ひかり早得で京都へ

「死ぬ前に一度、京都に連れていってくれ」というお袋の要望に応え、今年の夏休み家族旅行は、お袋&嫁さんの両親を誘っの大人数7人で、京都へ。

 今回は「ひかり早得きっぷ」を利用。以前はJR東海の窓口でしか買えず、ひかりの本数も少ないので、安さは魅力だがちょっと使いづらい切符だったが、いつのまにか関東の旅行代理店でもJR券扱ってるところなら買えるところが増えたんだね。ってことで家の近くの旅行代理店で購入。

 東京〜京都片道11500円。指定席は選択出来ない、特急料金は予約した列車のみ有効(乗り遅れても後発新幹線には自由席にすら乗れない)と制約が多いものの、学割料金よりも安いからしかたない。
 1ヶ月前の予約開始日夕方に申込みに行ったんだけど、お盆前の日取りなのに、第一希望の時間はすでに残り5席(我が家一行は7人)で、次のにした。

 あとは、朝が早いのが、ちと辛いのと、休日にも新幹線に乗るのかぁと思うとちょっと(笑)。
 でも、夏休みは楽しいもんな!

ごめん、気付かなかった

 「フレッツサービス」および「ひかり電話」をご利用できない状況について(一部回復)(2007.05.15 NTT東日本)

 なんだか、NTT東日本の首都圏の一部以外のほぼ全域で不具合があったらしいが。
 ほんとごめんなさい。うちもBフレッツなんだけども、東京23区なので影響なかったらしく全然気付かなかった。っつーか逆に、この時間のわりには、いつもより速くて快適なんだけど……。
 喜ぶのは不謹慎だよね。
 ごめんなさい。

 まじに早く復旧しますように。

固定電話を解約

 いわゆる「電話」。家に引いているのが当たり前だと思い込んでしまって久しい、

 今日、NTT東日本との契約による自宅固定電話回線の解約を依頼した。
 IP電話を導入以後、いままでの3年弱、NTT回線からは滅多に発信していないし、最近1年間ではまったく発信していない。知人にも告知していたので、今では多くの方がIP電話回線の方にかけてきてくれるようになった。
 俺と嫁さんと娘が携帯電話を持っているので、急ぎの時にはその中の誰かには連絡を貰えるだろう。
 全く使わない物に1800円/月も払うのはもったいない。

 NTTは今後は公衆電話や固定電話のインフラ整備は行わないという事を聞いたような気がする(ソースが不明なので、ここでは根拠なしだが)。
 116番に書けた時の、窓口担当者さん。解約自体にはすんなり応じてくれ、希望する回線切断日時の指定まで、スムーズに進んだ。
 IP電話に加入しているのでいらないっていってるのに、ひかり電話を薦められて、ちょっと鬱陶しかったけどな。
 東日本とコムとの違いはあるにせよ、うちのプロバイダはOCN。系列会社だろうが。

 とにかく、今月29日で、固定電話回線は切断。