“鴻池の猫”兄、誕生日おめでとう

 今回の記事は、私信に近くなりますが、ご容赦ください。

 最近、このブログにも時々書くが、例の「“鴻池の猫”兄」が、今日誕生日を迎えたとのこと。
 名実共に兄のように慕うというとおり、もちろん俺より年上で、誕生日といっても、悲喜こもごもかもしれない(というのは、あくまでも俺の想像だけど)。
 でもなぁ、「天命を知る」お歳になられたとは、これまたしつこく繰り返しになるけど、悲喜こもごもだろう。
 まぁ、そういう事はご本人が思うことだし、俺には——「関係ない」とは言いたくはないが——伺い知れぬ事だ。

 ネット関係でいう交友関係と転機といえば、今まで大きくいえば三つある。二十数年前に、草の根ネットを主宰していた時。2004年にブログを始めた時。そのどちらも、俺が主催者とか最年長とかだった。
 そして、もうひとつ。四年前くらいにツイッターを始めた時。

 ネット上では前述のとおりだし(それを苦に思ったことはなく、むしろ楽しんでいたのは言うまでもない事)、実縁では弟がいて、俺は長男。
 って、俺の事はどうでもいいのだが(笑)、

 兄貴とは、ひょんなきっかけ(笑)でツイッターで知り合って丁度三年くらい。その翌年正月に実際にお会いしてからでもすでに丸二年以上たつ。初対面の時から「兄貴みたいだな」と思っていた。
 それから今までの間に、色々な事を教わった。俺は馬鹿なのであまり吸収できていないけれど、俺なりに、兄貴の気持ちというか「理系文系の枠を超えて」……じゃないな、「理系文系の枠を融合させてなんか面白く生きて行こうぜ」ってな思いを感じ取っている。これが、兄貴のいう「芸術」「文化」の中に収まる思考/指向であるなら、嬉しいんだけど。

 まぁ、うだうだ書いたが、やっぱり、これしかないな。

「“鴻池の猫”兄、誕生日おめでとう。近いうちに、鰹節でももって、また行くね」

捕物

 夕食後の家族団欒で、どういうきっかけだったかは忘れたが暴漢の話題になった。娘の職場で、暴れる輩が現れ、社内放送で男性社員の招集がかかった事があるとかっていう話。

「いかにもそれっぽいひとが暴れてて、男性社員が集まって押さえたんだよ」と、娘。
 暴漢は怖いよね。
 それに応えた嫁さん。
「怖いねぇ、あの取り押さえる武器使ったの? あのサルマタ!」
 おい! サルマタじゃぁ、たぶん通用しねぇ!

 ちなみに、俺はすぐそばで、今日の資格学校講義の復習をちょっとやっていたのだが、思わず吹いて身に入らなかったよ(笑)。

 脅《おびや》かす(笑)相手を取り押さえるには、サルマタじゃぁ威力ねぇよ!
 ちなみに、正解は「刺股《さすまた》」ね。→ウィキペディア

喫煙は膠着状態に入り8週余りが過ぎた

 年明けに風邪をひいて咽が辛いためにほとんどタバコを吸えなかった。
 1月7日の新年オフ会の前後が最悪で、オフ会の日は1〜2本吸っただけじゃないかな。
 まぁ、それをきっかけに、禁煙は無理だけど本数を減らそうと考えたわけだ。
 特に無理することもなく禁断症状もなく、午前中に1本、午後に1本。飲み会があると増えるけど、それでも飲んでいる席上で1時間に1本弱。ってことで平日は1日5本くらい。休日はゼロ。

 そんな状態が1カ月近くたった2月11日。東京定例オフ会。この日はわざと喫煙解禁してみた。飲み会ってことで、大量に吸ってしまうかもしれないけど、元々「禁煙」するつもりはないので、本数が復活するなら、それでもかまわないという気で。
 んでも意外に吸いたいと思わなかったなぁ。10本くらいしか吸わなかった。

 そして、翌日の2月12日から今日までは、まったく吸っていない。
 休煙状態が続いている。
 もうしばらく続けてみようと思う。

Tag(s) [嗜好品][タバコ][禁煙]

