てかてか


 ガンプラ記事の中でよく書いているが、俺は、基本的に無塗装素組派。もちろん、ただパーツを切り出して組立てるだけではないが。
 バンダイの成型技術力の恩恵を十二分に受けて、ゲート処理をするだけ。あとは、全身の表面処理に時間を費やす。
 ガンプラを磨くのって大好きな工程だ(笑)。
 表面処理も、俺なりに気を使っているつもり。サフ吹きと塗装がないだけって感じかな(それでもかなりの簡略化ではあるけど)。
 最終仕上げはペーパーではなく、コンパウンドをよく使っている。600番のペーパーがげの後、1000番のコンパウンドで軽く磨く。つや出ししたいパーツには、さらに2500番のコンパウンド。
 ガンダムマーカーでポイント塗装した時のはみ出し部分も、爪楊枝の先にコンパウンドを少し付けてこすり落とす。
 最後に、全体をティッシュペーパーでふき取る。
 ところで、1000番で仕上げた時も、ティッシュペーパーでふいた後は、ちょっと光沢がでちゃうんだよね。これ、コンパウンドの効果なのか、ティッシュペーパーに含有されている蛍光剤の効果なのか、わからん。
 でも、大量に使うから模型用のクロスなんか買ってらんねーしな。

 いずれにしても、今回組んだHGUCキュベレイは、丹念に磨き上げた。
 無塗装でも、ここまでできるよ。

Tag(s) [ガンダム]