生息してるし、俺はキンモクセイのにおいでもクシャミでるくらいだからな。

2002/03/18

また、花粉症がつらい季節になった。
3年前に検査した結果だと、俺の場合、杉花粉と稲花粉に対するアレルギーがレッドゾーンだったので、つまり、一年中やられるってことらしい。
風邪っぽいし、やばいやばい。
4月からは、東京から高崎へ転勤し、長距離通勤になるので、体調は万全にしとかないといけないんだけどねぇ(笑)。