iPhone OS 3.0 コピペは便利

 待望の iPhone OS 3.0 がリリース。iTunes経由で無料アップデートした。
 大きなメジャーアップデートであるが、その中で一番望んでいたのが、テキストのカット・コピー・ペースト、いわゆる「コピペ」。不思議な事に、今までiPhoneではコピペができなかった。
 しかし、待たされただけあって、アップルらしい素敵なUIで搭載された。
iPhone OS 3.0 のコピペ
 文字列をダブルタップすると、その単語か文が選択され、「Cut/Copy/Paste」という吹き出しが表示される。日本語文章の場合、どのくらいの範囲が選択されるか解らん。単語の時もあるし1文字の時もある。でも、あまり広範囲ではない。
iPhone OS 3.0 のコピペ
 自動で選択された範囲を修正したい時(たいていは修正したくなるが(笑))は、選択範囲の端にある青い丸をドラッグすれば範囲の縮小・伸長が可能。マルチタッチスクリーンでの操作を生かした、いい感じ。ここらへんが、アップルらしいエレガントさだ。
iPhone OS 3.0 のコピペ
 Safariの場合は、ダブルタップではなく、タップして少しホールドするとコピーモードに。ダブルタップだと、Safariでは部分拡大だからだね。
iPhone OS 3.0 のコピペ

 他に、日本語変換中に、未返還状態で途中の文字を修正したり、変換する文節を伸長できるようになった。
 コピペと文節変換の改善。他のケータイやスマートフォンでは当たり前の機能なんだけどね(笑)、これでやっと普通に日本語入力・編集ができるようになって「iPhoneが負けている部分」が減った。

これもスランプというのか?

 一週間ぶりに、管理画面に直接入力〜即公開をしてみる(笑)。

 最近、巡回ブログの多くで、更新に対するモチベーションが下がったとか、ブログは誰の物とか、記事を書くネタがどうのとか、まぁ、そんな、自己分析風のことを目にする。

 俺も、ブログを始めて、そろそろ1年になる。
 ここらで省みるか……なんてのは、俺に似合わないね。

 それと関連あるかどうかわからんけど、ここ数日は、以前のように、脳と指が直結しているような、思った事を勢いで書いて即、記事として上げるという事をしなくなった。
 意識的にやっているわけではなく、ちょっと諸々忙しいので、メモ書き程度に留めてしまい(ネタはたくさんあるので、忘れないように、CLIEかパソコンのテキストエディタに入力はしておく)、さすがに、それをそのまま公開はできないなという状態。
 で、エディタで書き進めたり、オンラインの管理画面に直接入力しても、一旦下書き保存して、数時間から半日は放置する。再編集の時に醒めていたら、捨てる。

 こういうやりかたを常用していたブロガーも多いとは思うけど、俺は、日記としての意味合いが多い(日記を書くツールとして、またまたブログがしっくりしただけで、それ以上は深く考えていない)ので、ちょっと、今の「校正する」という状態は、自己嫌悪に近い苛立たしさがある。
 でも、即刻公開にすると、とんでもない文章になってしまうようで、怖い。
 ブログを日記として使っているとはいっても、当然、公表できない事も多い。そんなネタは、従来通り、CLIEに「本物の日記」として記述している。そっちも、なんか文章が乱れているんだよね。紙の日記帳だったら、きっと、翌日読み返した時に、破いてしまいそうなくらい、変な文章。えっと、文章というか、文法がめちゃめちゃなんだ。

 それでも、やっぱり、文章を綴るのは好き。
 俺は、文系の技術屋だからね(笑)。

ねこぱんち!
→むつみのT’sな日記:ちょうど3週間ぶりの更新です

ブログのアクティブユーザー数だって

 深月さんが「とりあえずニヤリとしてみたり」していた、BlogFan.ORG(ブログファン)ブログサービス比較を見てみる。
 まぁ、ブログの活発度の目安となるアクティブユーザー数の比較サイトなんだけど、なんか予想を上回る数値で、興味深い。

続きを読む