夜ナッツをつまみに作戦


 ほぼ毎日、深夜に30分から小一時間程度、ガンプラ(ガンダムのプラモデル)を作っている。
 ふと、以前の兄貴のTwitter投稿を思い出した。
 以下、引用させていただく。

常に忙しそう、つか時間が無さそうなのにも関わらずプラモ作りやPC周りをいじったりと、仕事ではなくあくまでも趣味の範疇でいわゆる「工作」系の作業を毎日のようにやっている友人が何人かいる。ネット越しで知る限りだが。
なんか凄えな、と思う。
ぐうたら一代の俺からすっと、信じられない。
おそらくだが、彼らにとってはそうした一文にもならない手作業が、自身の生命や心を維持する原動力なのだろう。一緒に生活した時間はほとんど無いところの画家であった亡父も、常にスケッチなど手を動かしていたらしい。文化・芸術、そして何より表現というものは、そうしたものなのだろうな。

 プラモ作り云々は、俺の事だよね、おそらく。
 生命や心を維持する原動力などというたいそうなものだという意識はないが、確かに「リセット」の役目はあると認識はしている。
 でもホント、別に凄くはないよ。ガッツリと夢中になってというより、酒を飲みながら、テレビ番組の録画や配信動画を観ながらだし。
 だらだら……ほどではないが、まったりと作っている。
 なので、酒のつまみも用意する。深夜に食うのはよくないとは思うものの、癖になる。人間ってなんて弱い生き物なんだろう。

 最近は——さすがに体重が気になるので——ミックスナッツを少量(片手に乗るくらいの量)で我慢している。ナッツも結構なカロリーだろう。深夜に食うのをやめろと言われるのはごもっともだが、そうはいかない。人間ってなんて弱い生き物なんだろう。
 以前はビーフジャーキーやドライソーセージ、カップ麺なんかだったのだから、100Kcal分のミックスナッツなら、かなり減った方なのだ。だいぶ我慢しているのよ。人間ってなんて弱い(以下略)。

 数粒のナッツを何度も噛む。満足感があり少量で済む。健康的になったなぁ(と錯覚する)。
 咀嚼は脳への刺激にも良いらしい。ガンプラ作りもはかどる(と錯覚する)。

 なにより、また明日もがんばろう! という気分になる。
 仕事をしないとガンプラも買えないしね。

とうきびチョコ

 北海道から上京した友達から、おみやげをいただいた。
とうきびチョコ

とうきびチョコ
「とうもろこしがそのままチョコになっちゃいました。雄大な大地で育った新鮮なコーンをフリーズドライにして、ホワイトチョコレートを浸透させた、まったく新しい新食感チョコです」
 とのこと。
 うむ。チョコというよりコーンだね。美味。ドライフルーツの感覚に近いかな。
 焼酎のつまみにいただいてます。

ビーフジャーキー(味)

天狗ビーフジャーキー コーンチップス
 酒のつまみに買ってきた。「テング ビーフジャーキー味 コーンスナック」
 本物のテングジャーキーは高いのでね(笑)。

 歯応えは、まぁ、コーンスナックなので、当然、まったくの別物。で、味は……かなり頑張ってテングジャーキーを再現していると思う。
 こりゃ美味い。

Firefox 3.5.1

 遅ればせながら、Firefox 3.5.1を試用してみる。Firefoxは毎回アップデートはしているものの、現在のメインブラウザはSafari4にしている。
 Firefoxで大きな問題点のひとつに、テキスト入力ボックスのスクロールつまみの表示が変になる現象があった(Mac版だけかもしれないし、さらに俺の環境下だけかもしれないけど)。特にFC2管理画面の新規記事作成時のテキスト入力ボックスが、ぐちゃぐちゃになって困ってた。
 言うまでもなく、操作系の表示不具合って、かなりのストレスなんだよね。
 で、久しぶりにFirefoxを試用したところ、この不具合がちゃんと解消されていた。よかったよかった。
 リンクをクリックした時に「常に新規タブで表示」に設定した時の挙動なんかは、SafariよりもFirefoxに方が好み。まぁ、どのブラウザも——IEは論外だけど——一長一短あるのは承知しているが。

昨日、藤沢で。

 小田急百貨店藤沢店で開催されている北海道物産展に、十勝帯広の桔梗さんが出展しているというので、昨日、激励がてら嫁さんと行ってきた。
 店主バタさんとは、一昨年の9月に池袋出張で上京された時以来になるので、この機会にお会いしたくて。

 物産展会場にいくと、肉を焼いているバタさんを発見! お客さんがいるので、邪魔にならないように様子をうかがいながら、「こんちは!」と軽く声をかけつつ手を振る。
 ほんの少しお話をして、豚丼弁当とタレ、おかきを買って、とりあえずその場を離れる。豚丼を食べた後に、またあいさつだけして、その場を後にした。

 昼過ぎから実家方面で用事があったので、ほんの少ししか居られなくて申し訳なかったが、約1年半ぶりにバタさんとお会いできて、嬉しかった。帯広と東京とじゃ、滅多に会えないもんなぁ。

 当然だが、豚丼はその場で食ってしまった。あとは、タレとおかきだね。

豚丼おかき
 もちろん、本物の豚丼にはかなわないが、この豚丼おかきも絶品。しつこい味じゃないので、酒のつまみにも、子供のおやつにもいい。

 っつーか、やっぱり、また帯広に行きたいな。

紀文「魚河岸あげ」試食モニター

B-Promotion(ビープロモーション)」から届いた、紀文「魚河岸あげ」の試食モニター。
 メーカーサイト「紀文・おでんでほっと・HOT」で紹介されているとおり、やっぱりおでんや煮物の具にするのが定番なんだろうけども、さすがにまだ暑いので、今回は、そのままで酒のつまみにいただいた。

