エアジャケット

 アマゾンで注文しておいた、パワーサポートの Air jacket (エアージャケット) クリアが届いた。
エアジャケット
 背面に装着する、ポリカーボネート製のカバー。液晶部保護フィルム(前面の全面(笑)を覆う物)とのセット。液晶保護フィルムは別の製品をすでに購入・装着済なので、今回のはとっておこう。
エアジャケット
 厚さ0.8ミリのポリカーボネート製。「iPhone3Gの外観を損なわない事を最優先に考えた背面用クリスタルジャケット」とのこと。
 さっそく、装着。
エアジャケット
 おぉ、これはいい。実は、iPhone購入の翌日に、某社のシリコンジャケットを購入して使ってたんだけども、Dockコネクタまわりがブニブニしてて外れそうだし(実際には外れないが)、何しろ背面のAppleマークが隠れてしまうのが残念だった。
 それに比べて、このエアージャケットはいいね。さすが各種iPod用クリスタルジャケットシリーズで評判いいパワーサポートだわ。いい仕事してるね。

 それにしても、このエアージャケットを装着した黒iPhone3Gの背面。何かに似ているなぁとすっと考えていたのだが、やっと思い出した。なんとなく、以前の黒いApple純正マウス(通称=栗まんじゅう)に似てない?

エアージャケットセット for iPhone 3G Clear PPK-71

エアージャケットセット for iPhone 3G Clear PPK-71
パワーサポート
売り上げランキング : 70

Amazonで詳しく見る by G-Tools


違和感あり

 いつの間にか、甘い物の類をスイーツと呼称するのが定着している訳だが。
 それはいい。だけど温泉まんじゅうに「伝統の和風スイーツ」ってのはなんだよ! ちっとも伝統を讃える表現じゃねぇだろ。
 温泉まんじゅうに対して、失礼だ。
 そもそも「和”風”」じゃなく「和そのもの」だろう。
 素直に「和菓子」と呼べ。


気分はヒビキさん

 嫁さんと、秋葉原へ買い物にいった。
 注文した商品のセットアップに30分程度時間がかかるというので、その間お茶でも飲んで待つか、ということになった。
 で、交通博物館の裏手にある、甘味屋「竹むら」に行く。
 昭和初期のままの建物で、東京都から保護指定を受けている。
 入り口を通る時に、「おやっさん、いる?」とか言いそうになった。
 気分はヒビキさんな俺。
(この店は、よくドラマにも登場してて、最近では「仮面ライダー響鬼」で、柴又の団子屋「たちばな」としてロケに使われている)

 ちょっと高級な甘味屋さん。でも、気兼ねなく入れる雰囲気は、さすが下町。ここから歩いて数分のところには、銭形の親分がいたしな(謎)。
 席につくなり、
「あの階段の途中に忍び返しがあるんだよな」
「おやっさんはいないの?」
「厨房の奥から、猛士事務局へいけるんだよ」
 などと、怪しい会話をかわす、我ら夫婦。

 やっぱり、事務局への入り口は極秘らしいね。発見できなかった(笑)。

 あ!
 俺は「田舎しるこ」、嫁さんは「粟ぜんざい」を注文した。
 しつこい甘さじゃなく、美味しかった。
 子供たちへの土産に、「揚げまんじゅう」も買った。
 まんじゅうの天ぷらって感じなんだけど、これも絶品。