死神博士と地獄大使が復活

 死神博士と地獄大使が36年ぶり復活! – 大杉漣「よもや自分がやるとは…」(2009.05.21 マイコミジャーナル)

8月8日に公開される『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』で、伝説の悪役「死神博士」と「地獄大使」が復活する。この2人がスクリーン登場するのは1978年8月18日と25日に放送された『仮面ライダーV3』以来、36年ぶりとなる。

 死神博士といえば、ショッカー日本支部の二代目幹部だが、もしかしたら初代幹部のゾル大佐よりも知名度が高い、強烈な印象が未だに忘れられない名キャラ。
 ちょっと前の「仮面ライダー THE FIRST」でも復活してたが、あの死神博士は過去映像のCG合成に新規に別の人が声をあてていたもの。
 今回は、そういうアプローチではなく、石橋蓮司さんが演じるんだと。石橋さん、現在放送中のディケイドでも写真館主人という「おやっさん」的な役で出演してるけど、それとの関連性もあるのかな、ってのは深読みか?
 天本英世さんのイメージしかない死神博士で、これを演じるのはかなり大変だと思われる。しかし、比較は無意味だし、頑張って、新たな死神博士像を作って欲しいね。
 地獄大使役の大杉蓮さん共々、楽しみ。

 あ、そういえば、この映画のタイトル「オールライダー対大ショッカー」ってのもナイスだね。「VS.」じゃなく「対」ってのが、昭和チックで良い。

めぐりあい/モブログ

 仕事帰り、秋葉原のいつものゲーセンに寄る。今日はガンダムカードビルダーは昼休みにやったので、フリートレーディング箱だけのぞいて来ようと店内を進む。
 途中、激しいプレッシャーを感じ、その方向に振り返ると、無心にUFOキャッチャーに挑む漢がいた!
 で、るしさん発見!(笑)
 これからカードビルダーも扱っている中古トレーディングカード販売店に行くというので、着いていく。
 アンコモンなら割と安く売ってるんだね。
 るしさんはララァを物色してたが、3000円!さすがに手がでないなぁと保留してた。
 でもいい店を教えてもらったな。うむ、今度また来よう。
 っつーか、またるしさんに会いそうで、秋葉原も迂闊な場所に行けなくなったぞ(笑)

バンダイナムコ

 玩具メーカー・バンダイとゲームメーカー・ナムコの経営統合により誕生したバンダイナムコグループの持株会社「バンダイナムコホールディングス」の3月期決算報告、つまり統合後初の年度決算発表が先週行われた。

 株式会社バンダイナムコホールディングス2006年3月期決算説明要旨(pdfファイル)

 トイ・ホビー事業の稼ぎ頭は「機動戦士ガンダム」なのかぁ。しかも200億円以上でダントツ。すげーなぁ。
 ちなみに「仮面ライダー」の65億円ってのは、2004年度比-14億円、2003年度の半分程度らしい。響鬼関連のおもちゃはやっぱり売れなかったって事になるのかなぁ。ましてや、ファイズの半分とは、厳しいね。
 ぜひ今年度のカブトでは、おもちゃを売りまくって欲しい。平成ライダーの存亡がかかってるぞ!
 でも今年のカブトは変身グッズやライダー人形が子供に受けそうだし、番組は俺等お父さん世代が見ても面白いし(お父さんには響鬼も楽しめたが)、行けそうだよね。

ペプシのガンダム・ボトルキャップが懸賞品扱いされた件

 ペプシのガンダムおまけは懸賞品と注意 (2005.10.26 スポニチweb)

 ちょっと古いニュースだが。っつーか、俺にとってはどうでも良い事なのでスルーしてたが。前回のキャンペーンで、中身が選べるような袋だったのは、そのためなんだね。
 まぁ、例のハニワが、「景品」ではなく「懸賞品」扱いになると、当局から注意されたということだ。

 オマケの内容が分からないような袋に入っているので、全部集めるには運が作用するために「懸賞品」だって。
 で、「懸賞品」は「商品売り上げ総額の2%以下、かつ、商品価格の20倍以下」で作らないといけないらしい。

 俺ら一般的な考えだと「懸賞品」っていうと、抽選で何名様って感じだから、2%でも、高価な物が当たる可能性があるわけだ。
 ペプシの場合、全部にボトルキャップフィギュアをつけるから、これを懸賞品扱いされたら、きついわな。
 売り上げ総額の2%=ペプシ1本価格の2%になる訳でしょ。
 いくら労働賃金が安い中国に製作を発注した、へぼい塗装のハニワだろうと、ひとつ3円(ペプシ1本150円の2%)で作れるとは思えない。

 んでも、今後は、よりいっそう頑張らないと。
 中身が確認できるって事は、ハニワじゃ売れないってことに近似だぜ。

Tag(s) [ガンダム]

遅い、遅いよ!

 丸一日、Bフレッツ回線の不具合で接続できなかったのが、やっと繋がった。

 そろそろ深夜零時。この時間帯はネットワーク全体が重たい訳だが……。
 でもね、FC2の第二サーバだけは特に重たい!
 ただ表示に時間がかかるだけなら、まだいい。それこそ、大昔(笑)にアナログモデムでダイヤルアップ接続してた時代に比べれば超高速なんだしね。
 しかし、コメント投稿しても、実際に保存されず消えるし、管理者ページにもアクセス困難で、記事編集に支障をきたしている。
 最初は、第二サーバが特にひどいってのを、自嘲交じりにネタ記事にしてたりもしたが、正直いって、その当初から、少なからずイライラしてたんだよね。
 FC2全体としては、スタッフの熱意が伝わってくるが、この第二サーバだけ重たい現象については、あまりにも歯切れが悪いように思う。
 せっかくいただいたコメントが反映されないという苦情を、訪問者からもらっている。
 新規サーバ増設などのリソースを、もう少しだけ、第二サーバの改善にも向けてもらえないだろうか。これ、特別扱い視かなぁ。逆に、公平さの観点からいったら、現在の第二サーバは不利益を被っている部類だと思うのだが。

こいつが轟鬼か!?

 親父の三回忌だとか、MacOS X Tigerのインストール後の調整だとか、テレビを買い替えたとかで諸々忙しかったので、仮面ライダー響鬼14話を見るのが今日になってしまった。
 なんか前回と今回で色々新しいキャラが出てきた訳だが。
 13話のライダーは轟鬼だと思ってたが弾鬼っていうんだね(登場シーンでお得意の大きな漢字が表示されてたんだけど、先週はサラっと流し見しちゃったもんで)。こいつもかっちょいいけど、武器が響鬼と似てるので、謎な存在だね。
 で、14話では、ザンキさん登場。男惚れするような人だな! あと気になるのが13話にも登場している戸田山さん。OPテロップにも出ているので重要キャラだろう。これが轟鬼かな。トドロキさん(?)はザンキさんの弟子らしいし、登場シーンとしても納得だ。
 当初の予想どおり、益々面白くなってきた。

ねこぱんち!
→俺育て!虎ヘッド風味:第二部 :ザンキさん登場!