ポップコーン

 ポップコーン。突然無性に食べたくなったので、買いに行った。
 本当はアメリカンポップコーン(フライパン状のパッケージにコーンの元が入っていて、そのままコンロの上で加熱して作るやつ)が欲しかったんだけど、最近見かけないね。消滅したんかな。

冬になるとカスタマイズしたくなる

 なんだか、今、無性にテンプレートを大改修したい!

 過去ログを確認してみたら、現在のテンプレートの「見た目」がほぼ完成したという記事が2005.12.06。それを元にHTML/CSSソースも整理して、現在のテンプレートにしたという記事が、2006.02.24。
 そしてたぶん、その間に、サーバ2の悪夢こと盟友・少佐さんの「少佐の2902熱光学迷彩・電脳アジト」向けテンプレート(スコタコ風)の仕上げもしたんじゃなかったっけかな。
 さらにその前年、2004年末にブログ人からFC2へ移転する際に、既存の3カラム共有テンプレートを大改修してシャア専用風2カラムに仕立てた。

 どうやら俺は、冬になると、テンプレートカスタマイズ熱が上がるらしい。
 今年の正月休みは、ガンプラではなくブログテンプレートをいじるかなぁ。

公的年金について、私論

「払った分が損になるか」って事については、今の公的年金の制度内では、論外ではないかと。
 多くの人が誤解してるようだが、公的年金は、「現在の年金受給者のための財源を、国民が賄おう」という感じかと、俺は認識している。
 自分がもらうための掛け金ではなく、年金受給者の世話を俺たちがしてのだと。
 だから(今後ますます高齢者社会にすすむので)、強制加入にしたんではないかな。
 そういう経緯の中、ましてや首相ともあろう人が、「わしは強制加入以前の時代に未加入だったので、問題はないよ〜ん」と受け取れる発言を堂々としたから、俺は「ばかじゃねーの」と思うわけ。
「俺は年金を貰うことをアテにしていないから、掛け金を払わない」という意見も、単純に否定できることではないです。
 でも、元々の助け合いの法則に則った趣旨からしたら、どうかな、とも思う。全ての物事が「おれはおれ」の精神に則ってしまったら、世の中どうなるのだろう。
 こういう国民の感情を収束してほしいよね。

首相も国民年金「未加入」

 あちこちで書かれているだろうけど……。

 小泉首相、なぜ素直に「ごめんなさい。反省して、よりよい年金法に改正すべく努力します」の一言が言えないのかねぇ。
 この人、正直者だよね。いや、天然ボケか、かなりの知恵者のどちらか。

 年金財源が切迫しているから強制加入にしたんじゃないのか? 学生でも対象にしたんじゃないのか?
 それなのに「かつては強制加入ではなかった。加入の必要がないので加入しなかった。ましてや学生時代。学生時代に加入のしくみなんか理解できますか?」だと? ふざけるな、だよ。
 百歩譲って学生当時の小泉首相がそう思っていたというのは、許そう。
 でも、今、上記のような見解を言うのは、バカだよ。
 強制加入制度を決めたのは、あんたら国会議員じゃないのか? 必要と思って制度改正したんじゃないのか?

 ひょっとして、江角マキコって、すごい功労者なんじゃないの?