とある老婦人

 悩める老婦人からのメッセージが届いていたらしいが、迷惑メールフォルダに埋もれていた。ごめんなさい。

From: ********@yahoo.co.jp
Subject: 話し相手で結構でございます
Date: 2005年 9月 03日 22:05:57 JST
To: ********@********.********.ne.jp

花子ともうします。
主人に先立たれた寂しさをいやすため、お正月にパソコンを購入し、
見様見まねで勉強し、やっとインターネットを始められるに至りました。
この掲示板を約半年拝見させていただきましたところ、
皆様、大変な紳士ぶりであり、勇気を出して投書いたしてみました。
わたしくも正直に想いを投書します。
わたくし、63歳、正真正銘のおばばでございますが、お友達になって
いただける方を探しております。
もちろん、ただお茶を飲み、おばばの話し相手になっていただけるだけで
満足でございます。
無粋な言い方ですが、お茶代は、わたくしが全て負担いたします。
主人が事業で残してくれたお金は、使いきれないほどあります。
俺俺詐欺の電話も掛かってきて、それには騙されないのですが、うんざりの
毎日です。撃退方法などもお教えいただけると嬉しく存じます。

 迷惑メール受信経験上の最高齢だ。読んだ時に、飲んでいた焼酎を噴いてしまったよ。いや、まじに。なんか、掲示板への投稿のつもりが、間違えて、俺への直メールを送ってしまったらしい。
 危険だとも知らずにこんな事「投書」してしまう花子ばあちゃん。いい人に違いない。

千と千尋の神隠し

 今夜、日テレで「千と千尋の神隠し」を放送してて、うちの子供たちも見ているわけだが。それはさておき。
 さっき、子供たちの部屋(俺のガンプラやVHSテープの置場にもなっている)に行ったら、湯屋の玄関でまっくろくろすけが出てくるシーン。娘とささやかなコミュニケーションを図ろうと(笑)、
「お。くもじいだ」
 といったら、娘が、けげんそうに一言。
「違う……」
「え? 菅原文太さんが声やってるの、くもじいだろ」
「確かに、足がたくさんあってクモみたいだけど、名前、違うよ」
 えー!? 俺、素で「くもじい」だと思ってたぞ。3年くらいずっと。


“千と千尋の神隠し (通常版)” (宮崎駿)

 
ねこぱんち!
今年の1/366:忘年会(追加2004.12.13)

弱冠、而立、不惑

 何のことかわかるだろうか。
「弱冠」は、多くの人が知っていると思う。「彼は弱冠23歳で起業して大成功した」とか「ベテランを振り切り、弱冠16歳で初優勝」などとよく言うからね。

 実は上記例文は間違い。俺は、昔からこの類の言い方が大嫌いだった。報道バラエティのキャスターも平然と使っていて、不愉快だった(笑)。
 リンクをたどった先で拝見したくもさんのプロフィールを読んで、改めて思ったことなんだけど。
(ちなみに、くもさんの文章。しっかりしていて好きです)

 タイトルにある「弱冠、而立、不惑」は、それぞれ「20歳、30歳、40歳」ずばりを現す異名。
 だから、正しくは「成人式を終えたばかりの弱冠にもかかわらず〜」とかいうべき。

 ましてや、「弱冠20歳の○○さん、手先が器用で、すでに3人のお弟子さんが……」と言っていた某テレビ番組のレポーター。
 これは「歓喜して大喜び」とか「前向きに善処する」と言っているのと同じだぞ。

 俺も、あと1年半で不惑なり。

 関連サイト
 ちょっぴりいい漢字:年齢の異名・寿齢

ねこぱんち!
TOKA: ニホンゴ、ムズカシイネ(追加040912)