給水ランプが点いたり消えたりしている……あははっ

 めっきり冬っぽくなり、室内も乾燥ぎみなので、物置から加湿器をだしてきて、スイッチを入れたら、まったく音がしない。
 パネル前面にある給水警告ランプが、点いたり消えたりしている。
 湯気も止まったまま。水切れかな? いや、違うな。水ならさっきちゃんとタンクにバァーっと入れたもんな……。

 昨シーズン末、中を掃除した時に、機械部分にも水かけて洗っちまったのを、乾燥させてなんとか乗り切ったのだが、しまって置いた間に、そこがいかれたのか。

 エアコンつけるとかなり乾燥するので、しょうがなく、買いにいった。
 加湿器は6年ぶりの買替なんだけど、進歩してるねぇ。
 まず、昔は低電力で高パワーって売り文句だった超音波振動噴霧式ってのは、もうまったく無かった。
 省エネ対策はもちろんだけど、簡易空気清浄機能付きの18畳対応が65ガンプラ(日本円に換算すると1ガンプラ=300円)だもんな。安くなったね。
 別に広い部屋に設置するというわけじゃなく、単に、和室6畳2部屋をふすまなしで一部屋使いしてるだけなんだが。
 それにしても、ハイブリッド気化式って何よ?って感じ。
 蒸気が出ない加湿器って、インチキくさいと思うのは俺だけか?


前バージョンのように市長だけをやっているわけにはいかんのだ

 2度も発売日が延期されていたSimCity4 DELUXE for Mac 日本語版(以下「シムシティ4」と表記する)が、昨日やっと店頭に並んだ。

SimCity4 DELUXE for Mac 日本語版

B000B8V9TC
フロンティアグルーヴ 2005-11-11
売り上げランキング : 2,590

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 前にも書いたが、シムシティは大好きで、このシムシティ4も待っていたものだ。Win版は3年近く前に発売されていたが、うちにはWin機がないし。
 しかし、推奨動作環境が、凄まじい。

 MacOSX 10.2.8以降/PowerPC G4 700MHz以上/空メモリ256MB以上/HDD空容量2GB以上/VRAM32MB以上搭載の3Dビデオカード/DVD-ROMドライブ必須

 日頃の作業では快適にまったく不満もなくサクサク動いている俺の愛機 PowerBook G4/1.5GHz でも、ギリギリのスペックじゃん! うひー。
 かなりドキドキしつつ購入し、早速起動。
 ドキドキ。

 おっ!?

 意外にいい感じじゃん。快適とは言えないが、あまりひっかかるような表示もなく、思っていたほど遅くない。
 っつーか、Xに未対応でclassicモードでしか動かない前作シムシティ3000と比べるとかなり速い(笑)。

 まだチュートリアルと、無計画な試作都市を作ってみただけだけど、コマンドや管理項目も前作よりはだいぶ整理されていて、都市開発に集中でき、永く楽しめそう。
 今回は、市長モードだけじゃなく、神モードもあるんだね。俺はあまり神にはならんが(笑)。

 今日は本格的に始めようと思う。
 もちろん、地域名は「ネオジオン」、最初の都市は「スイートウォーター」と命名。


オフ会終了

 東京近郊の親しいブロガーが集まり、ほぼツキイチ間隔で開催されている、「東京オフ会」。
 俺は前回に欠席しているので、7月2日以来だった。
 久し振りに会うみなさんは、元気そうでなりより。
 初めてお会いした、ゆかりさん、るしさんも、予想通りの楽しい方で、素晴らしいひとときを過ごさせていただきました。

「唐人凧」の牛しゃぶしゃぶ&ジンギスカン食べ放題飲み放題に行ってきたわけだが、いやぁ、たくさん食ったし、たくさん飲んだね。
 店員の対応もよかったし、総体的にはいいお店だったね。

 参加者のみなさん、お疲れ様でした。そして有り難うございました。
 また集まりましょうね。


怖い話、実話

 もげきゃっち: 聞いたら出るよ に、ねこぱんち。

 ろぷさんは、夏になってから、怖い話を続々公開されてますが。
 俺も、とっておきの話を書く。しかも、俺が体験した実話。

 20年近く前かなぁ。やたら目が痛いので、眼科で見てもらったんだ。
「逆さまつ毛です。まだそんなにひどくはないけど、手術しましょう」
 そんなふうに、さらりと言われた。だから、さらりと応えた。
 手術といっても、入院はしなくてもいいそうだし。
 で、だ。
 予約した手術当日が、やってきた。
 日帰りとはいえ、やはりドキドキするよね。手術だし。
 しかし、手術室に入るまで、その本当の恐怖には、まったく気付かなかった。
「はい、麻酔しましょう」
 なんだか頭を固定されて、麻酔の注射をされる。目の付近にだ。
 注射針が目を目がけて(ダジャレのつもりじゃねーぞ)、せまってくる!
「ちくっ」
 しばらくしたら、なんか眠くなってきた。視界もぼやけてきた。
「始めますね〜」
 おぉ、今度は大丈夫だろう。寝てるうちに終わってるさ……。
 ……と、なんか、また先生の顔がせまってくるぞ。
 ぼやけてて良くわからないけど、またなんか器具が……せまってくる!
 何々?メス?ピンセット? なんだからよくわからないけど、とにかく、そんなような物が、また、目を目がけてせまってきた。ぼやけていればぼやけているなりに、怖い。いや、この方が余計に怖いかもしれない。
 痛みは感じないけど、まぶたのあたりを、突いたり切ったりしてるっぽい。
 なんかちょっと、夕焼けみたいだ。うわ。やっぱり、まぶたを切られているよ。ひー。
 でも、麻酔が効いているので、頭はうごかせない。
 怖ぇぇ。まじに怖ぇぇ。

 ……その日以降、少しの間、軽い先端恐怖症になったよ。
 もう絶対、逆さまつ毛の手術なんか受けない。

 以上、怪談ではなくて、ごめんなさい。
 でも、本当に怖かったんだよ。


2003/03/09

京都旅行二日目。京都は午前中ずっと雪が降ったり止んだりだった。
旅館を出る時、「今日は雪が降って寒いから」と、使い捨てカイロを10個くらいくれた。ひじょうに嬉しかった。「はんなりとしたおもてなし」というキャッチフレーズだったが、あたたかい雰囲気の、良い宿だった。今まで何度かヤフーで宿をオンライン申込みした事があるが、どこもハズレはない。
で、今日の見学計画。まず四条河原町にあるブリキのおもちゃ館へ行くことにする。
が、近所まで行くが見つからないので電話で確認したら今日は休みらしい。残念。
しかし、駅まで戻る途中で発見…発見したが、店構えが期待していた物とかなり違う。どう見ても、町のおもちゃ屋の2階に店主のコレクションを陳列しているだけという感じ。看板は「博物館」だったけど(笑)。
休みなので実際に中に入ったわけじゃないので未確認。
雪が降っていたが、京都らしい所へ行こうということで、清水寺へ。
天気が悪いのに、結構観光客が多い。さすが、清水寺。
菩薩様の胎内めぐりに、初めて入る。中は真っ暗だが、子供たちも大喜び。こういうの、喜ぶよね、子供は。
本堂の舞台からの眺めは、雪くめっていたけど、それはそれで風情があった(と思い込むようにする)。

帰りに秋葉原で地下鉄に乗り換える前に、家族の了解を得て、ソフマップに寄り、スタイラスペンを購入。
3本セットで1479円。高い。それに3本もいらないし。旅の帰りで疲れていて面倒くさかったし、たまったポイントで買えるのでと思い、レジへ。
もう無くさないようにしよう。