省エネと節エネを混同してないか

 一週間の泊まり込みで、環境問題に関する研修に参加してきた。

 勉強になったことは書いてもしょうがないので、あえて、不満点だけ書いておく。私的メモだが。

 で、端折って書くが、ある講師にはかなりむかついた。

「二酸化炭素排出量を減らすためには、使うエネルギーを減らそう」ってのは、十二分に理解できる。っつーか、それ以外の表現はないわけだし。
「軽装になって、冷房設定温度を上げる」ってやつ。もちろん反対はしないし、政策(?)としてのいわゆるクールビズも、納得できる。
 でもね、「啓蒙により、多くの方が実施して、効果が得られた。こういう手法も大切」って、講師がいうことか?
 建築関係の技術者を招集したんだろうが。クールビズは、「省エネ」じゃなく「節エネ」だよ。施設の計画・設計段階で考慮する物じゃなく、運用時の事で、しかも、機器に依存する手法じゃないだろ。

 環境に配慮するために機能を制限した商品を開発しても、そんな「我慢して使うもの」は、売れないと思う。
 ある程度満足する機能を持った上でエネルギー消費量を低減した商品の開発をするべきで、それを使う人たちが、さらに使用方法を工夫して「節エネ」にあたる、というのが妥当じゃないか。

 まぁ、講義内容としては中途半端ではあったけども、環境問題についての自己意識を高めるのきっかけにはなったかな。

満開!

 明日の午後から雨が降るらしいし、明日は科博恐竜博見物の予定だしって事で、家の近くの荒川土手・千本桜で花見をしてきた。
(各写真はクリックすると拡大表示)
 良い天気で、花粉症にはかなり辛い環境だが、満開の桜堤という敵の懐に、あえて突入。
 目がかゆい。でも、つらい涙目で見ても、桜は綺麗だった。
 それに、家族の笑顔。これが見られるなら、花粉症も少しは我慢するぜ。
 ダイエーで弁当やつまみ飲み物を買い出しして河に出ると、たくさんの人。大盛況だね。
 ここには10種類くらいの桜が植わっているらしい。けど、ソメイヨシノとヤエザクラしか知らないなぁ。
 ちょっと話がそれるが、この季節、桜をみると、「天才バカボン」のエピソードを思い出す(ってのは、どこかで書いたような気がするけど、検索に出てこないので、ここで書く)。
 たしかハジメちゃんが生まれる時の話だったと思う。ママが出産のために入院している時、その病院で、ある重病患者が「窓から見えるあの桜の花が全て散った時には自分も死ぬんだ」とか言い出す。
 そこに通りかかったパパとバカボンは、「おもしろい、試してみよう」と、桜の樹を揺らして、全部散らしてしまう。
 重病患者は、一瞬唖然として気絶するが、すぐ起きる。
「ほら、ピンピンしているだろう。やっぱり桜の花びらと人の人生は関係なかったのだ」とパパが天然ボケ。
 重病患者は、これをきっかけに回復し、数日後、お礼をされる。
「これでいいのだ」とパパの決め台詞。

 いずれにしても、桜って日本人好みの樹だよね。

坂本龍馬の誕生日

 日が明けて、今日11月15日は、坂本龍馬の誕生日。そして、命日。
 龍馬は1835年生まれ、なので169歳だね。
 薩長連合締結と大政奉還の成功の後、盟友・中岡慎太郎と、好物の「軍鶏鍋」でささやかな祝杯をあげている時に暗殺された。1867年の誕生日の夜。

 西に向かって、合掌。

 俺もご多分にもれず、中学生の時に、司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」を読んで、その作品中の竜馬の格好良さにすっかり惚れ込んでしまったひとり。それをきっかけに、幕末好きになったんだけど、司馬遼太郎の描いた「竜馬」と、実際の「龍馬」はだいぶ違っていた。まぁ、当たり前だけど。
 それでも、「龍馬」も「竜馬」も好き。
 ……ってな事を、毎年書いているけど、まぁ、ブログには初めてってことで、ご勘弁。
「竜馬がゆく」、久し振りにまた読もうかな。

竜馬がゆく (1)
竜馬がゆく (1)

posted with amazlet at 04.11.15
司馬 遼太郎
文芸春秋 (1998/09)
売り上げランキング: 480
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.88

5 幕末入門書
5 最良の幕末入門書
5

母の名言?

