そいつは、逃がすな!

 先ほど、息子が「窓を開けていたら大きいクモが入ってきて、びっくりした」と騒いでいた。10センチ以上の大きさで、足が長かったらしい。
 そ、それはっ! うるめいちごさんの家にもお出ましになった、アシダカグモではないのか!?
 外に逃がしただと!? だめだ! アシダカ様は、丁重におもてなしせよ!

 アシダカグモは、ゴキブリやハエを補食する、人間にとっては益虫。昨夜、大きなハエが家の中を飛び回ってうるさかったが、もしかして、そのハエを追って侵入してきたのかな(笑)。
 いずれにしても、家の周りにもアシダカグモがいるってことだね。そういえば、夏になったのに、今年はゴキブリを見てないなぁ。
 アシダカ様、ありがとう!

ぼうず頭のガキ

「この道はもっと狭くて もちろん舗装なんかしてなかったんだ」

 公園から高台へと続く坂道で 目を細めて話すその姿が
 ぼうず頭で半ズボンのガキに見えて

 そいつはジャリ道を駆出して行った

 親父の子供の頃なんて 知っているはずもないのに
 なんだか身近に思えた

「この道はもっと狭くて もちろん舗装なんかしてなかったんだ」

 日向夢想/夢想人企画

あぶすとらくと1966

 初出 1991年5月 びといんねっと
 自家製本詩集「1966」(1993/06)収録

 参加 いつかなりたい小説家