今更ながら、Macの日本語IMについて思う

 現在のMacの標準日本語入力は、OS X Yosemite 以後「日本語IM」という色気のない名称になってしまった。
 全体的に見直されて別物になったからだそうだが、Apple純正なのだし、「とこえり」という名称を継承してくれればよかったのに。
 源氏物語の一文「「文を書けど、おほどかに言選りをし」を基にした、「言葉を選ぶ」という意味だそうで、風情があって大好きだったんだけれど(プロトタイプの時は「おにぎり」というコードネームだったという都市伝説もある(笑))。

 それはともかく。最近のOS XはiOSとの連携を強めていて、それはそれで否定はしないが、日本語入力用のユーザ辞書をも、クソ使いにくいiOSと同じになって久しい。
 それ以前から、俺は「かわせみ」や、時々「Google日本語入力」を使っていたのだが、変換効率とかなんとかより、ユーザ辞書がダメってのがどうにも嫌いで。

 さて。最近、Mac純正の日本語IMを使わざるをえない状況になって、試してみた。
 そしたら、ユーザ辞書は相変わらずだけれども、標準設定のままで、「連絡先(以下「アドレス帳」という)」の氏名欄を変換候補にあげてくれるようになってた。いつの間に!
 いや、iOSでは、アドレス帳の氏名を変換候補にあげてくれるのは知っていて、むしろそれをユーザ辞書的に使うのはiPhone初期の頃からの広く知られた技なのだが、なるほど、iOSとの連携を進めるOS Xの方でも、それが標準になっていたのか。
 ……と思った次第。

 iPhoneのアドレス帳にユーザ辞書目的で登録しているデータは百件前後だが、試しに、かわせみのユーザ辞書を全部変換登録してみっかな。あくまでもアドレス帳の氏名扱いなので、品詞の区別はなくなる(全部名詞になるのかね(笑))が、専門用語や固有名詞がタコ変換されるよりは遥かにマシだ。

iOS 6で全角スペースの入力も楽になった

 前記事の通り、iOS 6によって——Macの「ことえり」のユーザ辞書とiCloud同期できるようになり——iPhone 4Sのユーザ辞書の管理が楽になったわけだが、全角スペースの入力も多少は楽になった。

 iOSでバイスでは、相変わらず全角スペースがダイレクトに入力できないようだが、以前「連絡先」アプリをユーザ辞書風に使う技(iOSの日本語変換時、「連絡先」の姓名欄の内容が変換候補として現れる事を逆手に取った技)の時は、“ @”(全角スペースと全角のアットマーク)をよみ「す」などでMacの「アドレスブック」に登録し、iPhoneと同期していた(iPhoneでは他からのコピー&ペーストでも、頭に全角スペースが入る文字列を登録できない)。iPhoneでは「す」で変換した“ @”から“@”を削除して、全角スペースを入力していた。

 これが、iOS 6になって、“ ”(全角スペース)のみをユーザ辞書に登録する事が可能になった。

 まず、ことえりの単語登録で、「よみ」を“す”(ここでは、スペースの“す”。その他ご自由に)、「単語」に“ 
”(全角スペース)を入力。無品詞で登録。
120923_iosjisyo-01
 iCloud同期により、ほぼリアルタイムで、iPhoneの「ユーザ辞書」にも反映される。
120923_iosjisyo-02
「す」と入力すると、全角スペースが変換候補に登場(最初のうちは第一候補ではない場合もある)。
120923_iosjisyo-03
 そのまま確定すればオッケー。“@”を削除するという手間がなくなっただけでも、ちょっと楽になったよ。

iOS 6の「ユーザ辞書」と「明るさの自動調節」について

 今日は、iPhone 5の発売日。先週14日の予約開始日、20時頃に、ソフトバンクオンラインショップで予約したのだが、俺のはまだ入荷連絡メールが来ない。(´・ω・`)。
 とても待ち遠しい日々だが、昨日一足早くiOS 6 がリリースされたので、早速iPhone 4Sをアップデートした。
 200以上の新機能が搭載されているそうだが、目立つ機能はあちこちでうまいレビューがされているだろうから、ここでは——ちょっと地味だけど——個人的に気になった件2つについて備忘メモをとっておく。

 iOS 6デバイスとMac(OS X Mountain Lion)の「ことえり」で、ユーザ辞書の同期が可能になった。

 各デバイス、MacのiCloud設定で、「書類とデータ」の同期をオンにすれば、以後、単語登録されたものは、iCloud経由で同期されるようになる。
 ただ、今の所、「ことえり単語登録」で個別にひとつずつ登録した単語のみで、ことえりで「テキストや辞書から取り込む…」で一括読み込みした単語は同期されない感じ(時間が経つと反映されるのだろうか?)。
 ことえりで複数のユーザ辞書を使っている場合は「ユーザ辞書」というメインのユーザ辞書に全てを統合してから、iOSデバイスをiOS 6 にアップデートすると、全部の単語が同期されるかもしれない。俺は複数ユーザ辞書のままでアップデートしてしまったので、上記事象が起こったが。今更、こんな記事を書いても、役に立たないね(笑)。
 つか、egbridgeから後継の「かわせみ」をずっと愛用していたので、そもそもことえりはしばらく使っていなかった(笑)。ことえりも、軽快だし、かなり賢くなっているんだね。
 ともかく、これで、登録が面倒だったiOSの「ユーザ辞書」が「連絡先」をユーザ辞書風に使うという技ともばいなら。

 もう1件。
 iOS 6で「明るさの自動調節」の挙動が変わった。
 なんだか異様に明るくなったり暗くなったりするけど、色々試してみた結果、どうやら下記の設定方法で正しく動作するようだ。

・「明るさの自動調節」をオフ。
・ スライダーを“現在いる場所、部屋”で最適(好み)に見える明るさにする。
・「明るさの自動調節」をオン。
・ iPhoneを一旦スリープして、またつける。

 これで、設定した場所での明るさを基準に(そこより暗い場所なら暗く、明るい場所なら明るく)、自動調節が働く。
 それと、明るさの変化に合わせて、スライダーがリアルタイムに動くようになったね。見ていると面白い。
 しかし、晴天下では目一杯近くまで明るくなってしまい、バッテリの持ちが心配。

 これら2件って、事前に公表されていたっけ? まぁいいけど。
 こんなところかな。