 届いたのは、「魚河岸あげ」「ひとくち魚河岸 えび」「ひとくち魚河岸 鶏五目」の3品。
「えび」は開封後、うっかり写真を撮る前に袋を捨ててしまった(笑)。

魚河岸あげ
魚河岸あげ
「魚河岸あげ」はロングセラーで、それがさらになめらかになったそうだ。
 豆腐と白身魚のサッパリとした味で、きっとどんな料理にも合うんだろうな。今度は煮物にしよう。

魚河岸あげ
 で、そのまま食った感想。
 確かに、煮物ほどの満足感は味わえないけども、ほんの少しのカラシと醤油をつけて、美味しくいただけた。他を邪魔しない味。
 えびは、俺は苦手なので嫁さんと子供に試食してもらった。小さく刻まれた海老の食感がいいアクセントになって美味しかったとのこと。
 鶏五目は、ほんのり甘い。カボチャの甘みだが、これも嫌味がなく、さらっとしている。

 繰り返しになるけど、やっぱり煮物の方が向いているね。それならなお美味しいこと間違いなし。
 今回は、ちょっと失敗。

 で、魚河岸あげ発売から20余年、長年のご愛顧に感謝し、「紀文・おでんでほっと・HOTキャンペーン」〜大自然と温泉で癒される ニュージーランド・ロトルア7日間の旅プレゼント〜というオープン懸賞もやってるみたい。
 運が良ければニュージーランドへ行けるかも?

キャンペーンバナー

紀文「魚河岸あげ」

笑笑「鶏のなんこつ揚げ味」コーンスナック

 居酒屋チェーン「笑笑(わらわら)」のモンテローザとフリトレーとのタイアップ商品。


 チートス状のコーンスナックに、鶏なんこつ揚げの味付けをした物。
 居酒屋にいくとかならず注文するほど、鶏なんこつ大好きなので、これは避けて通れまいと、スーパーで見つけて即買い!

 食感はチートスそのもの。でも、チートスは美味いからね。問題なし。
 そして、なんこつ揚げ味……っつーか、スパイスの味。笑笑の料理本体とは別物。コーンスナックじゃなく、せめておかきなら、とか思ったが。
 でも、笑笑とは関係なく、普通のガーリックスパイス味のつまみとして食えば、すげー美味い。
 焼酎がすすむわ。

Tag(s) [飲み食い][酒]

カップやきそばは酒のつまみになるか

 以前、すしバーさんの、即席やきそばUFOについての記事のコメント欄で、何気なく「カップやきそばは家で酒を飲んでいる時のつまみにもよい」と書いたところ、衝撃を与えてしまったらしい。
 すしバーさんはあまり酒を飲まない方なのでそう思ったとおっしゃっていたが、んー、もしかしたら俺の周辺だけの文化だったのか?
 もちろんUFOとかペヤングとか、ああいうやきそばは、昼飯の足しにしたり、夜食としても良く食うが、若い頃は、もっぱら、ビールや焼酎の友だったなぁ。
 あと、袋のインスタントラーメンね。
 これは、まっとう茹でるんじゃなく、袋をあけて、その中にスープ粉を入れた後、砕いて振る。そして袋を全開に広げて、ポリポリと食う。スーパーの売り出しの時なんかに買いだめしておけば、滅多に安売りなんかしないベビースターより安いのよ。当然、普通に夜食にも食えるし(笑)。

 みなさん、やんなかった?

満開!

 明日の午後から雨が降るらしいし、明日は科博恐竜博見物の予定だしって事で、家の近くの荒川土手・千本桜で花見をしてきた。
(各写真はクリックすると拡大表示)
 良い天気で、花粉症にはかなり辛い環境だが、満開の桜堤という敵の懐に、あえて突入。
 目がかゆい。でも、つらい涙目で見ても、桜は綺麗だった。
 それに、家族の笑顔。これが見られるなら、花粉症も少しは我慢するぜ。
 ダイエーで弁当やつまみ飲み物を買い出しして河に出ると、たくさんの人。大盛況だね。
 ここには10種類くらいの桜が植わっているらしい。けど、ソメイヨシノとヤエザクラしか知らないなぁ。
 ちょっと話がそれるが、この季節、桜をみると、「天才バカボン」のエピソードを思い出す(ってのは、どこかで書いたような気がするけど、検索に出てこないので、ここで書く)。
 たしかハジメちゃんが生まれる時の話だったと思う。ママが出産のために入院している時、その病院で、ある重病患者が「窓から見えるあの桜の花が全て散った時には自分も死ぬんだ」とか言い出す。
 そこに通りかかったパパとバカボンは、「おもしろい、試してみよう」と、桜の樹を揺らして、全部散らしてしまう。
 重病患者は、一瞬唖然として気絶するが、すぐ起きる。
「ほら、ピンピンしているだろう。やっぱり桜の花びらと人の人生は関係なかったのだ」とパパが天然ボケ。
 重病患者は、これをきっかけに回復し、数日後、お礼をされる。
「これでいいのだ」とパパの決め台詞。

 いずれにしても、桜って日本人好みの樹だよね。