 幼い頃に、お母様から色々な迷信(?)を叩き込まれたという、ろぷさんの記事を読んで思い出した事がある。

 かなり前だが、朝日新聞の連載コラムで「中島らもの明るい悩み相談室」(タイトルは違っているかもしれない)ってのがあった。覚えている範囲で再現すると、

 相談者「娘が小さい時に「トイレに入ったらトイレットペーパーで鶴を折るんですよ。旨く折れれば、その日は良好に暮らせる」と教えました。いつウソだと気付くか楽しみです。こんな私は悪い親でしょうか」
 中島氏「トイレ内で行うという、あまり公言できない設定にしたのが巧みです。壮大な計画ですね。友達との会話で「最近上手に鶴が折れないの。悪いことの前兆かな」「え?何それ?」というようなやりとりがきっかけでウソだとバレるのでしょうか。いずれにしても確かに楽しみです」

 というような内容だった。
 母親って、大なり小なりの差はあるにせよ、こういう遊びをするものなのだろうか(笑)。
 ちなみに、俺の母親は、ろぷさんのお母様とは違う意味で鬼だった。言う迷信はありきたりの物ばかりだったけど、叱られる時の比喩が、凄まじかった。
「悪いことばかりしてるとケツメドから手を突っ込んで、ゾウモツとガワをひっくり返すぞ!」
 本当にやりかねない勢いだった(笑)。
 母親には逆らえなかったなぁ。

 TB
 もげきゃっち:幼き日の迷信

掲示板追加

追加というか、既存の掲示板へリンクしただけだが。
というのも、「ブログへのコメントは、ちょっと敷居が高い」との意見を、
知人からいただいたからだ。
知った仲でも、ひとつの記事に対するコメントだと、書きづらいそうだ。
確かに、ある記事に「お久しぶり。お元気ですか?」なんてコメントをつけるのは、躊躇われる。

以上が、直接的なきっかけ。

今はブログに熱中しているが、日記が書きやすいからという理由だけなのだ。
だから、既存のWebサイトとの共存、できれば融合も、アリだと考えている。

2003/04/29

ヤフオク出品の発送に、Yahoo!ゆうパックを初めて利用。ひじょうに快適。事前に自宅でネットにアクセスして、クレジットカード決裁で申込み。その後、ファミリーマートへ品物を預ける。当然24時間受け付け(ただし、郵便局の集配は各店1回/日)。荷の重さと寸法を把握して自己申告(誤差は後日精算)というのが少し面倒くさいと思ったが、平気。

ケータイの充電池性能補助シールを試して3日目。効果が現れてきた。
最近の使い方で、いきなり2倍持つようになったよ。これが永遠に続くとは思わないけど、凄い。600円のシールで、この効果は凄過ぎる。

池袋サンシャインシティで開催中の「ガシャポン&ガチャフェスティバル2003」に行く。900台のガチャが並び、壮観。こんなに並んでいると、ワクワクするよ。
3000円も使ってしまった(笑)。家族4人で7000円くらいか(笑)。
そして、午後は、飛鳥山公園へ。久しぶりに都電に乗った。

夜、結婚紹介所から宣伝の電話が掛かってきた。最初娘が出て、相手が個人名だというので、取り次いできた。
「失礼します。(中略) 現在、お付き合いされている方はおありですか」
「は? どういった意味で、ですか?」
「***様(俺の名字)と同年代以上の方々の社交のきっかけとなる出逢いを提供……」
「どこからの情報で掛けてきたのですか?」
「住民台帳から、無作為に選んでDMを発送しているのですが、もしも対象でなければ失礼になるかと思いまして。事前にお電話を」
「結婚してるし、最初電話口に出たの、娘です」
それで、電話はきれた。
住民台帳から無作為に選んでかけているので、既婚未婚はわからないという。それはともかく、住民台帳がこういう使われ方をされる事に腹が立つ(予想はしていたが)。

トップページの写真差し替え。「飛鳥山公園内の遊歩道」