仮面ライダーボトルキャップ、売り切れ

 セブンイレブン限定の、仮面ライダー ボトルキャップ。
 ついに、自宅周辺でも勤務地周辺でも、品切れ終了。
 たぶん合計30本くらいのペットボトル(ほとんどは、お茶の「玉露庵」)を飲みつつ集め、ダブリを人にあげたりして、今日現在の集計が、これ。
旧1号
 旧2号
 新2号
 ライダーマン(3)
 アマゾン
 ストロンガー(2)
 アギト
 ファイズ(2)
 カリス
 レンゲル
 [参考]アマゾン(2002版)
 [参考]スカイ(2002版)

 こんなもんかなぁ。でも、改めて冷静に計算してみると……。
 欲しかったのは、昭和ライダー(RX以前)なので、入手したのは6個。
 全購入30本として、合計4500円。で、4500/6=750円……。
 欲しかった物だけのダブリ除外すると、1個750円かよ!
 高い!

 ……まぁ、だったら、俺の実績としては、1個750円未満なら、安上がりということだな。

仮面ライダー俳優

 昨日、テレビドラマを見ていて要潤が出演していた時、思わず「仮面ライダーアギトの人だ」と言ってしまった(正しくはG3の人か(笑))。
「新選組!」では、「仮面ライダークウガの人」が斎藤一を演じているし。
 「Dress You Up:藤岡弘 オンドゥルに対抗意識」にも書かれているが、確かに仮面ライダーシリーズは若いイケメン俳優の登竜門になっていると、俺も思う。
 しかし、それは「今は」ではなく「昔からずっとじゃ」ないかなぁ。
 古くは初代の藤岡弘、を始め、V3宮内洋、ライダーマン唐沢寿明。しばらく間を置いての復活仮面ライダー(スカイライダー)村上弘明、スーパー1高杉俊介……。
 どの方も、その時代々々の若手イケメンで、もちろん、今でもナイスな役者さんだと思う。
 案外、昔から仮面ライダーには、奥様ファンがついていたかもね(笑)。
 それにしても、今の藤岡弘、の仮面ライダー。見たいね。おやっさん役で登場し、最後には「俺も実は改造人間だ」とかいって変身してムチャクチャ強いとか(笑)。

 ちなみに、藤岡さんの現在の芸名は「藤岡弘、」と最後に「、(点)」が付くそうだ。
 モーニング娘。に対抗したのかと思ったけど、なんと十数年前に改名したんだって。へぇ〜。

 追記(2004.05.08)

 唐沢寿明さんは、「仮面ライダーZX」において、ライダーマンのスーツアクターを演じておられました。この事は広く知られていると思い、当該記事中では、受け狙いで「ライダーマン=唐沢寿明」と意図的に書いたものですが、表現的には、読者が事実と異なる解釈をされてもやむを得ないまぎらわしいものでした。
 おわびいたします。