見納めのガンダムミュージアム

 昨日、聖地・ガンダムミュージアム(松戸のバンダイミュージアム内)に行ってきた。

 毎年今ごろの時期に来ていたので、都合3回目の来訪だが、バンダイミュージアムは今月いっぱいで松戸での営業を閉鎖し、栃木へ移転(ガンダムミュージアムの展示物の一部は静岡のホビーセンターへ移設)するので、ここでは最後の見物だ。
「3年間のご愛願をありがとうございました」の懸垂幕が涙を誘う。
20060819-2.jpg
 バンダイミュージアムフロア入口付近の内装は、ショッカーのアジト内のような怪しげな装飾。これも最後の記念に撮影。
 あまり客がいなかった。が、ここのメイン展示であるガンダムミュージアム入口には行列が! 中も混んでいたよ。皆最後の見物に来ているのかね。

20060819-3.jpg
 相変わらず大迫力の実寸大ザクヘッド。たくさんの人が写真撮ってた。
20060819-4.jpg
 1/24スケールのザク工場ジオラマ。シャア大佐も視察に来られております。ジーク・ジオン!
20060819-5.jpg
 そしてミュージアム最奥に鎮座するご本尊。おなじみの白い悪魔(実寸大胸像)。アナハイムのメカニック員も今月限りの整備に余念がない(笑)。

 場内は混雑していて、ザクマシンガンも、コアファイターコクピットも、ガンダムリフトも、どれも120分待ちという人気ぶり。
 みんな移転を惜しんでいるご様子。

 このビルは元々はバンプレストの本社が入っていたんだけど、そのバンプレスト本社も墨田区へ移転してバンダイの完全子会社となったしなぁ。その辺りから、ミュージアムの閉鎖・移転も噂されていたわけだが。栃木も静岡も、江東区在住の我が家からは急に「明日あたり行くか」という距離じゃないしな。
 前身の「コントンタウン」時代から何度となく通ったバンダイミュージアムの移転は、本当に寂しい。
 老舗模型店「わらそう」も閉店してひさしい。
 松戸、寂しすぎるぜ……。

にゃんまげに飛びつこう

 先日、ブログサイトの改名案を募集していたすしバーさん。晴れて新しい名前が決まったご様子。リニューアルおめでとうございます。

 ところで、すしバーさんは、にゃんまげに飛びつきたいそうだ(笑)。
(ねこぱんちさせていただきますが、本題はタイトルの物です。すみません(笑))
 にゃんまげといえば、日光江戸村が有名。果たして北海道在住の氏は簡単ににゃんまげに飛びつくことができるのか?
 そもそも「にゃんまげって、まず何よ?」との事なので、久し振りににゃんまげを思い出した俺も、再確認して整理してから教えてあげようと、ぐぐってみた。
 いい加減な事を教えてしまったら、関東地方の人間として、にゃんまげとすしバーさんに失礼だからね。

 で。かなりの衝撃を受けてしまった。知らなかったの俺だけかなぁ。だったらかなりシボいなぁ。

 と、長い前振りでごめんなさい。
 んー。結論。北海道にも、居るらしいんだ。にゃんまげが。
 登別伊達時代村っていう所に、居るらしいんだ。にゃんまげが。
 登別どころか、全国4ヶ所に居るらしいんだ。にゃんまげが。

 日光江戸村、登別伊達時代村、伊勢戦国時代村、加賀百万石時代村の4ヶ所がそれ。

 さらに、わんまげ、ぱんまげ、さるまげの存在も(笑)。さるまげは、以前テレビで見たような気もするなぁ。

 北海道は広いので、すしバーさんが登別伊達時代村に行く労力がどのくらいかは、俺は知らない。無責任でごめんなさい。
 でも、栃木県に行くよりは楽だと思う。
 もっとも、にゃんまげに飛びつきたさの本気度にもよるけど(笑)。

 もしもマジでにゃんまげに飛びつきたくなった時、この記事がご参考になれば、幸いです。

 ねこぱんち!
 →>俺育て!虎ヘッド風味:熱闘ブログ編: タイトル変更しました

 関連サイト
 →ニャンまげ(公式)
 →江戸ワンダーランド(公式) 
 →電脳時代村/見てちょんまげ(ファンサイト)